Search and Discoveryがeコマースのトレンドの先を行く手助けをする

e-commerceの状況は絶え間なく変化しています。今日では、企業は変化より先を行くためにあらゆるツールを活用する必要があります。この記事では、”検索”がどのようにしてユーザーをシームレスな探索そしてコンテンツを発見できるようするか、そして、顧客への更なるエンゲージメントに繋がるe-commerceサイトへのダイレクトなパス、コンバージョンの増大、ユーザー体験の向上ついて議論していきます。

なぜe-commerceのトレンドに注目すべきなのか?

e-commerceビジネスで勝ち抜くためには、時代の先を行くことが重要です。顧客の獲得は今日の競争の激しいe-commerce環境では以前よりも困難なものとなっています。スイッチングコストは低く、顧客は購買に関してたくさんの選択肢があります。更に、大手のプラットフォームは益々パイを奪おうとしています。実際に約半数の消費者はAmazonで最初の商品検索を行っているそうです。

コンシューマーはまた、ユーザー体験に高い期待を寄せており、今すぐにでも商品が欲しいと思っています。例えば、Googleの調査によると53%のモバイルユーザーは3秒以上画面のロードに時間がかかるとWebサイトを離れてしまうそうです。しかし、ユーザーの期待は単純にページのロードというだけではありません。AmazonやNetflixはユーザー達を、ほんの数クリックで新しいコンテンツを見つけて購買できるようにしてしまいました。

もしあなたのサイトがユーザーの期待に達していない、そして上回っていないとしたら、恐らく大事なビジネス機会を逸しているでしょう。

オンラインショッピングのトレンドがe-commerceを変えている

オンラインショッピングはこの10年で劇的な変化を遂げました。以下がいくつかの例です:

  • 買い物客がアドバンストな商品知識を持つようになりました。ある調査によると、少なくとも82%の消費者がお店を訪ねたり商品を買う前にオンラインでレビューをチェックしているそうです。特に平均的な消費者はそのビジネスを信頼するまでに10件のレビューを読んでいるといわれています。調査によれば、”excellent”というレビューが存在する場合31%多くそのサイトで購買をする傾向があるとのことです。
  • E-commerceはどこにでもあるようなりました。今日では、e-commmerceは従来のトラディショナルなWebサイトの境界を超えて存在しています。InstagramやFacebookといったソーシャルメディアプラットフォームはネイティブなショッピングツールを構築しており、パーソナルアシスタントはユーザーのVoice(声)でシンプルに購買を可能にします。このグロースは今後も継続していくとされており、バーチャルなアシスタント市場は今後5年で少なくとも年間40.4%成長していくと予想されています。
  • 買い物客は新しく革新的な方法での検索およびエンゲージメントを求めています。ショッピング体験にバーチャルなコンテンツを含めているブランドは、ユーザーあたり111%コンバージョンが増加し、180%レベニューが増加しています。更に、Z世代と呼ばれる1990年代半ばから2000年代前半生まれおよびミレニアル世代の消費者においてはその62%がショッピングにビジュアルな検索機能を望んでいて、拡張現実(AR)は2022年までにe-commerceに122Billionドル(日本円で約13兆円)の経済規模の貢献をすると見られています。
  • 買い物客はブランドに趣向を理解して欲しいと思っています。51%の消費者はコンテンツがパーソナライズされているブランドで購買をしたいと考えています。今後、人工知能や音声アシスタントがより多くのカスタマイズされたショッピング体験を継続的に成長して提供していきます。

“Search and Discovery” がお手伝いできる5つのこと

“Search and Discovery”を活用してブランドの競合優位性を維持し、お客様のニーズを満たすことが可能です。以下はそのための5つの戦略です:

1. 素晴らしいUXによるエンゲージメント

ユーザーのエンゲージメントを保つために、検索は、早く、そして、適合度が高くある必要があります。オートコンプリートやオートサジェスト、タイポトレランス、そしてフィルターやファセットといった便利な機能によって、ユーザーにとっての検索の適合性をブーストさせることができます。

さらに、ユーザーのタイプによって検索結果を表示し、統合された検索インターフェースを活用して、異なるマイクロサイトやデータベースの情報を検索結果に表示することで検索体験をより合理化させることも出来ます(一つの検索バーに入力された文字列を元に、複数のインデックスに対して同時にクエリを発行して結果を表示することでユーザーは複数回検索をする必要が無くなる)。そして、プロダクトと一緒にレビューや購入ガイドなどのオンライン素材全体のコンテンツを統一された検索体験に統合することで、買い物客をインスパイアし、信頼を構築することができます。

これらの機能は互いに連動し、ユーザーの潜在的な需要を導き出し、サイトのエンゲージメントを高め、セールスとコンバージョンをドライブしていきます。

2. パーソナライズされた顧客体験の構築

最適化されたe-commerceサイトにおける買い物客による検索によって、その行動と振る舞いを通じて彼らの興味と関心がシェアされます。そのデータを活用してコンテキストに関連するコンテンツをユーザーに提供することで、エンゲージメントを高め、コンバージョン率を向上させることが出来るでしょう。

例えば、過去のクリックとトランザクションデータを用いて、ユーザーがもう一度検索する可能性が高いカテゴリを見出し、それに基づいて結果を自動的にレコメンデーションしたりフィルタリングしたりすることによって、検索プロセスをよりスピードアップことができるでしょう。さらに、パーソナライズはユーザーを歓迎されていると感じさせることができ、際立った体験を提供することが可能です。

3. データ分析をしてお客様のニーズをよく理解する

検索データを使ってそれぞれのお客様の体験をパーソナライズすることに加えて、これらのデータは顧客のトレンドを分析してビジネスを改善していくことに活用できます。例えば、共通の検索キーワードによってユーザーが何の商品を探しているか理解できますし、それによってプロダクトラインを変更したり調整したりすることにも使えるでしょう。brick-and-mortar(実店舗のみ)型の店舗でこのような分析を行っても精度はあまり高くないと思われますので、そういった優位性があるとも言えます。

4. 全てのプラットフォームでシンプルな体験を

ユーザーは、Web、モバイル、デジタルアシスタント、ソーシャルメディアといったインターフェースによらず、簡単にあなたのプラットフォームとやり取りできるべきです。front-endがbackendから切り離されているheadless architecutreを採用することで、異なるプラットフォームでも相互的な運用を可能にし、それぞれをカスタマイズした開発をする際も大幅なオーバーヘッドを避けることができます。

5. Search and Discoveryツールで継続的に改善を繰り返していく

ユーザーの趣向や心理は時間とともに変わっていくものであり、Search and Discoveryのツール群を最適化していくプロセスは常に継続中で且つ反復的なものになります。そのため、常にデータを収集し、A/Bテストを行いながら、エンゲージメント、バウンスレート、そして、コンバージョンといったKPIがどのように向上しているかを確認すべきです。これはデザインの改善といったfront-endの改修と、ランキングアルゴリズムの調整といったbackendの改修の両方に対して行うべきであると言えるでしょう。

あなたのe-commerceサイトを”Search and Discovery”でパワーアップさせましょう

モダンなオンライン消費者の期待に応え、エンゲージし続けるには、ユーザーが期待するSearch and Discoveryツール群を提供するSearch as a Searviceなパートナーが必要になるでしょう。是非、私たちの”Search beyond the box“をご覧いただき、e-commerceサイトにおける革新的なユーザー体験の提供とコンバージョンを向上させる方法を学んでいただければと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中