AlgoliaのGoクライアントのインストールとサンプルデータ投入

はずかしながらGolang童貞だったのですが、急に問い合わせがきまして、やったことを備忘録的にまとめておきます。

MacへのGoのダウンロードとインストール

Goのダウンロードページ(https://golang.org/dl/)にいくと、MacOS用のファイルが置いてあるので、pkgファイルをダウンロードして次へ次へするだけでした。

Hello Worldはしなかったけど、、

Test your installationってことで👇こんな.goファイルを作って

package main

import "fmt"

func main() {
	fmt.Printf("hello, world\n")
}

👇をやってやると、それっぽいバイナリが出来るみたいで、

$ go build hello.go

👇こんな感じで叩けばイイらしい。

$ ./hello
hello, world

AlgoliaのGoクライアントをインストール

AlgoliaのGoクライアントのGithubページ(https://github.com/algolia/algoliasearch-client-go)にインストールの仕方が書いてあったので、

プロジェクトをgolang_exampleって名前でイニシャライズして(って実際何が行われたのか良くわからないですが。笑)

$ go mod init golang_example
go: creating new go.mod: module golang_example

AlgoliaのGoクライアントをgo getします。この辺はとても直感的。

$ go get github.com/algolia/algoliasearch-client-go/v3@v3.4.0
go: downloading github.com/algolia/algoliasearch-client-go/v3 v3.4.0

ソースコードはまんまサンプル(https://www.algolia.com/doc/guides/sending-and-managing-data/send-and-update-your-data/how-to/sending-records-in-batches/#example)からコピってきてhoge.goって名前で保存しましたよ、と。

で、👇に見合うような actors.json というファイルがhttps://github.com/algolia/datasets/blob/master/movies/actors.jsonにあるので、それをカレントディレクトリに置いてあげました。

type Actor struct {
    Name            string `json:"name"`
    Rating          int    `json:"rating"`
    ImagePath       string `json:"image_path"`
    AlternativeName string `json:"alternative_name"`
    ObjectID        string `json:"objectID"`
}

そこからは👇のようにhoge.goをコンパイルして出来てきたバイナリをズゴっと叩くだけ。

$ go build hoge.go
$ ./hoge

ログを見ると👇のような感じでメデタシメデタシ。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中