Scalaハッカソン@NSビルに行ってきました

開始の1時間くらい前にネットで開催情報をゲット
会場はNSビルとのことで、家から徒歩10分くらい。
ATNDみたら申し込めたので行ってみる。

Ubuntuと迷ったけど、いい加減もっと慣れないとなと思って、
MacBookをもっていく。
#TerminalCopyOnSelectとか入れたり
#(Snow Leopard版のTerminalCopyOnSelect.bandleを SIBMLのPluginsディレクトリ配下に)、
#US配列だとあのキーどこー?とか、
#面倒だったけど、こういう機会があるといろいろ覚える。

Scalaの環境を整える。
とりあえずJavaは新し目のヤツが入ってたから、それをそのまま使う
====
$ java -version
java version “1.6.0_15″
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.6.0_15-b03-219)
Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 14.1-b02-90, mixed mode)
====

で、scalaのランタイムを落とす。
====
wget http://www.scala-lang.org/downloads/distrib/files/scala-2.7.7.final.tgz
====
って普段ならやりたいところ、MacBookでwgetできなかったので、
普通に公式ページからブラウザ経由で落としてきて入れる

パスを通す
====
$ vi ~/.bash_profile
export LANG=ja_JP.UTF-8
export SCALA_HOME=/Users/eshinohara/Downloads/scala-2.7.7.final
export PATH=$SCALA_HOME/bin:$PATH
export _JAVA_OPTIONS=”-Dfile.encoding=UTF-8″
====

で、scalaコマンド叩くと。。なんかシェルモードになったす!
====
$ scala
Welcome to Scala version 2.7.7.final (Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM, Java 1.6.0_15).
Type in expressions to have them evaluated.
Type :help for more information.
scala>
====

で、HelloWorldしたくてたまらない。。
====
vi HelloWorld.scala
object HelloWorld {
def main(args: Array[String]) {
println(“Hello Scala World!”)
}
}
====

で、コンパイル。
====
$ scalac HelloWorld.scala
====

実行する、と。
====
$ scala -cp . HelloWorld
Hello Scala World!
====

NetBeansをインストール。
↓ここからフルフルのやつを落としてくる
====
http://netbeans.org/downloads/
====

Scalaプラグインのインストール。
一番最新の6.8だといろいろ足りないって怒られるので6.7のzipを解凍して↓
====
http://sourceforge.net/projects/erlybird/files/nb-scala/6.7v1/nb-scala-6.7v1.zip/download
====
ツール→プラグインから解凍したzipの中身を選択して突っ込む

NetBeansでScalaプロジェクト作ると、↓こんなんがもうできてるので、
====
package scalaapplication1
object Main {
/**
* @param args the command line arguments
*/
def main(args: Array[String]) :Unit = {
println(“Hello, world!”)
}
}
====

実行すると↓こんな感じ
====
init:
deps-jar:
Compiling 1 source file to /Users/eshinohara/NetBeansProjects/ScalaApplication1/build/classes
compile:
run:
Hello, world!
====

あとは対話型シェルで↓に従いながら、
====
http://dl.dropbox.com/u/261418/scala-hackathon/index.html
====
トレイトとかクロージャとか末尾再帰でスタックオーバーフローしないとかを、
ほえぇーって動かしてたら終わってしまいました。
#なんつーか、頭やらかくないとダメそうですね。関数型言語。

最後に主催のyuroyoroさんによるサンプルアプリの講義を聞いて、
カリー化とか、なるほどねっていう。

ハッカソンなのに何もアウトプットを残せなかったのが。。
って、何の前提知識も無しに行ったので仕方ないよねっていうw

ただ、家にいてゴロゴロしながら何もしないよりは、
参加費の1300円払って、こうやって手を動かしてる方が、
何倍も価値があるよなと思うので、行ってよかったです。


会場はこんな感じでした。3人がけの椅子に2人ずつって感じ。
ほとんど話し声は聞こえず、みんな黙々とやってました。
IMG_0414

腹減っちゃって、途中マックで100円のバーガー食ったり、
IMG_0415

NSビルのクリスマスツリーがライトアップされてたり、
IMG_0417

隣の会議室がP&Gの就活のセミナーだったらしく、
スーツきた若者がたくさんいました。
彼らは我々の事を何の集団だと思ってみてたんだろうなと
ちょっと気になりましたw


懇親会は、ここのところ、ちょっと飲み過ぎなので自粛しました。。

Scalaスケーラブルプログラミング[コンセプト&コーディング] (Programming in Scala)
Martin Odersky Lex Spoon、Bill Venners
インプレスジャパン
売り上げランキング: 7727
おすすめ度の平均: 4.5

3 初心者の入門書としては高度すぎる
5 ポストJavaを求める人向けです
5 Scalaのバイブルたる本です。
5 すべて道がscalaに通じていた

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中