[Algolia Blog翻訳] Site Crawling & Federated Search: コンテンツを検索可能にする方法

このブログはAlgoliaのCrawlerチームのエンジニアである Samuel Bodin が書いた [Site Crawling & Federated Search: How to make content discoverable](https://blog.algolia.com/make-disorganized-content-discoverable/) を日本語に翻訳したものです。


今日、インターフェースやデバイスによらず、オンライン体験に関するユーザーの期待値は高まっている傾向にあります。あまり整理がされておらず、適合性の高いコンテンツを探し当てるのが難しいようなサイトでは、ユーザーの期待に沿うことができず、ユーザーのエンゲージメントやニーズを満たすための多くのビジネス機会を失ってしまいます。

B2CであれB2Bであれ(業種業態を問わず)、最適化された検索バーを備えた整理されたサイトであれば、ユーザーはサイト内のどこからでも一つのキーストロークから情報検索が可能になります。

この記事では、Site crawlingとFederated searchによって、サイトがより整理され、コンテンツがより発見しやすくない方法をご紹介いたします。

なぜdiscoverability(discover + ability)がどんなサイトでも検索体験の鍵を握るのか?

どんな業種・業態によらず、ユーザーに適合性があり、且つ、価値のある結果を返すには、検索エンジンがシステム的にあなたのコンテンツにアクセス可能である必要があります。検索が失敗する原因として挙げられるのが、コンテンツや製品が存在しないということではなく、[検索の最適化](https://blog.algolia.com/learn-about-site-search-best-practices/)が適切に行われていないということです。

  • B2C企業 であれば、プロダクト、プロダクトのガイド、ムービー、記事といった様々なところに散らばってしまっているコンテンツを一度に発見できることはメリットに繋がると思います。それはなぜでしょうか?サイトを訪問する人の中で最大で43%がすぐに検索バーにカーソルを合わせているからです。コンテンツが発見可能であることは便利な検索体験に繋がり、以下のような様々なメリットをあなたのビジネスにもたらします。
    • コンバージョン、ユーザーエンゲージメント、そして、その他のメトリクスをドライブします。ユーザーが適合度の髙い検索結果によってサイトへのエンゲージメントを促進し、商品の購入, ビデオの視聴, 記事の閲覧などを行う可能性が高くなります。
    • バウンスレートを低下させます。KISSmetricsの調査では、12%のウェブサイトの訪問者は満足のいく検索結果が得られなかった場合、競合他社のサイトに移動してしまう傾向があると述べています。ユーザーは必要なものを見つけることができれば、他のサイトに言って再び探す必要はありません。
kissmetrics 12%

B2B企業におけるチャレンジとしては、様々な場所に散らばってしまっているドキュメントやリソースをユーザーが簡単に探し当てることができるようにする、ということです。あなたのビジネスドメインに存在するコンテンツをオーガナイズすることで、ユーザー体験の向上およびユーザーの検索をエンパワーメントします。そして、それは問題のトラブルシューティングだったりお客様ご自身の質問を手助けするものになるでしょう。これによって、チームが対応しなければならないサービスチケットの量を減らすことが出来、その結果、より専門的なナレッジが必要なリクエストのために時間を使うことが出来るようになります。

Site crawling と Federated searchで検索体験を向上させよう

全てのユーザーはオーガナイズされたサイトから恩恵を受けることができます。この需要を満たすための方法として以下の2つが挙げられます:

  1. コンテンツをsite crawlerを使ってあなたの管理下へ
  2. federated searchを用いて包括的な検索結果を提供

検索機能は適合性の低いコンテンツやプロダクトを取り除いて、探しているものに辿り着くための強力なツールです。検索がなければ、ユーザーはどこから始めたら良いのか知ることは困難でしょう。site crawlingとfederated searchの両方が、ユーザーにとっての現在そして将来における発見体験の推進力となります。

site crawlerであなたのサイトを構造化しよう

サイトのクローリングはパワフルなバックエンドツールで、それによってコンテンツはよりオーガナイズされ、ユーザーによる検索可能性が向上します。site crawlerはサイトのコンテンツを抽出および構造化することで、オブジェクトやレコードを検索可能にします。

site crawlerを導入する流れは以下のようなものになります:

  1. エントリーポイントの決定
  2. クローラーによるデータの収集とフォーマット
  3. 検索プロバイダへのデータの送信
  4. 検索UIの構築

Site crawlerがあなたのデータを構造化してしまえば、検索を含む様々なアプリケーションにその結果を用いることができるでしょう。ただし、通常そのデータを抽出するステップにはある程度のコーディングがスキルが求められることに注意してください。完全にcode-freeなプロセスではありませんが、開発者は究極のフレキシビリティの恩恵を受けることが可能です。開発者がクロールにおいて最大限のフレキシビリティをもたらすようなsite crawlingツールを探すべきでしょう。

site crawlerを使う利点

site crawlerは以下のようなユニークな利点を提供します:

  • どのようなWebページも構造化されたコンテンツにする
  • コンテンツのリポジトリからデータを抽出してビルドするパイプラインの構築を不要にする
  • クロールして抽出したコンテンツにビジネスデータをかけ合わせることで価値を高める
  • クロールをするのにソースコードを編集する必要がない
  • (Algoliaのクローラーにおいては)JavaScriptが動くウェブサイトならどんなものでもインデクシングできる

上記に加えて、選択するクローラーによっては競争優位性と利点を享受することができるかと思います。

  • White boxなアプローチ。ベンダーによっては検索エンジンとクローラーが一つのパッケージになっているところもあり、そのようなブラックボックスなものではユーザーは挙動を詳細に確認することは難しいでしょう。これは開発者がクローラーやAPIをそれぞれ独立して活用することが出来ないことを意味します。Algoliaの場合はCrawlerと検索エンジンのAPIははっきり分けられており、このようなホワイトボックスなアプローチにおいては、開発者はニーズにマッチするものだけを使えばいい(もちろん両方を活用してもいい)と言えます。
  • SEOおよびサイトのモニタリングのサポート。クローラーがウェブサイト全体を構造化の目的で呼び出される際、大きなものから小さなものまでサイトの構造上のエラーに気付くことができます。例えばページにタイトルが無いとか、リンクが壊れているとか、SEO機能に問題があるといったものが挙げられます。
  • POCもしくはsite searchとcrawlerのデモ。Algoliaのお客様であれば、crawlerを使ってAlgoliaのデモを行い、Algoliaがお客様にフィットするかどうかを確認いただくことが可能です。Crawlerとしての主な目的ではございませんが、そのためのコーディングをしたり、誰かをデモを作るために雇ったりということをすることなく、プロダクトがどのように機能するかを評価することができます。

Federated searchで検索体験をより包括的に

ユーザーに適合するプロダクトやコンテンツは様々なカタログ、ドメイン、そしてデータベースに格納されていることが多いです。しかし、これらのそれぞれ異なる場所にユーザーをナビゲートすることは検索体験としては良いものとは言い難いでしょう。

Federated searchは、複数のデータソースから、適合する全ての結果を取得して提供することで、検索プロセスを無駄なく合理的なものにするロバストなUI要素になります。複数のインデックスを使用して異なるデータをそれぞれ格納しておき、検索の際にそれをマージするというエクステンションを利用することによって、federated searchのインターフェースとして統合された一つのものとなり、各コンテンツの結果リストを表示することが可能になります。

The Federated Search Interface schema

Federated searchインターフェースを導入するにあたり、どのような検索体験をユーザーに提供したいかのプランニングと事前の考慮が必要になりますが、一度設定をしてしまえば、それぞれの検索が幅広いレンジとスコープを可能にし、それによってユーザー体験は大幅に向上します。また、プロダクトやビジネスゴールに精通している人が検索体験を管理することになるためビジネスへの活用いった点でも向上が見込めます。

federated searchの5つの利点

Federated searchは様々なユースケースにおいて様々な利点をもたらします。

  1. プロダクトオーナーが各コンテンツの適合性についてfine-tuneすることができる
  2. サイトオーナーがサイトを訪れたユーザーの体験を望むようにコントロールできる
  3. 異なるカテゴリに関しても簡単にアクセスできるようになるため、ブラウザビリティが向上する
  4. 1つの検索エンジンだけメンテナンスすれば良いのでセキュリティが向上する

よく整理され、解釈が容易な結果を提供することによってユーザー体験が無駄のない合理的なものになり、ユーザーのエンゲージメントを高めます。当然ながら、インターフェースをデザインする際は、価値のない検索結果で埋め尽くされてしまわないように、ユーザーのニーズを慎重に考慮することが重要です。

Site crawlingとFederated searchをあなたのウェブサイトに導入する3つの方法

様々な方法でSite crawlingとFederated searchを導入しているお客様がいます。ここではそれらがユーザー体験の向上とサイトの改善に繋がったいくつかの事例をご紹介します。

事例1. イントラネットのコンテンツを発見可能に

企業においては、様々なコンテンツ、プロダクト、そして情報を戦略的にセグメンテーションするために異なるサブドメインに配置することが一般的です。しかし、イントラネット上に10も20にも散らばったサイトの中から必要な情報を探し当てるようなことをしなければならない場合、それはユーザーにとって苦痛です。

この問題を解決するためにSite crawlerを用いることができます。クローラーを導入することで、会社のポリシー、プロダクト、サービス、戦略といった様々なドキュメントファイルやPDFの内容を一箇所に集めることが可能になり、ユーザーは必要なものを探し当てるのに苦労することはありません。

事例2. Site crawlingでインターナショナルなウェブサイトの可視性(と管理)を向上

大企業においては、国や言語が異なるサイトを運営していていて、それをローカルのチームが管理していることも少なくなりません。そういった企業にとって、サイト間で検索体験を簡素化および複製をすることは重要ですが、そのためのデータの収集が問題になってしまうことがあります。ローカルのチームが必要なデータソースへのアクセスが制限されていて、検索が適切に実装できないような場合があります。正しいクリアランスレベルの不足、CMSがアクセスを許可しないことによる必要データへのアクセス不可、またはデータにアクセスするためのエンジニアリングリソースもしくは時間の不足といった理由が挙げられます。

Site crawlerを活用することで、バックエンドの権限なしにサイトのコンテンツを抽出および構造化することができます。企業はそのデータを利用するか、もしくは、Algoliaのような検索プロバイダーに情報を送ることで、様々なサイト間で一貫性のあるロバストな検索UIのを構築しはじめることができます。

事例3. CrawlerによるFederated search

Algolia searchはFederated searchとSite crawlerの連携という点で非常に良い例と言えます。実際にAlgoliaのFederated searchのインターフェースは部分的にクローラーの機能が使われています。

Algoliaは、ドキュメントマーケティングウェブサイト、そしてブログにおいて異なるクローラーを使っています。これらのクローラーは3つの異なる検索可能なインデックスを生成します。ユーザーが検索バーにタイプをするごとにこの3つのクローラーによって作られたインデックスおよびSearch APIのような他のインテグレーションによって作られたインデックス(例えばQuery Suggestions)に検索リクエストが送られ、Federated searchのインターフェースに結果が返されます。つまり一つのクエリでインターフェースはサイトの全ての部分から、ロバストで理解容易で且つ常に細心の結果を返してくれる、ということです。

Site crawlerとFederated searchであなたのユーザーを重要なコンテンツに結びつけましょう

効果的な検索は、あなたのサイトにおけるユーザー体験を向上させるための基礎となります。Algoliaはtime-to-marketを最小化し、return-on-invenstmentを最大化する強力な検索ツールを提供します。Algoliaのカスタムクローラーであなたのコンテンツをシームレスに解き放ち、適合性を向上させることができます。Algoliaのout-of-the-boxなFederated search, Search as you type, Filters and Faces等のInstantSearchツールを用いてあなたのユーザーを喜ばせましょう。優れた検索体験は、あなたのユーザーとビジネスニーズに合わせて仕立てられるべきです。あなたの検索戦略のfine-tuneし、discoverability、適合性、そしてユーザーエンゲージメントを向上をさせる方法について、詳細は私達のeBookである“7 ways to get more out of Algolia search”を是非ご覧ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中