“Straight Outta Compton” again w/ 丸屋九兵衛と仲間たちによる解説


ストレイト・アウタ・コンプトンは、日本の映画館で日本語字幕で観て(パンフレットも買って)、先日バンクーバーに行った際に行き帰り1回ずつ英語字幕で観て、とにかくこの先長い人生何度も観返すことになりそうな作品ですが、たまたまググってたら面白そうな本を発見しました↓

丸屋九兵衛が選ぶ、ストレイト・アウタ・コンプトンの決めゼリフ (SPACE SHOWER BOOKs)
丸屋 九兵衛
スペースシャワーネットワーク (2016-06-03)
売り上げランキング: 136,181

 
レビューを読んでたら、”まずはスペシャストアの在庫を確認するのがオススメ。「著者が、映画『ストレイト・アウタ・コンプトン』をリアルタイムで語り倒す!約2時間半の超長尺音声解説 by 丸屋九兵衛と仲間たち」ダウンロードカード特典が付き、非公式コメンタリーを楽しめる。”って書いてあって、思わずスペースシャーワーストアで送料600円くらい払って買いました。
 
さっそく特典のファイルをダウンロードして↓Amazonビデオで399円でレンタルしてバッツリ音のタイミング合わせて(何気にコレがなかなか上手くいかなかったw)、ガッツリ楽しみました。

ストレイト・アウタ・コンプトン (字幕版)
(2016-04-20)
売り上げランキング: 253

 
有識者ならではの情報がテンコ盛りでお腹いっぱい感ありますが、相当楽しめました。青春の貴重な時間を西海岸のヒップホップに捧げてしまった人なら必ず楽しめる内容になっていると思います。
 
個人的には、英語字幕で観てた時も思ったのですが、Suge Knightが”Bompton!”って言い放つところとか、随所にそれっぽい表現が出てくる映画で、ただそれをどうやってコンテキストが分からない日本人向けに翻訳するかとか、丸屋九兵衛ハンパねーなーっていう。特にPファンク周りら辺。
(最近Rap Geniusで最近の赤ギャングな人のラップのリリックの意味を追いながら聴いたりしてますが、Ghetto感ハンパねーなーっていうか内容あんまり無いのねとか思ってる後にNasのラップとか聴くとスゲーのなんのっていうか…)
 
それにしても、こんな立派な映画になっちゃうんだな、、ってガキの頃の自分じゃ想像つかなかったし、Fxxx tha Policeみたいのは10代だった自分には凄い響いたんだよな。。。
EazyとCubeがNYの”トンネル”っていう有名なクラブで和解するシーンとか再共演マジで聴きたかったなって思いますmm
そして、最後に【IN LOVING MEMORY OF ERIC ‘EAZY-E’ WRIGHT】って、デーンって出てきた時は毎回目頭がアツくなりますし、遠く海の向こうの少年の心もアツくしてくれたEazyには御礼を言いたいです。西海岸の彼らがいなかったら英語を好きになることもなかっただろうなって思ったりもしますし。Rest in Peace.
 

ストレイト・アウタ・コンプトン
N.W.A.
ユニバーサル ミュージック (2015-12-09)
売り上げランキング: 4,185

Vancouver Trip in 2016 Day7


バンクーバー滞在の最終日。
 
フライトは昼過ぎの便だったので、9時頃に起きて荷物整理して、出発までベッドでゴロゴロしながらテレビ観てました。あまり広くはないし、バスルームが隣の部屋と共用でしたが、住めば都的なヤツ。
DSC_0344
 
中野のFATBROSで買ったサングラスもヘビーに使い続けてボロボロになってきました。
2016-07-02 23.54.17
 
空港までは電車も数分に一本の割合で動いていて、30分弱くらい。便利。
DSC_0346
 
空港到着。
DSC_0347
 
早めについたのでオブザベーション的なところで。
2016-07-03 02.52.03
 
空港のジオラマ。
2016-07-03 02.52.59
 
水族館クラスの水槽があったりして。
2016-07-03 03.22.24
 
良い塩梅。
2016-07-03 03.23.56
 
さらばバンクーバー的な。
2016-07-03 02.50.53
 
飛行機は行きも帰りも1回ずつStraight Outta Comptonみました :)

ストレイト・アウタ・コンプトン ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2016-06-03)
売り上げランキング: 356

 
映画好きですが、まとまった時間を確保して3本とか観れる機会もそんなに無いし、ロングフライトも割りと苦にならないタイプです。
 
にしても、成田到着した暑いのなんのって…。そういえば、以前トロントに半年くらい滞在してて8月に帰ってきた時もこんな感じだったなと。。


 

Wow-Pillow (ワウピロー) J型トラベルネックピロー
J-Pillow Ltd
売り上げランキング: 839

Canada Day 2016 in Vancouver


午前中は博物館巡りをしてみることにしました。ホテルからVancouver City Centre Stationに向かう途中に会社のオフィスが入ってるビルがあるのですが、ココで働くのもアリかもなぁなんて思ったり思わなかったりしつつ、
2016-07-02 02.45.07
 
駅の販売機でDay Passを買って、バスを乗り継いで。バス停からバンクーバー博物館の方へ向かう道も良い雰囲気。
2016-07-02 05.43.22
 
到着〜


Explore Passをその場で見つけて買いました。コレを使うとMuseum of Vancouver, H.R MacMilan Space Centre, Vancouver Maritime Museumの3つの施設に入場出来る、と。
2016-07-02 03.19.40
 
■ バンクーバー博物館
 
カナダ自体がそんなに歴史が長いわけでもなく、先住民の紹介⇒イギリスが幅きかせてた時代⇒近代っていう感じの展示になっています。
先住民のアルファベット。
2016-07-02 03.35.11
 
一気に近代へ。チャイナタウンにはアンオフィシャルな町長がいた、とか。
2016-07-02 03.38.57
 
移り住んだアジア人は辛い思いをしたりもしてたんですね。
2016-07-02 03.40.29
 
やっぱり細かいことやらせると日本の人のスキルって当時も高かったのかな。
2016-07-02 03.45.24
 
アクティブな日本街があったんですねぇ〜
2016-07-02 03.46.55
 
以前、飛行機の中で見た↓の映画を思い出しました。

バンクーバーの朝日 Blu-ray 通常版
東宝 (2015-07-15)
売り上げランキング: 39,063

 
当時の人達はどういう心境だったのかなぁと思ったりします。
2016-07-02 03.50.44
 
さらに現代に近くなると、こういうのバンクーバーっぽいなって思ったりしました。
2016-07-02 03.52.19
 
 
■ ピアソン航空博物館
 
バンクーバー博物館と同じ建物の中に隣接。
2016-07-02 04.00.54
 
割りと子ども向け感ある施設ですが、プラネタリウムはガチでした(一日中いろんなプログラムがやってて、その中の1つを入場券で観ることができる)。
# が、暗くてリクライニングなシートで、途中から気持よく記憶を失ってしまいました…笑


 
 
■ バンクーバー海洋博物館
 
入場券みせたら、Canada Dayは無料で入館できたのにー、とのことでした。
2016-07-02 05.38.53
 
特徴的な建物。


 
太平洋をまたいで、横浜→神戸→香港とかって感じで航海する船。色んなエピソードが興味深い感じでした。
2016-07-02 05.14.32
 
コレとか楽しそうだったなぁ。
2016-07-02 05.32.21
 
中にSt. Rochという船が中に展示されているためこういう建物の形になってるのね、と。
2016-07-02 05.37.30
 
Rochは北極海を航海した船だけど、その隠されたミッション的な。
2016-07-02 05.34.45
 
 
■ 語学学校の友達たちとホムパ
 
キツラノのアパートに住んでいるブラジル人のイケメン、フェリペが、Caipirinhasというブラジルでポピュラーなカクテルを作ってくれてホームパーティーを開いてくれました。
2016-07-02 10.41.44
 
そんなに沢山飲んだわけではなかったのですが、とにかくカクテル濃くてイイ感じになってしまい、セルフィーもブレブレです。笑
2016-07-02 11.58.16
 
 
■ Fireworks @ Canada Place
 
テンション高まったまま、ダウンタウンに移動して花火を見にいきました。路上で1ドルで顔ペイントしてもらいました。
私もそうですが、夜の10時半とかからはじまるので(日没が9時半とかなので)、既に泥酔状態の人けっこう見かけました。笑
13589070_1105790179467249_818489522_o
 
ブダペストからきたハンガリー人の友達が手に入れたカナダ国旗なヤツ。
2016-07-02 14.52.26
 
なぜか語学学校のペットボトル持ってきたヤツがいた。笑
2016-07-02 14.32.16
 
花火は日本のモノと比べちゃうとちょっと迫力欠けるけど、キレイでした :)
2016-07-02 14.56.02
 
インスタにも上げたよん。

#CanadaDay :)

AZさん(@shinodogg)が投稿した写真 –


 
金曜がCanada Dayで祝日って知らず、語学学校の滞在は1日短くなってしまいましたが、それ以上に楽しかったので俄然無問題でした。にしても、花火の後のダウンタウンは凄い人でした。
2016-07-02 15.06.06
 
ウォーターフロントの駅。
2016-07-02 15.09.45
 
この日はクラブもエラい事になってた模様。さすがにガッツリ並ぶにはオシッコ我慢しきれなそうでした。笑
2016-07-02 15.34.08
 
最後はダウンタウンのハンバーガー屋さんでガッツリとコンボを食って〆ました。割りとそういう人みかけたので、日本人のラーメン的な間隔でハンバーガー食べる人いる模様です。
2016-07-02 15.31.52
 
いつもは11時を過ぎるとホテルのドアに鍵かかってて、インターホンで呼び出して開けてもらう必要があるのですが、この日だけは夜中に帰りましたが空いてました。Happy Canada Day 😀
 

LSI Vancouver Day4


今日でバンクーバーでの英語学習も最終日。
ホントに一瞬だったな、と。。午前中は雑談からはじまって、こちらのESL(English as a Second Language)スクールの事情について。
これから夏休みでピークシーズンということで、今は生徒が全員で120人くらいだけど、今週入学した人が30人、来週は50人以上になる、と(そして一週間しか滞在しないのって日本人くらいらしい。笑)。その為に限られたスペースを手を変え品を変えで、椅子買ってきたり〜っていうのを先生自身でもやらなきゃいけなかったりするらしい。
ESLスクールはバンクーバー市内に何十もあるので、地道に実績を積み上げていく必要があるけど、この学校は勤続20年以上のコア先生チーム、それに準ずるセミコア先生チーム、とかって感じなヒエラルキーになっていて、それとは別にディレクションやる人、庶務的な人っていう感じになってる。20年って凄いなって思うけど、ちゃんとした犯罪歴の無いホストファミリーをアサインしたり、学校来なくなっちゃう生徒に連絡するとか、そういうのも含めて頑張ってるよ、と。確かに教室の外でも学校の中は英語で話さなきゃダメとか、とにかく他の生徒とコミュニケーションをとりましょう、とか、クラスだけじゃない感じがよく出ていると思います。
そして、この一週間、午後のクラス+最終日の午前のクラスを担当してくれたKen先生は、なんと今日が最終出社日。リタイアしてバンクーバーを離れて〜っていう感じらしい。子ども夫婦が暮らすエドモントンにちょっとだけ住んで、その後はコンドでも買って気ままに暮らすそうで(一軒家で庭の手入れとか散々やったし、長期旅行とかいくときに鍵閉めるだけで出れるのがイイよねって)。経験豊富で、一つ一つの発言が丁寧で時にハートウォーミングで、生徒からとても愛されてて、Kenって書いた1番のアメフトのユニホームやメッセージ入りのノート(自分も短い間だったけど一筆書かせていただきましたー)を生徒からプレゼントされたり。
先生が強調してたのは、例えば大学のセメスターの間に短期で留学に来たとして、ビジネススクールに入るためにTOEFLとかガッツリやんなきゃいけなくなった時に生徒がまたここに戻ってきて勉強して旅立っていくっていうケースが多いらしくて、とても誇らしい、と。俺はもう退職するけどエイジもまた戻ってくるとイイよ的な。
でもって、自分だけでなく、何人かこの日が最後で卒業って人がいて、名残惜しさが満載な木曜日となりました。
 
そして会社との関わり方について。昔は北米の大企業は毎年クリスマスになると、社員の子ども全員にクリスマスプレゼントを送ったりした、と。クリスマスからニューイヤーにかけては、勤務日だけど会社こないのが黙認されてた的な雰囲気で、社員と会社との距離がとても近かった、と。今は20代〜30代の人の平均勤続年数がどんどん短くなっていてそういう雰囲気じゃなくなってるって日本も同じだな、と。。
アメリカの人達はサンクスギビングからクリスマスまで12月って今年一年お疲れさま〜的な雰囲気じゃない?って話したら、カナダはサンクスギビングがアメリカより一ヶ月早いらしく、クリスマスまではガッツリ働いてるよ、と。そしたら、ブラックフライデーとかサイバーマンデーとかどうなるの?ってきいたら、そういう文化を泊ってBoxing Dayっていう名前でそんなようなことをやってるのだそうです。

バンクーバーの若者は狭い部屋に住んでいて、車を持ってない人も多いと。クラスメイトのサンパウロからきたブラジル人は、公共の交通機関がとにかくイケてないから皆んな車移動とのこと。どこの都市でもいろんな住宅事情があるんだな、と。そして、ココでもAirBnBの話題。先生の友人が5階建ての工場をリノベートして、それぞれのフロアに5部屋ずつなアパートにしたら半分がAirBnBになってしまった、と。ゴミとか騒音とかの問題も多いらしく、他でもよく聞く話。
 
で、なぜか本とか電子書籍の話になって、先生なんとKoboをガッツリ使ってるユーザーだった。KindleよりKoboの方が好きだし、基本的にPDFとか諸々Koboのアプリで読むようにしてる、と。アプリについてるRのロゴの意味や、自分がトロントでやってた事とか、おー!そうだったのか!的なリアクションしてくれる人少ないのでなんだか嬉しくなりましたよ、と。笑
 
そして本題の新聞を音読してガツガツディスカッションしていく千本ノックみたいのを今日もまた。ちょうど前日にみたサッカーの試合が記事になってたので、そもそもどういうトーナメントなのか?ってとこからホワイトボード使って説明させられたりして、こういうのは日本でTOEICの勉強とかしてても出来ない経験だなと。
2016-07-01 02.08.26
 
先生は昔フットボールのセミプロだったらしいけど、怪我で辞めたそうなんだけど、カナダのフットボールとアメリカのフットボールではルールが違うんだそうで。アメフトのルールすらちゃんと理解できてないのにヤヤコシイ…。先生のお子さんはサッカーをやってて15歳以下のカナダ代表メンバーにノミネートされたりしたらしいけど、怪我してる間に遊びに目覚めちゃってって感じで、あーそういうヤツいたな〜って。。日本のことだと、カーリング強いねとか(カナダでは酒飲んで友達と一緒にプレーしたりするらしい。日本のボーリングとかとノリが近いのかな、、)、ソフトボールの女子ハンパないねとか、さすがに沢山の日本人を今まで教えてきただけあって、その辺の情報収集もしてるのね、と。
 
午前の授業が終わって記念撮影後に、


ランチはBoston Pizzaっていう割りとイイお値段するところでピザ&ビールしちゃいました。一緒にいったRenata(Oxitenoっていうブラジルの化学メーカーで働いてて、授業の合間はずっと仕事してた、、)が、最後だからねーってビール飲むあたりがさすがラテン系。1杯だけにしておきましたが。。
DSC_0332
 
午後のクラスはお題を与えられて、NYにあるジムのマネージャーを、この4人の候補者から選ぶとしたら?っていうのをチームに分かれてディスカッションして発表する、と。強烈なリーダーシップを発揮するスイス人の女の子がいて(かなり英語力高くて、あんまりこの学校で学ぶ事も多くないけど、学校の先生になるために一定期間外国で学ばないといけないっていう制約があるのだそうで、、)、ピリっとしまった議論ができて何よりでした。
授業の合間に近所のTim HortonsにTIMBITSっていう小さいドーナツ(50個入りで9ドルくらい)を買いに行って後半はあーじゃねこーじゃね言いながらカロリー高めな感じで。
DSC_0334
 
午前は先生1人+生徒2人でガッツリ集中して学べて良かったけど、午後は午後で色んな国からきた色んな人と色んな話しできて楽しかった。ここでも記念撮影してまたねー、と。でもって次の日はカナダデーで休みなので、Felipeっていうブラジル人の男前が、住んでるアパートでパーティーやるから来いよ!って誘ってくれて。
2016-07-01 08.07.35
 
卒業証書的なヤツとか、先生からのフィードバックとか嬉しいものです。
2016-07-02 06.47.49
 
夕方はお土産とかシャレオツなものを求めてひたすらダウンタウンをウロウロして。美術館が5時で閉まっちゃってピカソ展みれなかったの残念だったなー。
2016-07-01 10.20.14
 
なんていうか同胞の若者がギャスタウンのアレなところの道端で目赤くして吸いまくってるのみると、(昔だったらイイなーって思ったかもしれないけど)なんか寂しい気持ちになったりしました。その時間あったら勉強したりスポーツしたり、自分を高めるために使えばイイのに、、、とかってこんなところでツラツラ書くようになったら俺もオッサンになったなって感じだけど。。
↓この店、ナイスだったけど、ちょっと高いのと、白人の店員さんがモロなスラングを使ってくるのがなんかちょっとなって感じだったりしました。。


 
そんなこんなで、昼食ったピザとかドーナツとかが響いてアレだったので、夜はフォーに野菜追加してヘルシーな感じにしてみました。そう言えば、こういう状態の時はシアトルの出張でも大体フォー食いにいくなと。。笑


 
3日連続のジョギング。ホントに景色がキレイでいくらでもいけちゃう。もし、どっかに移住するとしたら?って言われたら、近所にイケてるジョギングコースがあるか?って結構大事なポイントかもなって思ったり。
DSC_0342
 
この日の移動はこんな感じ。
Screen Shot 2016-07-01 at 14.48.09
 
そう言えば、ふるさと納税でゲットしたiPad Pro(12.9インチ)をもっと活用したいなって思って、円高ってことでキーボートとペン買いました。税金高くてジャスト400ドル。日本で買ってもそんなに値段変わらなかったなって感じだけど…^^;

apple MJYR2AM/A iPad Pro Smart keyboard
Apple Computer
売り上げランキング: 26,288

 

Apple Pencil MK0C2J/A
Apple Pencil MK0C2J/A
posted with amazlet at 16.07.05
Apple Computer
売り上げランキング: 1,124

「CTOだったNight」にいってきました


渋谷のdots.で開催された「CTOだったNight」(http://eventdots.jp/event/591871)に行ってきました。
 
 
■ 主催の和田さん
DSC06408
今回の「CTOだったNight」を開催するに至った経緯や(ソーシャルでシェアした事を速攻で拾って人気イベントに結びつけた和田さんの影響力と、dots.鳴釜さんの実行力すごい…)、最近の和田さんが行っている、ご自身の今までの経験を踏まえた後発のCTOの育成や、ギタリストとしての活動状況について。
 
 
■ ビズリーチの竹内さん
DSC06410
CTOになるとマネージメント的要素が強くなる。リソースを使って事業を成功させるために現在はCTO職から少し離れて事業の推進に注力している。
– うまくいくCTOとうまくいかないCTO 10の違い –
技術力に長けた人、マネージメントに長けた人、バランス取れた人、、イロイロいるけど、最初の立ち上げ時は技術に長けた人が強い。CTOになる前に技術力を高めておく必要がある。
とはいえ、組織がある程度大きくなった時は人にある程度フォーカスできるような人間でないと。そしてエンジニアの人数が3ケタになってくると、ある種、悟りを開くような境地が必要になることがある(笑)
CTOは”技術x経営”っていう点においてはトップである。他の会社の同じような立場の人とコミュニケーションを取りながら良い物を取り入れながら物事を進めていかなければいけない。
希薄されても最終的にはある程度のストックを持てるように、そういった交渉をキチンとすべきである。
抱える人数によって役割は全然変わってくる。自分がやりたくないこともいっぱいやらなければいけない、、けれど、何があっても辞めない!という精神力。
 
 
■ BASEのえふしんさん
DSC06412
モバツイで、CEO/CTOをやっていた頃の振り返り。モバツイは150万人くらいのユーザーがいた。ペパボ在籍時にモバツイを作って、サービスが当たって、サーバーはAWSにするなど、コストがかかるようになったため会社を設立。
当時のAWSはEBSも無かったし、RDSが出てきたけど簡単に移行できるような状態ではなかった。IAMもなかったので後から入ってきた人にAWSアカウントを渡すのも難しかった。AWS運用をCTO自らやってしまうと、貴重の時間が取られてしまう。明日どういう方向に持っていくかが大事。コアコンピタンスは何かを考えなければいけない。最もやらなければならないことは、”自分より優秀な人を採用して育成すること”。
例えば社長は別の人にやってもらったり、既存事業は他のメンバーに任せて自分は新規事業に注力したり、自分で何でもやるのではなく、いかに組織を作っていくか。
BASEでは組織マネジメントに専念”コードを書かない宣言”。当然、自分でやったほうが早いことはあるけど。
 
 
■ パネルディスカッション
是澤さん、ささたつさん(今日はfreee Tシャツw)、田邊さん、高橋三徳さん。仕切りは和田さん。
DSC06417
・CTOを辞めた理由
・もしCTOをやり直すとしたら
・社長(経営)との関係性
・これからCTOになる人に伝えたいこと
かなり深く実践的なディスカッションだったので、詳細は割愛しますが、色んな経験をされている元CTOの方々のナマの声はなかなか聞けないと思うので、これからCTOを目指すような人には非常に参考になるお話だったと思います。実際にココ!っていうタイミングではラップトップのキーボードを叩く音が響いていました。
2016-07-04 20.57.07
 
2016-07-04 20.56.41
 
 
 
懇親会の様子は後ほどレポートしたいと思います :)
 

Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで-
荒木 靖宏 大谷 晋平 小林 正人 酒徳 知明 高田 智己 瀧澤 与一 山本 教仁 吉羽 龍太郎
マイナビ出版 (2016-06-10)
売り上げランキング: 24,403

LSI Vancouver Day3 + AWS Vancouver Office Day2 + サッカー観戦


朝っぱらからのTOEICの文法の難しい版みたいなヤツを60問も解かされて答え合わせしながら軽くディスカッション。こんなこと毎日やってたら、確かにそのうち英語得意になっちゃうかもなって気がしてきます…
 
先生はケベック出身ということで、ケベックに関する雑談をしていたら、以前Unstoppableっていう映画がありましたが、それのヒドイ版みたいなことがあったんだよ、と。
・石油を積んだ電車を1人の運転手が運んでいた
・エンジンが切れるとブレーキが効かない状態になる
・線路は運送会社が保持しているプライベートなもので他に使われることはない
・夜に運転手は電車を置いてホテルで寝ていた
・電車にボヤ騒ぎがあって消防士が沈下してエンジンを止めた
・ブレーキが解除された電車が走りだした
・そのまま街まで突進して夜中にヒドイことになった
↓の写真にその事件に関する記事のリンク貼っておきましたが、Youtubeに街の人がクラブかなんかから飛び出してきて撮影して上げた動画があったり(先生曰く、フランス語でFワードみたいのを連発してる、と…)もしています。
unstoppable的な
 
また、先生の地元は金鉱の街だったけど、金を掘ってた会社が倒産して、掘るための施設だけでなく、砂を放り込むための敷地とかも中途半端なままになってしまっていて、なんだかな、、とか。
goldmine_map
 
こういう実際にあった話しとかを知るのは語学の勉強云々は置いておいてナイスだなぁと。でもって、メール、レター、メモの書き方の違いとかやった後に、Legal Professionsについて。Employment, Intellectual Property, Product Liability,,,バンバン例文読みながら。アメリカは訴訟社会で、実際にアツいコーヒーをドライブスルーでももにこぼしちゃってって判例とか、独占禁止法の判例とか、今日もガッツリ脳味噌パンクしそうになったところで午前中の授業が終了。
 
お昼はPacific Centreまで行って、フードコートでパッタイ食べました。


 
午後の授業も興味深くて、バンクーバーの不動産価格の高騰について。
・一年の所得を100とした場合
・カナダでは一般的に33〜35が家のための支出になる
・トロントは不動産価格が高いので51
・なんとバンクーバーは90!!
カナダの平均世帯年収は$60,000くらいということですが、不動産価格高過ぎワロタ的な感じですね…。ちなみに今回止まっているYWCA Hotelはトイレが隣の部屋の人と共同でも1泊100ドルということで、東京と比べてもだいぶ高いのねーって思っていましたが、、。
他にも、海外の投資家がマンション買って住まずに、売るタイミングを見定めてて空き部屋率がハンパないとか、カナダの最低賃金は1時間10ドル45セントだけど、留学生とかをカモって7ドルで働かせてるところがあるとか、自然が豊かで、街がキレイで、平和で、一見とても良さそうな都市に見えるけど、そういう闇もあるのだよ、と教えてもらいました。
 
そして今度は世代間ギャップについて。TalentEggのFounder CEOのLauren Frieseのインタビュー記事を読んでからディスカッション。
・ミレニアルズはLazyとか、時間通りにこないとか、あんまり評判よくない
・でもデジタルには強いしITスキルある
・ミレニアルズを批判するベビーブーマーは2028年には定年になる
・オフィスは”less is more”じゃね?→全員分の座席を用意する必要なんてない
・9am to 5pm, Mon to Fri. それって so 20th century!
・子どもの幼稚園の送り迎えだけでなく、親をデイケアに〜とか日中も忙しいから、フレキシブルな働き方が必要
・人それぞれ事情は違うから、評価は結果だけ→ROWE:Results Only Work Environment
自分は割りと長いことサラリーマンやってて、イイとこもワルいとこもあるなって思ってるので、一概に彼女の言ってる事が正しいとは思わないけど、まぁそういう方向に向かってる事は確かなんだろうな、と。クラスの中では、9to5の仕事にして、オフィスから出たら完全にプライベートにして、5時以降と週末は完全に仕事から離れたいっていう意見が多かったですが。 
 
 
そんなこんなで、学校をあとにして、今日もAWSのバンクーバーオフィスに行ってきました。自分が担当してるお客様がヘビーに使ってるサービスのProduct Managerと会って、お客様からのフィードバックを伝えたり、今後のロードマップとか、実装に関することとか、いつもメールとか電話会議で結構時間かけてやっていることが、Face to Face+ホワイトボードになったとたんに30分くらいで片付いちゃったりするので、実際に会うの大事だなぁと。にしても、いろんなヤツから、”日本でデッカイOpportunityを作って俺を日本に呼んでくれ!”って真顔で言われたので頑張らないとなと。。
いくつか彼からステッカーもらってきたので、日本のお客様に配りたいと思います :)
2016-06-30 10.17.28
Developerたちの席に行ったら、昨日ランチで行ったGuuはバンクーバーで人気な日本料理屋さんらしく、日本人のお前が食べた感想聞かせてくれ!とか言われて、美味しかったよって伝えたら、喜んでました。笑
そう言えば、ongoing by Tim Bray · Amazonianにあるように、Tim BrayがAWSのバンクーバーにいるっていうのは知ってたのですが、彼の部屋は普通に会いにいったPMの隣にあって、分厚いJavaの本が置いてありました。残念ながら会議で会うこと出来なかったけど、なんかちょっとテンション上がりました。笑
 
 
オフィスを出たら、白いユニホームを着た人がウロウロしてて、どうもVancouver Whitecapsの試合がある、と。ググってみたら7時からってことで、オフィス出たのが6時15分くらいだったのでちょうどイイな、と。場所はBC Placeっていうホテルのすぐそばなので、一旦荷物をホテルの部屋に置いてからスタジアムに向かいました。
2016-06-30 10.33.50
 
先日のFC東京のゲームはど真ん中で観て良かったなーって感じだったので、ココでは(ちょっと高いけど)、Blueを選択。
2016-06-30 10.39.13
 
席は基本指定なのですかね?
2016-06-30 10.39.39
 
美味そうだったでPrime Ribなバーガー買いました。
2016-06-30 10.43.56
 
値段の割りに想像していたのはちょっと違ったかな、と。。
2016-06-30 10.57.27
 
ビールも小ぶりなヤツでしたけど、スタジアムの開放的な雰囲気で飲むと美味いのなんの。
2016-06-30 10.57.45
 
以前、滞在していたトロントとのゲーム。っていうか、4年前(もうそんな前か!)も、この大会の決勝でToronto vs Vancouverをトロントで観たんだった。笑
2016-06-30 11.07.19
 
皆んなちゃんと起立して歌ってました。
2016-06-30 11.14.35
 
応援団も数はそんなに多くなかったけど。
2016-06-30 11.17.55
 
試合そのものは、
・フィジカルは強いけど足元はみんなそんなに上手く無さそう
・点が入ったシーンもマーク甘いなって思ったし
・っていうか、試合始まって5分くらいしてからほぼ満席状態。観客は来るの遅いし、ハーフタイム終わっても戻ってこないしw
・ビールいかがですか〜?的な売り子さんは屈強な男だけでした
・ゴールキックを蹴った時に皆んな一斉になんか言うんだけど、なんだろアレ
・ゴールが決まると、その選手のファーストネームのアナウンスがあって、ファミリーネームをみんなで叫ぶ。んで最後にサンキューってアナウンスがあると、皆んなでユアウエルカムと叫ぶ
・トロントにはTsubasa Endohっていう日本人の選手がいた
 
で、もって、、1st legが1-0でトロントが勝ってて、2nd leg(このゲーム)の最後の最後まで2-0でバンクーバーが勝ってて、スタジアム全体はお祭りムードだったのに、ロスタイムでキーパーがファンブルしたボールを決められてアウェイゴールで優勝逃すと…。最後の最後で詰めが甘い..。Twitter見てたら、Away Goalとかいうシステムがクソだ!みたいな書き込みが多かったように思います。。
 
ってか、タイムライン眺めてたら魚眼レンズいいな〜とか思ったりしました。


 
そのままホテル戻って、着替えて走りにいってきました。
DSC_0326
 
気温も景色も最高。さっきまであの中に居たんだなーと。
DSC_0329
 
勉強して、サッカー観にいって、ジョギングして。充実した一日でした。
Screen Shot 2016-07-01 at 14.47.39
 

LSI Vancouver Day2 + AWS Vancouver Office訪問 + Vancouver AWS User Group参加


いよいよ本格的な授業開始っていうことで、9時開始の授業のちょい前くらいに行ったら教室のドアが閉まってて、ノックして入ったらブラジルからきたRenataという女性と先生がマンツーマンで授業をしてました。軽く自己紹介してたら、Renataはブラジルでメディカル系の企業でMarketingを担当してて、USでシンポジウムに出てからその足で2週間、朝8時から夕方5時までインテンシブにガッツリ勉強しにきたのよ、と。完全にガチなヤツ。発音はアクセントがキツくてちょっと聞き取りにくいんだけど、とにかく勢いとかハンパない。
 
新聞の切り抜きを音読して、コレ意味分かる?的な事を聞かれながらガツガツ際限なくディスカッションしていく形式。終わったらハイ次の記事〜感じで脳ミソフル回転でガッツリ疲れるヤツでした…。
 
休憩を挟んで先生が”すぐそこにLaw Courtがあるから今から行くよ。モバイルは持ち込み禁止だから教室に置いてってね”と。先生の家族は、先生以外は大体弁護士とか裁判官とかでソレ系に強いらしくて、今日やる裁判をプリントアウトして持ってきてくれました。
場所はホントに学校からすぐそこで、イケてる建物でした。
courthouse
この建物の地下はとても大きな法定になっていて、その昔は駐車場だったのだそうですが、1980年代に成田空港手荷物爆発事件でテロリストが捕まった後に彼らを裁く為に作られた、って先生が言ってました…。
この日は、ガッツリとしたセキュリティチェックを受ける必要がある大きめな法定で、先生が言うにはHells Angels(?)というギャングメンバーによるdrug dealingの裁判とのこと。裁判はじまって、容疑者の人入ってきた時に思いっきり睨まれておっかなかった、、、。弁護士から事件の概要の説明が長々とあって途中眠くなっちゃったけど、ホテルのロビーで麻薬取引をしたらしく、スーツケースにお金が入っていてそれがどうのこうの、と。どうやら論点は、そのスーツケースになぜお金が入ってると分かったのか?的なことみたいでした。どうもおとり捜査官がdrugをギャングから買ったらしい。
法廷の中入ったらさすがにスーツな人だらけだったけど、弁護士さんは↓こういう特徴的な襟な服着てました。さすがにイギリスみたいに被り物はなかったけど。
lawer cloth
次の裁判もDrug Sales and Gun Salesって言ってたけど、こちらは中国の人が容疑者で終始通訳の人が同時で裁判官の言っていることを口頭で訳して伝えていました。2009年に銃を売って、2013年にはコカインを売って、、みたいな感じで、ConcurrentとかSimultaneouslyとかって言葉がちょくちょく出てました。tryoutしたけどno addiction issueでどうのこうのみたいな事も言ってたけど、コレも全部は理解出来ず、、
 
教室に戻って、裁判の内容を振り返って、probative(証明できる)にするためにはxxとxxなエビデンスが必要だ、とか、こんな犯罪だと懲役x年だ、とかソレはソレで、なかなか普通の英語の授業じゃ勉強できないことだし、モロに実践的な内容だったので面白かったな、と。
 
先生はだいぶ日本が好きみたいで初音ミクが素晴らしいとか言ってるような感じだけど、ランチどこにしよっかなってクラスメートと話ししてたら、すぐ隣にあるGuuという店に行ってみて感想聞かせてくれ、と。
ガッツリ日本人の店員さんで”いらっしゃいませー”、と。
↓Royal Bento Boxを注文して$18だったのでチップいれて$20。今のレートだと1600円なわけだけど、お刺身も焼き魚も美味しいし、コレとご飯とお味噌汁でこの値段なら全然アリかな、と。


 
午後の授業は、今後定年は何歳になるか?的なディスカッション。午後のクラスの先生は今週末でリタイアする、と。そしてこのクラスにはフランスからきたジョアンミッシェルさん(昔NECで働いてたらしく東京にも来たことあるらしい)は定年後に旅行してまわってる的な感じで、リタイアおじさんの説教大会みたいになっちゃったけど、言ってる事は興味深くて、結婚や育児や介護っていうのがポイントになってくる、と。そんな中で驚いたのは、エクアドルの人もコロンビアの人もブラジルの人も、言ってる事は日本の人とあんまり変わらなくて、これからは高齢化が進んでいくはずで、だとしたら自分でガッツリ貯金できない限り60歳で定年はたぶん無理だと思ってて。但し、oldな人にjuniorなpositionは間隔的に任せづらい、とか。昔はcorporate ladderみたいのがあったけどねーって、ホントに日本でそういう話ししてるみたいな気分でした。
 
 
授業が終わってから、バンクーバーのダウンタウンにあるAWSの開発チームを訪問しました。学校から歩いて10分くらい。
 
ここでは、ブログには書けないけど興味深い話の連続で、そんなとこでそんな開発やってんのかよ!とか、バンクーバーでは本当にインターナショナルな人達が働いてるの目の当たりにしたり(これなら今の英語レベルでやれそうだなって手応え掴めたり…)、でも、どこいってもアマゾニアン(アマゾンで働いている人の事を中の人はこう呼びます)はアマゾニアンなんだな、と。
 
オフィスの一番イイとこから見える景色が最高で、
2016-06-29 09.18.34
 
窓際に机と椅子があってフリースペースになってるのでちょっくら仕事させてもらいました。(世界中同じパスワードで同じアクセスポイント名のWifiがあるのでとても便利)
2016-06-29 09.24.52
 
 
そして、そのままバンクーバーのAWSユーザーグループのMeetupに参加しにUnbounceという会社に行きました。歩いて数分のビルの4階。
2016-06-29 10.05.31
 
ピザじゃなくてヘルシーそうなフードでテンション上がります。
2016-06-29 10.06.22
 
美味しくいただきました♪
2016-06-29 10.08.49
 
QuickSightのPMのLuisさんと会えるのを楽しみにしてたのですが、残念ながらシアトルからリモート参加とのこと。
2016-06-29 10.15.18
 
いよいよMeetup開始。


 
今日のアジェンダの紹介とか、最近のUpdateの紹介とか。(最近のアップデートコーナーがあるのが事前に分かってたら俺やりたかったなと。。)
2016-06-29 10.29.50
 
一人ひとり自己紹介していく感じ。AWSユーザー企業とか、パートナー企業とか、フリーランスの人とか様々なバックグラウンドを持った人達の集まり。20〜30人くらい。東京でこのネタやったらスッゲェ人集まりそうだなって思うけど、、
2016-06-29 10.35.30
 
続いてAlanさんのAPI Gateway + Lambda + DynamoDBのデモ。Meetupが始まる前に話したらTriNimbusというAWSパートナー企業でソリューションアーキテクトやってるよって言ってて、バンクーバーではあんまりAWSのSAと話す機会ないから来てくれて嬉しいよって言ってもらえてほっこりしました(見た目ちょっと怖いけど^^;)
2016-06-29 10.40.41
 
LuisさんのQuickSightの紹介。
2016-06-29 11.04.13
 
Coming soon的な話しもチョイチョイ出てきて、知らないのもあったので楽しめました。そしてLuisさんの英語分かりやすい。
2016-06-29 11.24.06
 
自分のAWS Billing ReportをQuickSightに食わせて可視化するデモとか。
2016-06-29 11.33.36
 
いやー、東京リージョンでもQuickSightが使えるようになる日が楽しみですね。
2016-06-29 11.41.14
 
その後の懇親会は、自己紹介で東京からきたAWSのSAだよって言ったこともあって、色んな人が話しかけてくれました。こっちにきて、大体言われるのは、”片道10時間のフライトでわざわざ日本から着てたった1週間で帰っちゃうの?”ってヤツ。言われ続けるとそんな気分になってきて、カナディアンロッキーとかウィスラーとか行きたいよなぁ。シアトルもすぐ行けるよ?って言われたけど、それだと仕事感ですぎてアレだけど。笑
2016-06-29 12.32.34
 
ホテルに戻ってからジョギングにいきました。
橋わたって、
DSC_0318
 
公園マジ気持ちいい…
DSC_0320
 
カジノあったの知らなかった。
DSC_0322
 
今日の移動距離はなかなか良い感じ :)
Screen Shot 2016-06-28 at 23.32.01
 

LSI(Language Studies International) Vancouver Day1 + Classmethod Vancouver訪問


今回のバンクーバー滞在のメインの目的は、LSIという語学学校でビジネス英語を勉強することで、月曜から金曜までの5日間のはずが、金曜日(7月1日)はカナダデーという祝日ということで、4日間のお勉強ということになります。
 
学校は9時からですが、早めに学校着くようにテクテク歩いていきました。20分弱。
Screen Shot 2016-06-28 at 22.14.05
 
こっちのビルは、1階とかロビー階とかあんまり統一されていなくて、ビルの受付でLSI何階ですかー?って聞いたら、”1階だから階段使ってもイイかもね”と。1個上の階にいったらMって表記になってて、ココ1階じゃないじゃん、と。んでもう1階上にいったらようやく1階で、コレって日本で言えば3階じゃん、、とか思ったり思わなかったりしながら、受付に着いたら人がごった返してて、受付の人は明らかに名前も顔も日本の人だったけど、英語で話しかけてみたら、9時からオリエンテーションやるから待っててね、と。
 
しばらくすると先生っぽい人が誘導してくれて下の階に移動して、大きい会議室でようこそみたいな話があった後に、なぜか立ち上がってペアで自己紹介してみましょう的な。3回くらいローテーションして、ブラジルから来た人とか、スロバキアから来た人とか、ブラジルから来たノリノリやヤツとか、それはそれで面白かったです。そっからTOEIC的なリスニング+リーディング+エッセイが小一時間あって、合間に3人ずつ先生に呼ばれてインタビューがあって。”なんでバンクーバーで英語?”とか、”英語マスターしたら何したい?”とか、よくありそうなことをちょいちょい聞かれて終了。テストが終わって↓のグッズが配られた後に教室を案内してもらったり(6月27日に入学する人が30人くらいいるので2回にわけて…)、放課後のアクティビティはこのボードに貼り付けた紙で参加者募りますよーって教えてくれたり(木曜日に9ドルで自転車借りてグルっとするヤツ参加したかったけど、貼りだされた直後に速攻埋まったみたいで残念、、)
2016-06-29 14.17.07
 
午後のクラスの教室はここに後で紙貼るからそれみてねーってことでお昼休憩。昼飯は一緒のテーブルで自己紹介した人達とハンバーガー食べにいきました。


 
午後の授業は1時40分からで、1時半くらいに学校に戻ったら、まだ教室割り当てリストが貼られてなくて、聞きにいったら”おー、エイジか。ビジネスのクラスこっちだからおいで〜”と。ブラジル、エクアドル、コロンビア、スロバキア、ドイツ、、って感じの生徒のメンツでEmploymentに関する記事読んでディスカッション。面接の時に聞いちゃダメな質問って?とか、定年は何歳が相応しい?とか、AppearanceとPerformanceってどっちが大事?とか、それなりのキャリアな人達が集まってるので、べき論だけじゃなくて実践的な感じで面白かった。そんなに何かが勉強になるのか?っていう話もあるけど、とにかく話しまくるっていうのは日本語でもあんまり無いので良い機会なのかな、と。
 
4時に授業が終わって次の日の朝の教室割り当て表みたら名前がなくて、聞きにいったら、”イイ知らせがある”と。”午前中はエイジと同じくらいのレベルの人と先生1人に対して生徒2人のクラスに参加してもらうことにした”と。”金曜休みで4日間しかないから申し訳ないのでお値段据え置きで良いですよ”と。心よく快諾して、また明日ね〜的な。
 
一旦ホテルに戻って会社のメールをさばいたりしてから、クラスメソッドさんのバンクーバーオフィスを訪問しにいきました。ダウンタウンの中心地からほど近いビジネスなエリアにあるイカしたオフィスビルの中にありました。
2016-06-28 10.54.43
 
AWSのプレミアコンサルティングパートナー :)
2016-06-28 10.15.39
 
wavefrontというスタートアップのアクセラレーション施設的なところの中にあって、周りの会社も興味深そうなところも多かったですが、とても快適そうなオフィスでした。写真の横田さんは自転車通勤しててビルの下に駐輪場があるんだそうです。
2016-06-28 10.17.30
 
オフィスからの長めもイイし、
2016-06-28 10.51.00
 
コーヒー飲み放題だし、
2016-06-28 10.49.17
 
リクエストもできるし、補充もしてくれる、と。
2016-06-28 10.49.44
 
入り口にはお花が飾ってあったり、
2016-06-28 10.50.08
 
ピッチの練習できそうな会議室とか。
2016-06-28 10.51.48
 
晩ご飯はJoe Fortesという、横田さんが住んでるアパートの管理人さんオススメのお店にシーフードを食べにいきました。(堀○さんオススメのところは高そうだったので断念w)
いやー、しかしこのチオピーノめちゃめちゃ美味かった!


 
いろんな興味深いお話を聞かせていただきました。こうやって国外で濃ゆい話ができるってアツいな、と。
2016-06-28 12.18.30
 
そのままHastings通りをウロウロしながら、やけにマリファナ臭がしたり、なんかブツブツずっと独り言してる人とか、街の雰囲気が急にアレな感じになってきましたが、そんな中でシャレオツなお店を発見して、せっかくだからってことでDarby’s Gastownに入ってみました。
2016-06-28 12.54.50
 
Gastown Lagerをパイントでいただきましたが、美味かったな〜
2016-06-28 12.57.28
 
BCプレイスというスタジアムのそばをブラブラしながら帰ってたら、コストコみかけました。随分街の中心部にあるんだな、と。コストコのジャンクな食べ物好きなので、もし時間あったら食べにきたいな。
DSC_0312
 

Vancouver Trip in 2016 Day2


前日の夜はSoil&”Pimp”Sessionsのライブで舞い上がって、帰ってそのまま寝てしまったので、日曜の朝起きた時は完全にノープランでした。笑
“バンクーバー 一日 観光”とかってキーワードでググったら、All Aboutのバンクーバー旅行のモデルコースってページがヒットして、読んでたら良さそうだったので、参考にさせていただきました。ただ、ダウンタウン界隈は今回の滞在の中でも行く機会がありそうなので、「キャピラノ吊り橋→グラウスマウンテン→ロンズデールキー」っていう流れにしてみました。
 
まずは、Vancouver City Centre stationの切符売り場でDay Passを9.75ドルで購入。
DSC_0296 (1)
 
駅の目の前にあるバス停から。Microsoftのロゴが見えたりしました(滞在先のホテルの直ぐ側にもデカイMSのロゴのあるビルがあって、幅きかせてる感あるな、とw)。
2016-06-27 02.13.14
 
Highlandって書いてある246系統のバスに乗っていきます。
2016-06-27 02.13.30
 
途中で236系統に乗り換えると良いよ的な事をバスの運転手さんが行ってたんだけど、Google Mapsによると、近めのバス停から歩いた方が早いってことで、その指示に従って(いやー、本当に観光する時にGoogle Maps便利だな、と…)。
2016-06-27 02.42.36
 
Parkの中に入ると日本語のパンフレットがあったりして(全然読みませんでしたが…^^;)
2016-06-27 02.49.33
 
吊り橋が混んでたので、まずはCliff Walkの方に。普通にテンション上がるヤツ。
2016-06-27 02.56.09
 
こいつのお陰かぁ〜とか思ったりして。笑
2016-06-27 02.56.51
 
逆サイドから。
2016-06-27 02.57.41
 
途中、割りとおっかない所あったんだけど、皆さんココで大勢で誰も怖がったりせずに記念写真撮りまくってました。私はボッチのため、一枚だけパシャリして華麗にスルー、と。笑
2016-06-27 03.02.58
 
グルっと回るとCliff Walkの上に辿り着くようになってて、先回りして家族の写真撮らされてるお父さん的な人とかいました…
2016-06-27 03.08.18
 
そしてメインの吊り橋。人が歩けば歩くほどめちゃめちゃバウンスするのでえらいこっちゃでした(外国のお子さんってこういう時に手抜いたりしないな、と)
2016-06-27 03.10.39
 
途中、滝みたいになってるとこあってキレイでした。
2016-06-27 03.40.36
 
吊り橋の向こうもアスレチック的な感じになっていて、
2016-06-27 03.26.38
 
自然を感じつつ、楽しめました。犬連れてきてる人とかいたなぁ。
2016-06-27 03.29.20
 
下から見上げると迫力ある。
2016-06-27 03.36.27
 
そんなこんなでCapilanoを後にして、 Grouse Mountainに向かいます。Parkの入り口の目の前にある236のバスに乗って割りとすぐに到着。ここからはゴンドラに乗って山頂を目指します。ココではUltimate Experienceという、ゴンドラ+リフト+Eye of the Windっていう設備が利用できるパスを買いました。


 
ゴンドラ降りたら、マジ最高なパラグライダーやってる人がいました。向こうに見えるのは思いっきりバンクーバーのダウンタウン。
2016-06-27 04.34.13
 
ゴンドラを降りてブラブラ歩くと、今度はリフト乗り場へ。冬場はスキー場らしいですが、こういうの乗るとスノボーとかやりたくなるから不思議です。
2016-06-27 05.05.53
 
そのまま歩いていくと、風車な建物がでてきて、これの上にエレベーターで登って景色が楽しめます。
2016-06-27 05.19.22
 
雪がかぶってる山があったり、
2016-06-27 05.49.14
 
バンクーバーが一望できたり。
2016-06-27 05.51.09
 
スタンレーパークとかダウンタウンとか。
2016-06-27 05.52.18
 
これは絶景だったなぁ。どこの山か分からないけど。
2016-06-27 05.59.15
 
そんなこんなで下山して、236のバス乗ってロンズデールキーへ。昨日向こう側から見たとこだー的にテンション上がります。
2016-06-27 07.19.16
 
朝にバナナとヨーグルト食べたっきりだったので、フードコートのベトナム料理屋さんでチキンカレー。
2016-06-27 07.31.25
 
マーケットをチラ見してみたり、
2016-06-27 08.07.57
 
ファーマーズマーケットもやったりしてるみたいです。
2016-06-27 08.08.41
 
こんなんあったり、、
2016-06-27 08.17.34
 
そんなこんなでSeaBusに乗ってダウンタウンへ。
2016-06-27 07.19.45
 
フェリーっていうよりも名前の通りバスな感じしました。
2016-06-27 07.17.36
 
んま、それはそれで良い景色でした。
2016-06-27 08.34.21
 
結局この日は↓のように、かなり移動したけど9.75ドルしかかかってない。いやはや良心的。
・ダウンタウン→キャピラノ吊り橋
・キャピラノ吊り橋→グラウスマウンテン
・グラウスマウンテン→ロンズデールキー
・グラウスマウンテン→ダウンタウン
Screen Shot 2016-06-26 at 23.47.13
 
それにしても、とにかく日差しが強くて日焼け止めは塗ってったけど、帽子とかサングラス必須だったな、と。ホテル戻ったらグッタリしてしまってポップコーンとマンゴージュース飲んだら寝落ちしてしまいました。このまま寝ちゃうのもなんだかなと思って、夜の9時過ぎにホテル出発して5キロくらい走ってみたのですが、海沿いを走りながらみる夕焼けがとてもキレイでした。
DSC_0303

バンクーバー・カナディアンロッキー (ララチッタ)
ジェイティビィパブリッシング
売り上げランキング: 76,144

Vancouver Trip in 2016 Day1


毎年1週間会社からお休みをいただいて、学校に通って英語を勉強していますが、今年はカナダのバンクーバーにきてみました。
授業は月曜からですが、土曜日(6/26)に成田から他より安かったエアカナダで出発。現地時間は26日の朝9時半に着くので一日観光できます。そう言えば、いつもSIMカードどうするか?って海外に行くときは画策するのですが、今回はグローバルWIFIでモバイルルーターを借りる事にしました。


以前、エアカナダでトロントに出張に行った時は、ハーゲンダッツ出たり、夜中にカップラーメン出たりした記憶があるのですが、
今回は、夕食も朝食もとてもシンプルで、まぁ、コレでイイよねっていう。
 
バンクーバーの空港は以前ラスベガスに行った時にトランジットで使ったことがあったので、馴染みのあるところでしたが、一歩外に出てみるととても涼しくて(ついたタイミングがちょうど曇ってた)快適な感じ。空港からダウンタウンまでは電車で30分弱。何も下調べしてこなかったので、ラップトップ広げて何するかなって調べてたら、ちょうどVancouverのAWSユーザーグループのイベント(Fast and Simple BI with Amazon QuickSight)があって、それに申し込んだりしてたら直ぐに着いてしまって、何の予定も立ちませんでした。笑
DSC_0274
 
ホテルはYWCAというところをBooking.comで予約しました。YMCAの女性版って感じだと思うけど、普通に泊まってる人はそれなりの年齢の男性が多い印象です。
隣の部屋とトイレとシャワーが共用ということもあって、バンクーバーのダウンタウンの中にあるホテルとしては安いと思いますが、
それでも1泊約100カナダドルということで、急に円高になったのはありますが、7日間で6万円くらいするわけです。
日本だったら東横インとか泊まったら無料で朝食付いてきたりしますよね、、
んま、10時半くらいだったけど、部屋空いてるのでチェックインしてイイよって言われて荷物置かせてもらいました。
DSC_0276
 
チョロっと部屋でググッてから出発。取り敢えずダウンタウンを歩きまわってみることにしました。
基本的に道路は自転車フレンドリーになっててイイなぁ、と。
2016-06-26 04.51.48
 
チャイナタウン。ここからチョロっと行くとガイドブックとかでアノ辺には近づくな的なエリアになっていて、ちょっと様子見てみましたが、ホームレスな人や、それっぽいの売ってそうな人や、んま、事前に入手した情報通りなので、女性とかはあんまり近づかない方が良さそうですね。。
2016-06-26 04.56.57
 
観光地としても有名なガスタウン。
2016-06-26 05.04.24
 
街全体がとてもイイ感じなのですが、個人的にはそんなに立ち寄りたいお店が多かったわけでもなく、、
2016-06-26 05.06.10
 
そのままブラっとカナダプレイスの方まできてみました。
2016-06-26 05.22.17
 
コンベンションセンターではハーフマラソン(supported by アシックス)のレジストレーションがやってました。
2016-06-26 05.30.07
 
となりのイベント会場ではアパレル関連の企業があるまるJob Fairがやってて、”中入ってみてイイ?”って聞いたら、”もちろん!Good Luck!”って言われたのでブラブラしてみましたが、普通にNikeとかForever21のショップスタッフとかマネージャーとかを募集していて、ちょっと自分には厳しそうでした。。
2016-06-26 05.37.23
 
そして、カナダと行ったらTim Hortons!トロントではよく行きましたが、バンクーバーもスタバより沢山あってとてもポピュラーですし、馴染みのあるフィリピンの人の英語で個人的に注文しやすいです。
2016-06-26 06.06.53
 
そのまま海沿いをブラブラ、と。
2016-06-26 06.35.04
 
水上飛行機上があって、観光ツアーみたいのもありそうでした。
2016-06-26 06.40.22
 
たまに羽田空港に飛行機みにいくのですが、ココはずーっと離着陸を見て何時間も過ごせそうな気がします。笑
2016-06-26 06.42.15
 
休日のバンクーバーってこんな感じねーっていう一枚。
2016-06-26 06.47.53
 
俺も、もし将来まとまったお金をゲットしたりしたら、船欲しいなぁ。
2016-06-26 06.52.30
 
スタンレーパークのロストラグーンって池。
2016-06-26 07.29.28
 
ダウンタウンからちょこっと歩けばすぐこんなところにこれるってナイスだわ〜。
2016-06-26 07.26.55
 
公園を南下して、イングリッシュベイビーチまで。
2016-06-26 07.45.02
 
ライフガードの人がいて、海水浴してる人もいました。
2016-06-26 07.49.17
 
よく見たらアレ滑り台になってるのですね。
2016-06-26 07.46.00
 
こういう風に石を積み上げたの、いろんなところで見かけます。先住民の文化の紹介って感じですかねぇ。
2016-06-26 07.52.37
 
そのまま海沿いを歩いて行くと、こんなところにも先住民的なトーテムポールが。笑
2016-06-26 08.17.30
 
お高いのでしょうね、、
2016-06-26 08.23.24
 
こんなとこに住めたらナイスだな、、
2016-06-26 08.31.51
 
ホテルのそばのBCプレイスっていうスタジアム。
2016-06-26 08.58.58
 
ホテル戻ってTwitterみてたら↓こんなつぶやきを見つけて。Soil&”PIMP”Sessionsの人だ、と。


 
ググったら、夜にライブやるんじゃん!→ http://www.coastaljazz.ca/soil_pimp_sessions_2016 、と。
Screen Shot 2016-06-26 at 23.06.44
 
チケット買おうと思ったら売ってなくて、”Some tickets may be available for sale at the door.”って事でホテルを出発。Google Mapsで調べたらフェリーを使うのが早いってことで。BCプレイスの裏側のフェリー乗り場は工事中で道が塞がってて警備員さんにココ通れないよって言われたのでYaletownまで。
DSC_0287
 
小型のボートにキャプテンと俺だけ。
2016-06-26 12.18.12
 
Granville Islandで。カードの支払いできました。手前のボートが乗ったヤツ。
2016-06-26 12.32.14
 
小走りで会場きたら、、客の入りをみて追加で人入れるか決めるから待っててね、と。30分前時点で15人くらい並んでて、開始10分前に5人呼ばれて、演奏はじまってダメだったかな?って思ったらあと5人!コレが最後ね!って言われてギリギリ入れました。自分の後ろに並んでた夫婦は旦那さんがチケット買ったのに持ってくるの忘れちゃったんだよねーって残念そうな顔してましたが、、


 
ライブはガッツリ前の方で大はしゃぎさせていただきました!社長の煽りは言葉を超えて年齢バラッバラのバンクーバーのJazz好きなオーディエンスを思いっきり掴んでました。
2016-06-26 14.35.11
 
そしてDeath Jazz感。
2016-06-26 14.31.08
 
いやー、楽しかった。円高のこのご時世に35カナダドルでコレ見れたのはラッキーだったなー。
帰りはフェリーも終わっちゃってたので、ブラブラ歩いて帰ることにしました。
2016-06-26 15.17.29
 
23時くらいだったけど普通に女性が1人で歩いてたり、犬の散歩してたり、ジョギングしてる人もいたし、東京と変わらないくらい治安良いのですかね〜
2016-06-26 15.40.21
 
夜は涼しいし、景色もよくて散歩に最適 :)
2016-06-26 15.40.37
 
そんなこんなで、ホテルに戻ってきて、Google MapsのTimelineみたら初日からちょっと飛ばし過ぎたかな、と ^^;
Screen Shot 2016-06-26 at 23.28.24
 

バンクーバーに暮らす日本人からニッポンに暮らす日本人へ
滝沢 修
トラベルヴォイス新聞社
売り上げランキング: 894,410