2003年09月28日

書こう書こうと思ってたんだけど、MCバトルについて。
気付いたらもう一ヶ月以上たってんじゃン。ってことで。
(ココにかなり詳しく書いてありますが・・・)、俺なりに書いておこうと思います(覚えてるとこだけ)。

予選。仕事でいけませんでした・・・。
決勝トーナメント。

【一回戦】(記憶に残ってるのはUSKvsKSK、KENSHINvsフォークマスター、般若vs22)
●USKvsKSK・・・USKの勝ち(俺はどうみてもKSKだと思ったけど)
 USK
  スタイル的にはクレバっぽい感じ。ケツで踏んで、落として、みたいな。
  スキルは昔B-BOYパークでみたときのクレバの半分ってところか?
  言葉選びもすぐ思いつきそうなのばっかりだったし。
  俺的には全然面白くなかったけど、客うけはよかったみたい。
  「俺は無名だ」みたいなこと言ってたけど、7年くらい前、雑誌持っていくと
  無料みたいなイベントで見たことあるよ。
  高校生のイケメン雑誌みたいのによくでてたやつだ。
 KSK
  文句なしにかっこよかった。独特の空気持ってて、他の出演者とくらべて
  明らかに異彩放ってたと思う。もっと聴きたかった。
  「確かに俺はハードコアラッパーではない」っていう言葉がでてきた時に、
  隣で見ていた少年が「はぁ?」とか言ってたのが印象的だった。
  表面的でわかりやすいのがB-BOYパークで勝つためのキーなのでしょうか・・?
●KENSHINvsフォークマスター・・・フォークマスターの勝ち
 KENSHIN
  3年前くらいから全然進歩がないような気がする。
  クレバが毎年優勝してた頃、毎年いろんな「技」みたいの
  持ち出してその辺はさすがだなって思ってたけど、KENSHINがトップに
  なれないのはそこらへんにあるんじゃないかと。
 フォークマスター
  タイトなライミングにこだわって、言葉選びも面白かったし、圧倒的だった。
  ここまで貫き通してくれると気持ちいい。完成度も昔より上がってると思う。
  なんどでも 踏んで なんぼでしょう。えぇ。
●般若vs22・・・般若の勝ち
 般若
  ここまで一方的なのは気持ちよかった。ビジュアル的にもみせてくれた。
  今年は般若か?って思ったんだけどね。。

【ニ回戦】
●KANvsPRIMAL・・・KANの勝ち(どうしようもない試合だったけど)
  同じMS同士ってことでお互いまったく気合入ってなくて、
  お客は金払ってみにきてるわけで、クルー同士で戦う可能性があるってことは
  最初からわかってるわけだから、、と。
●エローンざ尋vsUSK・・・USKの勝ち
  エローンはちょいちょい面白かったと思う。でもまたUSKがわかりやすい・・・以下略
●般若vsフォークマスター・・・フォークの勝ち
  この結果で大揉めになったけど、どうみてもフォークの勝ちだった。
  般若つまんなかったし。TOP OF THE HEAD。その場に懸けて欲しいですな。
  ※この後判定をめぐって妄走族とアイスバーンの小競合いみたいのがあって
   小休止の休憩後準決勝のKANvsUSKやったんだけど、審査が席にいなかったりで、
   審査が平等じゃないとかで何回もKANとUSKの試合がありました。。

【準決勝】
●KANvsUSK・・・USKの勝ち(何回やったんだ?この戦い毎回同じような展開だったけど)
 KAN
  いい加減、ハッパネタと女ネタと、もう毎回毎回飽きたよ。
  ただ、USKに、「お前みたいなさわやかな奴はNHKとか出た方がいいんじゃねぇの?」
  みたいなのは俺個人的にツボだった。
 USK
  他の試合と同様
●外人21瞑想vsフォークマスター・・・外人21瞑想の勝ち(この大会でのベストバトル)
 フォーク
  固かったし、面白かった。
  ただ、最後の方に「マケレレ・・・」ってのがあったけど、あの後なんて言うつもり
  だったんだろう。。”バティステュータ/マジ夢中さ”級のライムが飛び出してくる
  んじゃないかと思ってドキドキしてたけど、時間切れ。
 外人21瞑想
  インパクトある外見、緩急自在のフロー、ライミング、言葉選び、、、etc
  やっぱ群を抜いてすごかったんじゃないかな。DISも的ついてて内容あったしね。

【三位決定戦】
●KANvsフォーク・・・フォークの勝ち
 KAN
  この日何回フリースタイルやった?ってくらい。毎回毎回似たような感じで。
  たまに面白いこといってたけど、もうちょっと違うのも聴いてみたいところ。
 フォーク
  最初から最後まで韻にこだわった。完成度も高かった。これからどうもってくのか
  とても楽しみな所だろう。さらに精進してほしいと思います。

【決勝】
●USKvs外人21瞑想・・・外人の勝ち(やる前からわかってたけどね。。)
  文句なしで外人の勝ち。ってかUSKがここまであがってくること自体どうなのよ?
  ってみんな思ったはず。審査員も、もうちょっと、、ねぇ。
  ROCK TEEとか何聴いてたんだ?。

『総括』
 よくよく考えると、あんま面白くなかったかも。。
 ってか約5,6時間立ちっぱなしって、この年になると結構疲れるよね。。
 バトルに関してはQ-ILLの口スクラッチとか、どうしようもないシモネタとか、
 苦し紛れの局面での、審査員が/リンダリンダ、みたいなのとか、
 そういうなんていうか、勢いみたいなものがなくなってきてるんじゃないかと。。
 やっぱクレバvs般若。みてみたいねぇ。
 俺的には蝶野の審査員がみてみたいなかな、笑

ちなみに、DJバトルはジャグリングとかするやついなくて、
ただのスクラッチコンテストみたいな感じでした。
別にバトルである必要はないんじゃないかと思いました。FXXK YOUとかやってたやついたけどね、、。
ってかどう考えても両サイドのモニタに真上から撮影したDJのプレイが
映らないのはおかしいでしょ?DABOとかでてるDEF JAMのクソゲーの宣伝なんて
どうでもいいからちゃんとモニターとして使えよ、と。

最終日の代々木公園は、ZINGIとかGANGXTA DXとかでてくんだったら、
“FAKE GANG ON SALE”やって欲しかった。。

ってかはじまんの早すぎだし。いろいろ見逃したっぽい。
AIとかHIGH-Dとかどうでもよかったし。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中