察知力


察知力 (幻冬舎新書 な 4-1)を読みました。

プロフェッショナルっていうのは、こういうことなんだなって思いました。
決して満足することなく。向上心の塊。
フィジカルもメンタルも、常に自分自身を追い込んでいる。
全部サッカーのため。

どこか、線が細いような感じで、やわらかいボールタッチから繰り出される
非凡なセンスを感じさせる彼のプレーからは、
あまり感じることができない言葉の数々。

でも、そこまでやらなきゃ、上がってけないんだよなって。

なんとなくセンスにまかせて、試合に出れなきゃふてくされて、
努力を怠ってしまったら、そこでおしまい。
別にサッカーだけに限った話じゃない。

2時間くらいでブワーと読めてしまう本ですが、
読み終わった後は、熱いモノがこみ上げてきました。

僕は、一生サッカーを追いかけていく。
これは間違いない。

最後は、この言葉で締めくくられてるんだけど。ちょー納得。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする