ELK(Elasticsearch, Logstash, Kibana)に触れてみる


日頃、Amazon CloudSearchの担当をしている私ですが、ふと、Elasticsearchと戯れたくなりました。
とりあえず、おもむろにMacbookのTerminalを立ち上げます。
 
■ Elasticsearchを立ち上げる
 
現時点での最新版のElasticsearchのZipファイルをダウンロードしてきて↓
https://download.elastic.co/elasticsearch/elasticsearch/elasticsearch-1.7.1.zip
 
解凍して、

$ unzip elasticsearch-1.7.1.zip 
Archive:  elasticsearch-1.7.1.zip
   creating: elasticsearch-1.7.1/
   creating: elasticsearch-1.7.1/config/
  inflating: elasticsearch-1.7.1/config/elasticsearch.yml 
〜略〜

 
起動します。

$ bin/elasticsearch
[2015-08-18 14:57:11,382][INFO ][node                     ] [Arsenal] version[1.7.1], pid[22952], build[b88f43f/2015-07-29T09:54:16Z]
[2015-08-18 14:57:11,383][INFO ][node                     ] [Arsenal] initializing ...
[2015-08-18 14:57:11,530][INFO ][plugins                  ] [Arsenal] loaded [], sites []
[2015-08-18 14:57:11,832][INFO ][env                      ] [Arsenal] using [1] data paths, mounts [[/ (/dev/disk1)]], net usable_space [6.3gb], net total_space [232.5gb], types [hfs]
[2015-08-18 14:57:14,807][INFO ][node                     ] [Arsenal] initialized
[2015-08-18 14:57:14,808][INFO ][node                     ] [Arsenal] starting ...
[2015-08-18 14:57:15,032][INFO ][transport                ] [Arsenal] bound_address {inet[/0:0:0:0:0:0:0:0:9300]}, publish_address {inet[/10.66.68.147:9300]}
[2015-08-18 14:57:15,076][INFO ][discovery                ] [Arsenal] elasticsearch/7bpI2cEtQKeCAq5lAU-hYQ
[2015-08-18 14:57:18,866][INFO ][cluster.service          ] [Arsenal] new_master [Arsenal][7bpI2cEtQKeCAq5lAU-hYQ][b8e85601e846.ant.amazon.com][inet[/10.66.68.147:9300]], reason: zen-disco-join (elected_as_master)
[2015-08-18 14:57:18,884][INFO ][http                     ] [Arsenal] bound_address {inet[/0:0:0:0:0:0:0:0:9200]}, publish_address {inet[/10.66.68.147:9200]}
[2015-08-18 14:57:18,884][INFO ][node                     ] [Arsenal] started
[2015-08-18 14:57:18,900][INFO ][gateway                  ] [Arsenal] recovered [0] indices into cluster_state

 
とりあえず叩いてみますよ、と。

$ curl -i -XGET 'localhost:9200/'
HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/json; charset=UTF-8
Content-Length: 340

{
  "status" : 200,
  "name" : "Joe Cartelli",
  "cluster_name" : "elasticsearch",
  "version" : {
    "number" : "1.7.1",
    "build_hash" : "b88f43fc40b0bcd7f173a1f9ee2e97816de80b19",
    "build_timestamp" : "2015-07-29T09:54:16Z",
    "build_snapshot" : false,
    "lucene_version" : "4.10.4"
  },
  "tagline" : "You Know, for Search"
}

 
cURLでRESTにイジれるのがElasticsearchの良いところですが、
SenseというWebなGUIからやった方が何かと簡単な気がするので、Marvelというプラグインを入れます。

$ bin/plugin -i elasticsearch/marvel/latest
-> Installing elasticsearch/marvel/latest...
Trying http://download.elasticsearch.org/elasticsearch/marvel/marvel-latest.zip...
Downloading .....DONE
Installed elasticsearch/marvel/latest into /Users/eshinoha/Downloads/elasticsearch-1.7.1/plugins/marvel

 
elasticsearch.ymlに↓を追記します。

388 http.cors.enabled:      true
389 http.cors.allow-origin: /https?:\/\/(www.)?elastic.co/

 
再起動してSenseにアクセスすると↓こんなような感じでcURLじゃなくてもサクサクいろいろ出来ます。
(この例だとwebsiteっていうindexにblogっていうtypeで123ってidでデータをストア)

 
 
■ Logstashを立ち上げる
 
同じようにLogstashも落としてきて、

$ wget https://download.elastic.co/logstash/logstash/logstash-1.5.4.zip
--2015-08-24 10:28:16--  https://download.elastic.co/logstash/logstash/logstash-1.5.4.zip
Resolving download.elastic.co... 174.129.205.54, 184.73.223.96, 107.22.237.122, ...
〜略〜

 
解凍して、(ものすごい量のjrubyのホゲホゲしてきたヤツが落ちてきました)

$ unzip logstash-1.5.4.zip 
Archive:  logstash-1.5.4.zip
  inflating: logstash-1.5.4/LICENSE  
  inflating: logstash-1.5.4/CHANGELOG.md  
  inflating: logstash-1.5.4/NOTICE.TXT  
  inflating: logstash-1.5.4/CONTRIBUTORS  
〜略〜

 
まんまだと立ち上げられないようになってます。笑

$ bin/logstash
No command given

Usage: logstash  [command args]
Run a command with the --help flag to see the arguments.

 
–helpで叩いたら、設定ファイル指定してねんって事だそうで。

Options:
    -f, --config CONFIG_PATH      Load the logstash config from a specific file
                                  or directory.  If a directory is given, all
                                  files in that directory will be concatenated
                                  in lexicographical order and then parsed as a
                                  single config file. You can also specify
                                  wildcards (globs) and any matched files will
                                  be loaded in the order described above.

 
なんとなくRedisのデータを食いたいので、ググってみると、
↓のページで設定の方法が書いてありましたよ、と。
https://www.elastic.co/guide/en/logstash/current/plugins-inputs-redis.html
 
data_typeをchannelにするとRedisのチャンネルが読めるっぽくて、
その際は key を設定してねって↓のように書いてありました。
The name of a Redis list or channel. TODO: change required to true

  1 input {
  2     redis {
  3         data_type => "channel"
  4         host => "127.0.0.1"
  5         key => "foo"
  6         port => 6379
  7     }
  8 }
  9 
 10 output {
 11     stdout {}
 12 }

 
起動は出来たけど、Redisに繋げねぇぞゴルァって怒られてます。笑

$ bin/logstash -f hoge.conf
$ bin/logstash -f hoge.conf 
Logstash startup completed
Redis connection problem {:exception=>#, :level=>:warn}
Redis connection problem {:exception=>#, :level=>:warn}
Redis connection problem {:exception=>#, :level=>:warn}

 
 
■ Redisを立ち上げる
 
Redisも↓から最新版を落としてきて、解凍して、makeしてってシンプルなヤツで、
http://download.redis.io/releases/redis-3.0.3.tar.gz
 
起動してからの、、

a$ src/redis-server
6120:C 24 Aug 12:27:48.384 # Warning: no config file specified, using the default config. In order to specify a config file use src/redis-server /path/to/redis.conf
6120:M 24 Aug 12:27:48.386 * Increased maximum number of open files to 10032 (it was originally set to 256).
                _._                                                  
           _.-``__ ''-._                                             
      _.-``    `.  `_.  ''-._           Redis 3.0.3 (00000000/0) 64 bit
  .-`` .-```.  ```\/    _.,_ ''-._                                   
 (    '      ,       .-`  | `,    )     Running in standalone mode
 |`-._`-...-` __...-.``-._|'` _.-'|     Port: 6379
 |    `-._   `._    /     _.-'    |     PID: 6120
  `-._    `-._  `-./  _.-'    _.-'                                   
 |`-._`-._    `-.__.-'    _.-'_.-'|                                  
 |    `-._`-._        _.-'_.-'    |           http://redis.io        
  `-._    `-._`-.__.-'_.-'    _.-'                                   
 |`-._`-._    `-.__.-'    _.-'_.-'|                                  
 |    `-._`-._        _.-'_.-'    |                                  
  `-._    `-._`-.__.-'_.-'    _.-'                                   
      `-._    `-.__.-'    _.-'                                       
          `-._        _.-'                                           
              `-.__.-'                                               

6120:M 24 Aug 12:27:48.393 # Server started, Redis version 3.0.3
6120:M 24 Aug 12:27:48.395 * DB loaded from disk: 0.001 seconds
6120:M 24 Aug 12:27:48.395 * The server is now ready to accept connections on port 6379

 
Hello Worldしてみると、、

$ src/redis-cli publish 'foo' 'Hello World!'
(integer) 1

 
Logstashの方にも吐き出されていますよ、と。

$ bin/logstash -f hoge.conf 
Logstash startup completed
2015-08-24T03:32:54.082Z %{host} Hello World!

 
 
■ Kibanaを立ち上げる
 
ダウンロードしてきて、解凍します、と。

$ wget https://download.elastic.co/kibana/kibana/kibana-4.1.1-darwin-x64.tar.gz
$ tar xvf kibana-4.1.1-darwin-x64.tar.gz 
x kibana-4.1.1-darwin-x64/
x kibana-4.1.1-darwin-x64/bin/
x kibana-4.1.1-darwin-x64/bin/kibana
x kibana-4.1.1-darwin-x64/bin/kibana.bat
x kibana-4.1.1-darwin-x64/node/
x kibana-4.1.1-darwin-x64/node/bin/
〜略〜

 
起動したら、Kibana用のインデックスが無いよ的なことを言われています。

$ bin/kibana 
{"name":"Kibana","hostname":"hogehoge.com","pid":6549,"level":30,"msg":"No existing kibana index found","time":"2015-08-24T03:43:27.858Z","v":0}
{"name":"Kibana","hostname":"hogehoge.com","pid":6549,"level":30,"msg":"Listening on 0.0.0.0:5601","time":"2015-08-24T03:43:27.876Z","v":0}

 
ダッシュボードは↓こんな感じ。

 
 
■ Redisに入れたデータをLogstash経由でElasticsearchに入れてKibanaで可視化する
 
ようやくありそうなシチュエーションになってきました。
 
Logstashの設定でローカルのElasticsearchにもデータを投入するようにします。

 11 output {
 12     stdout {}
 13     elasticsearch {
 14         host => "localhost"
 15     }
 16 }

 
Redisにデータを入れてElasticsearch側から見てみます。

$ src/redis-cli publish 'foo' 'Hello World!'
(integer) 1

 
インデックス一覧をみるのに↓のように補完してくれるの嬉しい…
# ちなみに、Elasticsearchでは、_index(RDBMSで言えばdatabase)と_type(RDBMSで言えばtable)という概念です

 
↓に入っていることが分かります。

 
インデックスを検索して、

 
↓データが入っているのが分かります。

 
続いてKibanaのダッシュボードを開くと、今度はインデックスがあるのでCREATE出来て、

 
Discoverに行くと、ソレっぽいのが出てきます。

 

ということで、一旦ローカルに環境は出来たので、続きは ELK テクニカルワークショップ
ハンズオンでイロイロ楽しんできたいと思います〜(´▽`)ノ
 

Elasticsearch: The Definitive Guide
O’Reilly Media (2015-01-22)

YAPC::Asia Tokyo 2015に行ってきました


8月21日(金)・8月22日(土)と2日間YAPC::Asia Tokyo 2015に行ってきました。
今までのキャリアの中でPerlで仕事をした事はないのですが、東京での開催は今回で最後ということで。

#YAPC :)

AZさん(@shinodogg)が投稿した写真 –


 
【1日目】
 
■ Larry Wallのセッション
果敢に同時通訳レシーバを借りずに英語で挑みましたが、喩え話的なのがよく分からなくて
イロイロ理解できませんでした。笑
 
■ はてなと任天堂のMiiverseの話
コレは非常に聞き応えのある話で、必要なところにはキチンと技術的な事に投資しているのだな、と。
AWSに関しては今あるもののプロパーな訴求と、開発側への効果的なフィードバックをより意識していきたいな、と。
 
■ ConsulとStretcherの話
Kayacのエンジニアの方のセッション。作った人の魂のこもったお話だったと思います。カッコイイ。
 
■ はてなブログの話
オブジェクト指向入門とDDD本を読み解いて業務活かす。しかし、ここまで業務の内容を大っぴらに面白おかしく
対外的に話ができるはてなってやっぱりスゲーな、と。この話がベストトーク賞。
 
■ @yusukebeさんのPodcastの話
いつも聴いてる #wadafm の裏側が知りたくて。


 
■ esa.ioの話
お仕事でもお会いしたことのある方で、誰にでもできることじゃないけど、素晴らしい生き方だな、と。
 
■ Lightning Talks
いやー、面白かった。@941さんの話とか、そうなんだ〜!って感じでした。
 
■ その他


 
 
【2日目】
 
■ Node.js と io.jsの話
当事者の、しかも日本人から、こんなに分かりやすく事の真相が聴けるなんて、と。


 
■ 冗長構成の失敗談
Consul流行ってるんだなー。頑張ってイロイロ全部を自力でやらなくても〜っていうのは何となく思いました。
 
■ Adventures in Refactoring
凄くためになる話でしたが、お昼の後にこのネタはちょっと眠気が…^^;
 
■ Parallelism, Concurrency, and Asynchrony in Perl 6
コレ、Perl云々抜きにしても、実装する上でどういう所が難しいのかとか、とても分かりやすかった。
OK?OK?っていう語りかけに、ウンウンと心の中で答えながら聴きましたよ、と。
 
■ Profiling & Optimizing in Go
これ、マジでハンパなかった!!好きなバンドのライブを観に行ってきたような感覚。


 
■ Lightning Talks
沢山笑わせてもらいました。MySQL5.7ってそうなの?ってところが満載でとても参考になりました。
 
■ その他
6階からの眺めが個人的にグッときました。

#yapcasia day2 :)

AZさん(@shinodogg)が投稿した写真 –


 

コレがもう東京でやらないのは寂しいですが、他の国の開催になって、それに参加するのも楽しいだろうなー
AWSのソリューションアーキテクトになって2年ちょっとになりますが、お仕事繋がりのイロイロな方たちとお話出来たのも良かったです!
スタッフ参加してた @riywo お疲れさまでした〜 :)
 

Effective Perl 第2版
Effective Perl 第2版
posted with amazlet at 15.08.23
Joseph N. Hall Joshua A. McAdams brian d foy
翔泳社
売り上げランキング: 102,853

AWSの勉強会で発表していただいた公開資料集


不定期でコッソリAWSに関する勉強会を開催しているのですが、発表者の皆さんの資料が毎回アツいので、インターネット上で公開してくださっている最近のモノをまとめてみたいと思います。
 
■ ギャザリーを支える技術: 高丸さん

 
■ Apache Spark on EMR: Lanさん

 
■ スタートアップにjoinして安心して眠るためにやった5つのこと: 小川さん

 
■ BrainWarsのアーキテクチャ(OpsWorks & DynamoDB編): 松下さん

 
ちなみに、この勉強会で以前お話しいただいた @akitsukada が今月から同じ職場で一緒のチームで働く仲間になりました〜!Yay! :)

 

Amazon Web Services パターン別構築・運用ガイド
NRIネットコム株式会社 佐々木 拓郎 林 晋一郎 小西 秀和 佐藤 瞬
SBクリエイティブ
売り上げランキング: 14,811

DockerのFounder CTOのSolomon Hykesの話: Binpress Podcast Episode 28


今年の2月くらいのヤツだけど、聴き逃してたのに気付いて、慌ててこのクソ暑い中、@solomonstreの話を聴くためにジョギングしてきました。笑
↓は英語が得意じゃなくてもトランスクリプト(文字起こし)があるのでオススメです。
Binpress Podcast Episode 28: Solomon Hykes of Docker(http://www.binpress.com/blog/2015/02/17/podcast-28-solomon-hykes-docker/)
 
なんて言うんですかね、ビジネスとかサラリーマンとかの対極っていうか。こういうカジュアルなロックミュージシャンみたいな雰囲気、自分は大好きです。
そして、随所に出てくる”gut feeling”。文字起こし検索したら8回も出てきた。笑
 
Dockerとかって、今やエンタープライズのネクタイしめた人たちも注目するような技術だと思うけど、Founderは↓こんなこと言っちゃうようなヤンチャな奴ってことで、一気にファンになってしまいました。

We learned along the way, but it was painful because in our minds, marketing is marketing. I’m an engineer; marketing is all that stuff that I don’t want to do.

I really, really, really did not want to be sending that email saying, “Thanks for an awesome ride; you got a week to vacate the premises.” I hate those emails.

 
2011年くらいにサンフランシスコでAndroidアプリ開発やってた時に、dotCloud使ってて、結構不安定でMySQL逝っちゃってbinlogから戻したりした思い出とかあったりするのですが、実は既にドイツのcloudControlって会社に売却されてたっていうのとか、このPodcast聴いてはじめて知りました。
 
そして、Dockerにフォーカスするってなった時に、前のめりだった奴、着いてきた奴、辞めて他行った奴、レイオフしなきゃいけなかった奴、、タフだったけど、コレに賭けたっていう彼の”gut feeling”がよく伝わってきました。
 
日本だとYコンビネーターとかって超有名アクセラレーターで憧れ、みたいのあるけど、彼にとっては普通に良きパートナーって感じで、その辺の大物感も起業家には必要な事なのかなとか思ったり。
 
で、圧巻なのはdotCloudのunder the hoodを紹介するぜ的な感じで2013年のPyCon(Pythonのカンファレンス)のLightning Talksで彼が何百人の会場をロックさせた↓

(そう言えば、俺もこのTシャツ、サンフランのdotCloudオフィスでもらったんだけど、もうボロボロになって捨てちゃったな…)
 
そしてこのLTがバイラル効果を産んで、HackerNewsやTechCrunchにもデッカク取り上げられて、って何かスタートアップの技術支援担当の自分的には”そうそう、コレ!!”みたいな感覚っていうか。
 
ひょっとしたら話聴いてて、イラっとする人いるかもしれませんが、ITエンジニア的にDockerは無視出来ない技術領域だと思いますので、1回聴いてみるとイイんじゃないかなと思います。
そして、日頃からスタートアップのCTOの人たちと会ってる仕事をしてる自分的には、こういうPodcastやってみたいな〜。
 
ちなみにこのPodcastの最新エピソードのSachaさんは大阪でノマドな暮らしをしてて。奥さんが大阪でPh.D.って感じだそうで。日本にも、そして東京以外でもこのPodcast出てる人いるんだなぁ〜と↓
http://www.binpress.com/blog/2015/07/21/podcast-39-sacha-greif/
 

 

ベルリンにいってきました


先月出張でベルリンに行ってきました。個人的には、はじめてのヨーロッパでした。
 
参宮橋から徒歩圏内に住んでる自分的には成田空港内で見かけた空海は、日本での最後の食事に相応しいな、と。しかも朝ってことでサッパリ目のつけ麺メニューがありました。


 
今回一緒にいった仲間たち〜(なにかと腕を組むのは社風です。笑)

 
JALのエコノミーは席も広いし、ご飯も美味しかったです。AirMosは食べるまでめんどくさかったけど、良い思い出になりました。笑

 
なんというかちゃんとモスでした。

 
フランクフルトで乗り換えのため、取り敢えずドイツきたぜ!ってことで、、

 
ドイツで食ったはじめてのウィンナーは、なんか日本人にも馴染みのある感じの味だった…

 
フランクフルトの空港でSIMカードを買いたかったのですが、ターミナル1に行かないと売ってないよ、と。今回はターミナル2内での乗り継ぎだったので、諦めました。今回はほぼオフィスとホテルの往復で両方WIFIあるし、出かける時も他のメンバーの電波をお借りしてって感じで、結局SIM買ったりローミングしたりはしませんでした。
 
Air Berlinでベルリン着。国内線ってことでそんなに高度も高くないのでドイツののどかな景色が見れてよかったです。

 
ホテルは”Mercure Hotel Berlin Checkpoint Charlie”ってところで、離れた所の長期滞在用みたいな部屋でしたが、ひろーくて快適でした。(が、スペースが1/3くらいでも何ら問題なかったと思う…)

 
普段、フトンで暮らしてる人間には贅沢な空間。

 
Checkpoint Charlieは東西にドイツが分断されてた頃の西と東をまたぐための関所みたいなところで、歴史的な展示物とかもあって、修学旅行生みたいな若者たちがたくさんいました。

 
にしても、どこで飲んでもビール美味しかた。

 
ってことで、日曜に出発して、日曜の夜ついて、次の日からの出勤に備えて早めに寝たら、時差ボケで変な時間に目さめるっていうアレ、、だけど、アメリカ行く時に比べると時差が小さいから割りと楽かな、と。
 
朝は近所のシャレオツなカフェで。

 
オフィスの窓からは、東ドイツって感じの建物の奥にテレビタワー。
(とは言え、町田の団地で育った自分には、団地の方が社会主義的な感じすんな、と。。)

 
ちょっと周りをウロウロするだけで、面白い景色がゴロゴロしてました。

 
夜でも明るいので、仕事終わった後に、ブランデンブルク門とか、

 
歴史的な議事堂とかみることができました。

 
リバーサイドで、

 
飲むビールも美味かったわ〜

 
ジョギングしたら絶対気持ちいいとこ。

 
職場にINADAさんっていう凄い仕事出来る営業の人がいるので、お土産がてら撮っておきました。笑

 
次の日もガッツリ仕事しつつ、ヨーロッパの同僚たちとランチに行きました。ベルリンと言えど、安定した中華料理屋はあって、世界中どこいっても変わらない味。

 
夜の飲み会の場所に行くのに公共の交通機関使ってみんべってことで。

 
ベルリンのビールのシャレオツな広告とか。

 
電車の乗り換えで戸惑ったりしつつ、飲み会会場のPirates Beriln。

 
の前に、ベルリンの壁をチェックしに。今となっては本当にただの壁っていうか。ただ、現地の同僚に聞くと、未だにイイ学校は西側の方に多いとか、そういう格差みたいなものが無いわけじゃないらしいです。

 
(もう無いけど、、)昔の桜木町の方がカッコイイかなと。。

 
夜中まで皆んなでワーキャーやってホテルに帰りましたとさ。

 
次の日も仕事が終わった後に街をウロウロしました。

 
美術館とか博物館とか今度来る時はガッツリ観光したいな、と。

 
湘南平的な南京錠とか。

 
川の中洲的なところは観光名所だらけ。

 
観光客が多すぎない感じも好感度かも。

 
登らなかったけど。。。

 
日本でもオクトーバーフェストとか流行ってるけど、なんというか本場感。

 
MCMはなんかパーティーみたいのやってたけど、その向かいのタパス屋で現地の同僚達とディナー

 
色んな話できて楽しかった。個人的には今のグローバルな組織の中で働いてる一番嬉しいところ。是非日本にも来て欲しいな〜。(っていうか、世界中どこいっても日本フリークのヤツって居て、どうにか仕事作って日本に来たがるヤツっているんだなって今の会社に入って改めて思いました)

 
滞在最終日は近所のカフェで朝飯食ってからお土産探しに。

 
モロにSONYな中心部の観光名所をみたりしながら、

 
舞台劇場とかは集まる場所とかウロウロしつつ、

 
科学技術博物館的なところ。ブラジルからきてた同僚にも遭遇したりして。

 
ホテル戻って近所のイタリアン。美味かった&凄い量。

 
ベルリンで飛行機乗るのに長蛇の列で乗れないかと思ったけど、なんとかフランクフルトまで到着して帰路に着きます。

 
成田着いてから1回家帰って、

 
Infinity Ventures Summitのスタッフ打ち上げに行って散々盛り上がって(歌ってるのは前職時代にお世話になって、まさかこんなところでまた遭遇するなんて的な友達)

 
日本帰ってきたぜ〜的なのをいただいて〆させていただきました。

 
ベルリンなのに1回もクラブ行ったり出来なかったし、せっかくの初ヨーロッパなのにイロイロ回ったり出来なかったので、また時間作って是非行きたいなぁなんて思ったりしました。
 

A14 地球の歩き方 ドイツ 2015~2016
地球の歩き方編集室 編
ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 2,506

第11回elasticsearch勉強会でShay Banonさんに会った!


先日、リクルートさんのオフィスで開催された第11回elasticsearch勉強会(https://elasticsearch.doorkeeper.jp/events/28321)でFounder CTOのShayさん(@kimchy)にお会いしました。

w/ Shay Banon @kimchy :) #elasticsearchjp

AZさん(@shinodogg)が投稿した写真 –


 
実は以前のelasticsearch勉強会でもお会いしたのですが、最近はお仕事でもelasticsearchに触れる機会があったり、
個人的にも Elasticsearch: The Definitive Guideを読み進めているということもあったり、
そして、Binpress Podcast Episode 16: Shay Banon of ElasticsearchっていうPodcastを聴いたのが大きくて、凄い会いたいなと思ってた人。
 
↓がPodcastを聴いた時の感想だったのですが、なんというか、話聴いてるだけで、いいヤツ感がハンパない。

Elasticsearch(の前身のCompass)は、奥さんがシェフになるためにLondonの学校に通うっていうので、イギリスに引越したタイミングで(元々イスラエルにいたっぽい)、仕事も無かったし、自分のスキル付けるために〜っていうのではじめたプロジェクトだそうで。
 
その中で、自分が転職マーケットの中で魅力的になれるようにSpring FrameworkとかHibernate〜とかってのを行こうとしつつ、
SimpleなSearch Boxに目を付けてLuceneで〜ってのは流石ですね。
 
VCからの調達に関しても、既に彼らがエンジニア達からプロップスを得てたから、どれだけの価値が?とかって事について、何かとスムーズだった的なのもmake senseだし、何より、オープンソースの人たちに対するresponsibilityとかってのが根底にある会社ってなんかカッケーな〜(*´∀`*)
 
LogstashとかKibanaが出てきた背景も、なんか思ってたよりずっとシンプルで、だいぶ印象変わりました。

 
勉強会の中で質問した事も、期待してた5倍くらいの内容で返してくれたし、コレからも技術的にガンガン行くぜ感が伝わってきて、カッケェな、と。Elasticsearch for Hadoopはチェックしていきたいと思います。
 
懇親会では、今回はガッツリjet lagで、この後に韓国いって香港いってバンクーバーいって〜とか言ってて、だいぶお疲れのようでしたが、気さくにイロイロ話してくれて嬉しかったです。
 

Elasticsearch: The Definitive Guide
O’Reilly Media (2015-01-22)

香港のラマ島(南丫島, Lamma Island)でハイキングしました


一週間香港で英語を勉強してたのですが、土曜日は1日フリーだったので近くの離島に行ってみることにしました。
(マカオは以前行ったことあるし、ケチくさい人間なのでギャンブルはどうも性に合わなくて…)
 
ホテルからブラブラ歩きながらセントラル(中環)を通り抜けて港まで。

 
30分くらいで行けて結構ポピュラーなところらしくてそこそこ船混んでました。

 
船の中から。行ってきまーす的な。

 
船の中の様子。

 
前方にはモニターにDockerみたいなロゴが表示されてますが、嘔吐袋が準備されております。笑

 
島に到着すると地図があって。もう一個の港までのハイキング経路とか載ってる。
ローカルの友達がちょうどイイんじゃん?って言ってたのでハイキングしてみることに。

 
売ります買います系の掲示板っぽいのがあったり。

 
ワンコとか。

 
港のそばはお土産物屋さんとか、レストランとかが沢山。

 
漁業の島なのでやっぱりシーフードなところが多かったです。

 
ハイキングのはじまり。Welcome to the Jungle的な。最初5分で暑すぎて後悔がはじまる。笑
このハイキングは夏にするものじゃない。。思わず急な雨用に持ってきた折り畳み傘を日傘にしました。。

 
割りと有名らしいビーチは奥の方の景観がなんかなー的なところはあるけど、ローカルっぽい人が楽しんでました。あんまり人が多すぎないのも良い感じ。

 
一応海パン持ってきたけど、暑すぎるので入るのはやめておきました。。

 
道はイイ感じに舗装されてるので、ビーサンとかでも大丈夫だと思います。

 
但し、坂は結構多いです。

 
確かに景色はとても良い。

 
これで暑くなければ気持ちイイんだけど。。

 
何やら景色が良さそうなとこがある、と。回り道して行ってみたけど、そこまででもなかったかな。。

 
徐々にもう一つの港の方へ。

 
何やら印象的なペイントが施された建物や、

 
村役場みたいなところとか。

 
神風洞(Kamikaze Grottos)。人間魚雷が置いてあったらしい。。

 
自然豊かでナイスなところです。

 
天后宮。漁業とかの神様らしい。

 
中にはなんかスゲーのいました。

 
そんなこんなで汗びっしょりになった最初から捨てるつもりで持ってきたシャツを捨てて
Tシャツに着替えて港へ。

 
船乗って香港島に帰ります。

 
帰りの船からの景色もナイスでした。

 
ただいま〜的な。

 
そんなこんなでセントラルの翠華餐廳でメシ食ったり、

 
ティーカップなカワイイ紅茶飲んだり。

 
Causeway Bayウロウロしたり。とにかく暑いので水分補給重要なのですが、この野菜ジュースは他と比べて値段も日本とあんま変わらなくてよく飲みました。

 
にしても、いたるところで日本のラーメン屋さんみかけました。

 
晩御飯は期間限定のしゃぶしゃぶ鍋を吉野家で。笑

 
具だくさん。

 
美味しかったけど、食べるのにコツがいるっていうか。。
日本のってある程度調理された状態で出てくるけど、これはフツウに鍋。

 
チョロっとSOHOの立ち飲みやで飲んだりしましたが、そんなこんなで次の日の早朝の飛行機で日本帰りました。
帰りの飛行機の中でみた”おみおくりの作法”は面白かったなぁ〜

 
ってか、前回香港にきた時は作らなかったけど、今回はオクトパスカードを作ったので、
セブンイレブンでもこれで買い物できるし、バスとかお釣りの事を考えなくて乗れるのでナイスです。

 

るるぶ香港・マカオ'15 (るるぶ情報版海外)
ジェイティビィパブリッシング (2014-06-25)
売り上げランキング: 50,454

香港のQ Languageという学校で1週間英語勉強してきました


一昨年はセブ島で、昨年はクアラルンプールで、1週間英語勉強しましたが、
今年は香港のQ Languageという学校で学ぶ事にしました。
 
理由としては、7月で飛行機のマイルの期限で、保持マイル的にはアジア圏しか行けるところがなかったのですが、
元々イギリス領だったところだし、、くらいな感じで、軽い気持ちで申し込みました。笑
 
■ 香港に行く前にやったこと
 
1. 学校に連絡して手続き
 
Q Languageのホームページのフォームからでx月x日から一週間勉強したいんだけど的なのを送ったら、
1Weekで15hoursのレッスンでHKD2,190で、24hoursのレッスンだとHKD3,510だよ的な返事がきました。
ネット上にもこの情報はあって↓に載ってたりしました。
http://www.languagecourse.net/pdf/q_language_hong_kong_prices_0_en_4698.pdf
VISAは要らないし、泊まるところも自分で手配するので大丈夫です的なメールのやりとりをした後に、
Paypalで入金しました。¥56,295 JPY。円安なご時世ですやねぇ。
で、領収書なかなか送ってくれなかったり、授業の前にpre assignmentがあるからって言われたっきり、
それがいつなのか催促してもなかなか返事がこなかったり、、
↓のブログがバズったりしてますが、外資系で働いてる自分的にも日常茶飯事のことなのでそんなもんかくらいな。笑
メールに返信をしないアメリカ人のメンタリティ | ktdiskのブログ
 
2. ホテルの予約
 
Expediaで良さそうなとこ探してたら iClub Hotel Sheung Wan ってところが新しくて良さそうで。
学校にも歩いて10分かからないくらいだから、ここにしようってことで。
7泊して67,080円。今回は日曜日に到着して、次の日曜日に出発だったので(土曜日に観光したかったので)
7泊にしたけど、ホテル的には週末は割高で、平日は7,818円で、週末が10,946円なので、
土曜日に帰っちゃう感じにすれば、もうちょっと割安な感じでイケたかな、とは思います。
が、マイルで予約できる航空券って土曜の夜出発とかってそんなにフレキシブルには選べなかったりしますやね。
 
3. 香港の友達に連絡
 
香港ローカルなヤツで同じ会社だったけどもうやめちゃった元同僚と、久しぶりに会いたいなって事で。
色んな話できてとても良かったです。なんかこういうのあると旅のテンション上がりますね。
 
 
■ 香港に向けて出発〜ホテルにチェッキン
 

 
ANAで行ったのですが、成田空港のなかり奥のゲートから飛行機乗りました。
機中では、テラスハウス(普通にこういうの好きですw)と深夜食堂(マスター憧れちゃうわぁ〜)みました。
 
空港ついたらSIMカード!
ゲート出てすぐのところでサクっと買えました。SIMフリーのNexus7に入れて使います。

 
4Gの8日間のSIMカードが118香港ドル。フツウにクレジットカードで買えるのもナイスですね。日本円で1955円の決済でした。

 
空港までの移動はAirport Expressっていうヤツで100香港ドル。30分かからずに市街に出れます。
 
ホテルはモダンな感じで、朝食も無料で食べれるし、ナイスなところでした。

 
朝食はこんな感じ。
パンとクロワッサンとオレンジジュースと果物とヨーグルト(早めな時間に行かないとなくなるw)

 
 
■ Q Language School
 
・Day1
 
レッスンは10時からで、その前にAssignmentがあるから9時15分に来てねってメールがきてたので、9時ちょっと過ぎくらいにホームページに載ってた建物の14階にいったら、まだ空いてなくて。
エレベーターで下に降りようとしたら、金髪の女性が乗ってきて、生徒だったら10階に行けば誰かいるよ的なことを教えてくれて、10階にいったらエラいっぽい人が個室で働いてて。
声かけたら、おー、そうかそうか、みたいな感じで、教室に通されてTOEICみたいな穴埋め試験を解かされる。確か50問くらいで、正解数に合わせてクラスが割り振られるみたいな感じ。
上から2つめのランクです的な事を言われた後、一週間の時間割を渡されて、同じタイミングで入学なクラスメイトがいて、彼らと一緒に初回授業を待つ、と。
 
これが1週間の時間割。1つの授業は3時間(間に休憩挟む)で、午前は10時〜1時過ぎ。午後は2時から5時過ぎって感じになってます。午前中は全部Level4Aってヤツで上から2つめのクラスで、午後は月・火・木とLevel3っていうレベル。この合計8コマ。
 
んで、出来上がった1週間のスケジュールが↓こんな感じ。

 
授業がはじまる頃になると、生徒が集まりだす。6人で本当にバラッバラな感じ。
ウクライナの主婦の人とか、ローカルの人とか、シベリアからきた女の子ととか、イタリアからきた18歳のイケメンとか。
 
先生のByronはヤケに男前で、学校のYoutubeのビデオに出てたりもしてました。
週末何したの?的な話(英会話学校の月曜日って必ずそうなる)で、キャンプしてた、とか。腕とか太いし、ワイルドや。
カリフォルニア生まれのユタ育ちって事で、発音も馴染みある感じの。

 
授業はどういう時がlittleで、どういう時がa fewで、とかそういうヤツ。例文かかされて先生にチェックしてもらうとか、
皆んなでディスカッションしたりとか、あっという間に3時間。
ローカルの人が香港の選挙について凄いアツくなってて。中国本土が選んだ3人にしか投票できなくなるんだとかで。
実際にそこに住んでる人から生の声が聞けたりするの、凄い面白い。
 
午後は、Terrenceっていうチャイニーズアメリカンな先生。
サンフランシスコに住んでたって事で、発音とかもこれまたよく聴く感じの。
ZooやAquariumは今後どうなってくか?的なディスカッションしたり。
 
夜はせっかく香港だからって事で、100万ドルの夜景みてきました。とてもキレイでしたが野郎1人で行くにはちょっと。笑

 
もの凄く混んでて、特に帰りは1時間くらいトラム待ったりしたので、ガッツリ夜遅くとかに行くのが良いのかもしれませんね。

 
 
・Day2
 
午前中のBarry先生はイギリスっぽい発音で、そうそうこういうのに慣れたかったのよね、と。
授業の内容はpick up, pick out, pick a fight,,,とにかく例文を使って発表しまくる。
いやー、勉強になった。
 
午後のGrant先生はオーストラリア人。Love&Relationshipについて。先生のオリジナル教材。
この日の午後の授業は6人中4人がロシアとかモルドバとかウクライナとか、しかも皆さんそれはノリが良く、とても楽しい授業でした。

 
夜はCauseway BayにDouban(http://www.douban.com/)っていう中国のSNSのUI/UXの話を聞きに行こうと思って
↓に申し込んでいて、
Working in UX in China – experience sharing developing UX for 100 million users at Douban
↓実際にそこ行ってみたら、明日だよ、と。笑

 
メシ食ったり街をブラブラしてホテルに帰りました。
 
 
・Day3
 
Byron先生の授業。ガッツリ勉強した後にGo Fishってカードゲームやったりしました。

 
午後は授業なかったので、Tsim Sha Tsuiに電車でいって有名っぽい店で炊き込みご飯的なの食べた後に、

 
博物館に行ってきました。(イタリア人のイケメンが昨日行ったら良かったよって言ってたので)
アヘン戦争とか、観光にきてた中国の人も、黒歴史的になんだかなぁ的な感じで展示物をみてました。

 
日本統治時代はいかに悲惨だったか的な展示物をアジアで見るたびに、なんだかなぁと思います。

 
夜もTsim Sha Tsuiで会社絡みの友達とDalin Pochaって韓国料理屋さんであれやこれや話し込みながら飲んだり食ったりして。バーが密集してるエリアとかも案内してもらったり。

 
 
・Day4
 
午前のBarry先生の授業は不定詞とか動名詞とか。あとはmake our, make over, make xxx的なヤツをガッツリ。
↓は前回の授業の復習の様子

 
午後のGrant先生の授業は、新聞の見出しとかってイロイロ省略したりするけど、そのやり方とかそういうの。実は高校生の頃に1年間交換留学で日本に住んでた事あるらしくて、日本に相当詳しかったりも。
 
夜は雑誌とかでも有名な九記牛腩で牛スジ煮込みカレー麺的なヤツ。美味かった!けど、ちょっと胃もたれするかもw

 
常に店の外に人が並んでる感じですが、回転早いのでサクっと少人数でいく分には問題ないかな、と。

 
そっからSOHOの辺りをブラブラしつつ、

 
せっかくなのでセントラルから山の方にズドーンって通ってる、エスカレーターの一番上まで行ってみることにしました。エスカレーターの途中でスーパーがあったりして、アサイー的な飲み物かったり。

 
上まで行ったら、なんにもなかったので、フツウに徒歩で下りました。。(エスカレーターは上りしかない)

 
途中途中でシャレオツなとこあったけど。

 
そのまま港の方まで行って。

 
スゲーいいところで格闘技エクササイズサークルみたいな人たちがいました。こんなところで運動したら気持ちよさそう。

 
船乗って向こう岸まで。

 
向こう岸から見た香港島もキレイでした。

 
お約束のブルース・リーとか。

 
 
・Day5
 
最終日。本当にあっという間でした。先生はRichard。イギリス人で発音もモロにイギリスって感じ。
イギリスだとto be gutted about〜なんていう言い回しがあるとか教えてくれたりとか、クラブやバーでfancyってbuyと同じように使えるよとか。
 
そんなこんなで終わりもアッサリ。それじゃね〜くらいな感じで学校をあとにしました。お世話になりました。

 
午後は、こっちの友達が参加するってことで、香港で開催されていたオープンソースカンファレンス(http://2015.opensource.hk/)にいってきました。
 
コンビニで買ったサンドイッチを食べながら電車で長距離移動。

 
2回電車を乗り継いでその名も大学(university)って駅まで。

 
そこからタクシーでビヨ~ンと。京都リサーチパークみたいな雰囲気のところ。

 
受付して諸々受け取って、

 
AWSのパートナーさんのブースとか。

 
そんなに沢山のセッションは出れなかったけど、

 
PredictionIOって機械学習のセッションとか立ち見だったし(中身はSparkとかElasticsearchとか使ってる)

 
OpenStackの話はあんまり良くわからなかったけど、

 
日本のShimono Kenjiさんの発表は、Q&Aの時間帯に通訳的なこと出来たり、セッションの後にスマートウォッチ関連のビジネスしてる人と彼を繋ぐことが出来たり、行って良かったな、と。

 
んで、まぁ、記念撮影的な。

 
そこから友達がMongkokにあるトラディショナルな香港料理の店連れてってくれて、

 
そのままビール一杯千円するようなとこ行ったりして、

 
最後はオクトパスカード(Suicaみたいなヤツ)で買える屋台のソフトクリーム食って帰りましたとさ。
にしても、友達のHinにはこの旅でガッツリもてなされてしまったので、今度は東京でお返ししないとな〜

 

ということで、学校の事や、英語学習に関してあんまり触れておらず恐縮ですが、以上です。笑
#っていうか、友達と飲んだり食ったりしながら話するっていうのが一番勉強になるかもしれないなと。。
#トピック的に仕事絡みの話は同業種の人じゃなきゃ難しいし。。。
 

D09 地球の歩き方 香港 マカオ 深セン 2015~2016
ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 13,433

[Day3] IVS CTO Night & Day powered by AWS in Miyazaki #CTONight


IVS CTO Night & Day powered by AWS 2015 Spring 3日目のレポートです。
Day1の様子はコチラ Day2の様子はコチラ
 

 
Day3. IVS Launch Pad
 
■ Launch Pad
 
言わずもがなLaunch PadはIVSの目玉の1つですが、2年間に渡ってLaunch Padのステージ担当をしてきた自分にとっては、今後の人生を変えるかもしれない大舞台の言葉には出来ないような緊張感と、サービスにかける強い想いを感じることができるプレゼンテーションを生でみることが出来るというのは本当に大きくて、そう言った場にCTOの皆さまにご参加いただけるのは運営冥利につきるところだったりします。
 
それぞれのプレゼンテーションの内容や結果に関しましては各種メディア様の方でまとめていただいてますので、そちらもご覧頂ければと思います。
 
Launch Pad 勝者はソーシャルシッティング「KIDSLINE(キッズライン)」 #IVS 2015 Spring Miyazaki
http://thebridge.jp/2015/06/ivs-launch-pad-2015-spring


 
優勝は経沢香保子氏のベビーシッターサービス「キッズライン」――IVSのプレゼンバトル
http://jp.techcrunch.com/2015/06/12/ivs-spring-2015-launchpad/


 


 
■ “本当に叶うAmazonウィッシュリスト”
 
AWSからの優勝特典として”本当に叶うAmazonウィッシュリスト”を贈呈させていただきました!

 
 
Day3. CTO Tech Pitch
 
■ CTOによるテクノロジーに関するピッチ
 
Launch Padの興奮も冷めやまぬ中、CTOの皆さんによるピッチ大会を行いました。コンテスト形式ではなく、技術的に深い話をお聞かせいただきました。
 
1. 「React.js のアーキテクチャ上の課題」株式会社テンエックスラボ 鳥居 晋太郎
 
テンエックスラボの鳥居さんからは、クライアント側でのアーキテクチャに関しての設計および実装に関してお話していただきました。

 
自身で実装を進めていく中で、後からOSSでより良い実装が出てくるという話はよく聞きますが、そういった経験をすることは技術者としては、とても得るものがあるのではないかと思います。

 
 
2. 「App Ape Analytics Web API」 FULLER株式会社 藤原 敬弘
 
藤原さんは、FULLERのサービスであるスマホアプリ視聴率サービスで使われている技術を

 
構成図を元に詳細にご紹介いただきました。

 
 
3. 「High Performance Computing」 アマゾンデータサービスジャパン 松尾 康博
 
元CTOなソリューションアーキテクトの松尾からは、HPCに関するお話をしていただきました。

 
Web系のスタートアップではあまり見かけないような技術を分かりやすく、楽しく、発表してくれました。

 
 
4. 「iQON を支えるクローラー」VASILY 今村 雅幸
 
この日が誕生日だった、Vasily CTO今村さんによるクローラーの話。
CEOからの一言をトリガーに構築したスケーラブルなプラットフォームのお話をしていただきました。

 
Happy B-Day!!

 
言われた事を形にしてしまう技術力、素晴らしいですね!

 
 
5. 「OSSプロジェクトに会社を巻き込んでみようとしている話」株式会社ユーザベース 竹内 秀行
 
竹内さんからは、データ可視化に関する「E2D3」を会社で!という観点でお話いただきました。

 
乾杯のご発声に、セッション登壇に、今回のIVS CTO Night & Dayでは竹内さんに大活躍していただきました!

 
 
6. 「ウェルネスAiとグラフDB」株式会社 FiNC 南野 充則
 
FiNCの南野さんからは、現在取り組まれているグラフDBについてお話いただきました。

 
どうしても一般的なRDBMSを使ってJoinで解決しようとすると煩雑になってしまうところを
解決されようとしているところは皆さんの参考になったのではないかと思います。

 
 
Day3. Panel Discussion
 
■「CEOからCTOへ」
株式会社SHIFT 代表取締役社長 丹下 大
freee株式会社 代表取締役 佐々木 大輔
株式会社VASILY 代表取締役 CEO 金山 裕樹

モデレーター
アマゾンデータサービスジャパン事業開発マネージャ 畑 浩史

 
CTO Night & Dayに豪華CEOの皆さんをお招きしてパネルディスカッションを行いました。

 
Vasily CEOの金山さんからは↓のようなTweetもありましたが、


 
内容はCTOの皆さんを鼓舞するアツいものになり、

 
結果、笑顔な雰囲気になりました。

 
freeeの急成長をずっと支えてきた平栗さんも!

 
CEOの皆さま、ご登壇ありがとうございました!

 
 
■「会社での CTO のロール: 創業時と今」
株式会社クラウドワークス CTO 大場 光一郎
株式会社Viibar CTO 松岡 剛志
ChatWork株式会社 専務取締役 CTO 山本 正喜
株式会社nanapi CTO 和田 修一

モデレーター
アマゾンデータサービスジャパン ソリューションアーキテクト 松尾 康博

 
急成長中の組織を率いるCTOの皆さんによる深いディスカッションになりました。

 
こちらのセッションは↓でも取り上げていただきいておりますので、是非ご覧いただければと思います。
1on1は仕組み化して「やらない理由」を作らないことが大切ーー新進気鋭4社のCTOが語る社内コミュニケーションの方法 #IVS
http://thebridge.jp/2015/06/aws-cto-night-and-day-at-miyazaki-2015


 
それぞれ違ったアプローチを取りつつも、常に組織の事を考えて日頃の業務に取り組まれている皆さんの強い意志を感じたセッションでした。

 
 
■ 「スタートアップでのイケテル技術選定、今・これから」
株式会社はてな 執行役員最高技術責任者 田中 慎司
クックパッド株式会社 執行役CTO 舘野祐一
グリー株式会社 取締役 執行役員常務 CTO 藤本 真樹

モデレーター
アマゾンデータサービスジャパン
ソリューションアーキテクチャ部長 大谷 晋平

 
日本人のエンジニアであれば憧れの存在であろう、高い技術力をお持ちのCTOの皆さんによる技術選定に関するディスカッション。

 
カジュアルな語り口調の中に、失敗談等も織り交ぜながら、でも、”この人たち凄い!”と思わせる大変興味深い雰囲気のセッションでした。

 
濃ゆい話の数々をありがとうございました!

 
 
■ ハイトラフィックなアプリケーションでのフロントエンドの技術選択 -サーバーとクライアントの役割分担について-」
株式会社アカツキ CTO 田中 勇輔
株式会社サイバード シニアプロデューサー 島村友造
KLab 株式会社 執行役員 CTO 安井 真伸

モデレーター
アマゾンデータサービスジャパン ソリューションアーキテクト
今井 雄太

 
最後のパネルディスカッションは非常に現場寄りな話題が多く出たものになりました。


 
アプローチの仕方も様々で、ゲームの開発に馴染みのないようなCTOの皆さんにも参考になる部分が多かったのではないかと思います。

 
早朝からのハードなスケジュールの中で、詳細まで突っ込んだ議論をしていただき、ありがとうございました!

 
 
Day3. Party
 
■ Farewell CTO Night
 
IVS CTO Night & Dayの最後は、シェラトン・グランデ・オーシャンリゾートの42階のグランシャリオで行いました。
会場からの眺めは絶景でした!


 
乾杯のご発声はnanapiの和田さんに行っていただきました。

 
最後のパーティーということで、スタッフたちも一緒に楽しく盛り上がりました。
皆さまが楽しまれている様子の一部を掲載させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 
そして、クロージングはお誕生日のVasily今村さんの一本締めで!

 
よ~ぉ

 
パンッ!

 
ありがとうございました!!
 
 

ということで、もの凄い濃かった3日間、CTOの皆さんが醸し出すとても良い雰囲気もあって、運営する側としても、とても刺激的で、何より凄く楽しませていただきました!
また、スタッフとしてご参加いただきました、nanapi小島さんと遠山さん、Casy高橋さん、本当にありがとうございました!

 
今後とも #CTONight を何卒よろしくお願い致します!

[Day2] IVS CTO Night & Day powered by AWS in Miyazaki #CTONight


IVS CTO Night & Day in Miyazaki 2日目のレポートです。Day1の様子はコチラ

 
 
Day2. AWS Morning Session
 
■ AWS Solutions Architectによるラウンドテーブル
 
早朝から任意参加でAWSに関するセッションを行いました。
 
・8:30 – 9:00
西谷 モバイル開発を支えるAWS Mobile Services
今井 ビッグデータキーワード超整理 -YARN,Hive,Tez,Presto,Impala,Spark-
松尾 いまさら聞けないEC2
大谷 Amazon RDS for Aurora Deep Dive
清水 Amazon Kinesis 入門
篠原 Amazon CloudSearch Deep Dive

・9:15 – 9:45
西谷 AWS Lambda概要
今井 Amazon Machine Learning入門
松尾 EC2チューニングTips
大谷 ECS Deep Dive
清水 2-Tier Architecture Deep Dive
篠原 利用者が実施するAWS上でのセキュリティ対策

 
CTOの皆さんたちには、Amazon Machine Learning, Amazon RDS for Aurora, セキュリティ対策といったセッションが人気でした!
 
 
Day2. オープニングのご挨拶

■ Infinity Venture Partners 小林 雅
 
オープニングのご挨拶はIVS主催の小林さんから!

 
■ アマゾンデータサービスジャパン 畑 浩史
 
AWS Startup担当事業開発マネージャーの畑からCTO Nightとは?といったところを改めて。

 
 
Day2. Keynote
 
■ 『WE ARE CTOs. SO, WHAT COMES NEXT?』 グリー 藤本 真樹
 
前回のCTO Night & Dayのアンケートで、ダントツに”あの人の話が聞きたい!”という人が多かった
藤本さんからキーノートのスピーチをいただきました。

 
途中、会場内のCTOの皆さんを藤本さん自ら質問して回るというインタラクティブでユーモラスなところもありつつ、

 
後半は日本のCTOが置かれている状況を、世界を相手に戦ってきた藤本さんならではの視点でお話いただき、
Twitterの #CTONight ハッシュタグでCTOの皆さんから多くのツイートがありました。

 
 
Day2. Session
 
■ 『CTO のための Security 戦略』 ウェブペイ 曾川 景介
 
決済サービスを運営する企業のCTOということで、ウェブペイ曾川さんからは、ユーザーのデータを守るための
実践的な内容と心構えについてお話いただきました。

 
特に、 /security ページで、しっかりセキュリティへの取り組みを公開することが大事というところは、
皆さんに響いたところなのではないかと思います。


 
こちらのセッションがきっかけになって、アンカンファレンスでセキュリティに関するディスカッションが
議題として採用されました。
 
 
■ 『Bay Area Startup Report』 アマゾンデータサービスジャパン 篠原 英治
 
私の方からは、先日出張で一週間働いてきたSan FranciscoのAWS Pop-up Loftの様子や、
その期間にベイエリアのStartupのCTO/エンジニアからいただいた質問やその回答の内容を紹介させていただきました。
PairyやCookpadの事例で海外のCTOをうならせる事が出来たというエピソードなど、
どこかで披露したい!と思っていたのでとても良い機会でした。

 
AWSのソリューションアーキテクトとして、少しでも皆さまのお役に立てればと思っておりますので、
引き続きよろしくお願いします!

 
 
■ 『エンジニアからCTOへ』 MonotaRO 安井 卓
 
FCバルセロナファンの安井さんは、壇上でユニフォームを着てのご登壇となりました。
slashdotやsourceforgeの開発というバックグラウンドを持つ安井さんが、
エンジニアから上場企業のCTOになった軌跡を熱いメッセージと共に語ってくださいました!

 
発表資料は↓こちらです。

 
 
■ 『会社としてのリファレンスコードを描く』 ユーザベース 竹内 秀行
 
CTO事件簿的なスリリングな出来事のご紹介も踏まえつつ、例えばアスペクト指向プログラミングといった
技術者としての竹内さんのこだわりといった部分もお話いただきました。

 
発表資料は↓こちらです。

 
 
■ コーヒーブレイク
 
↓のTweetが発端となり、


 
一時、ブレイク会場はマカロン奪い合い状態になりました。笑

 
 
Day2. アンカンファレンス
 
■ テーマ決め
 
今回は事前にFacebookグループでアンカファレンスのお題を投票しておいていただいた事で、
投票数の多かったテーマを1テーブル約10人でディスカッションしていただきました。

 

 
■ ディスカッション
 
今回も本当に濃いディスカッションだらけで、内容は公開出来ませんが、
日頃なかなか相談出来ないようなことを、CTO同士でぶつけあっていただきました。

 

 

 
■ 発表
 
発表時間を設けて、テーブル毎にどういうディスカッションをしたのか共有いただきました。

 

 
 
Day2. Party
 
■ 乾杯
 
乾杯のご発声は藤本さんにお願いしました。
元G社で働いていたCTOの皆さんが正座でお話を聞く、という一幕も。笑

 
というか、正座のまま乾杯。笑

 
■ 歓談
 
たくさんの方に料理美味しい!!というコメントをいただきました。

 
パーティーの最後に集合写真を撮らせていただきました!