Postgresの話を聴きにTokyo Rubyist Meetup at SalesForceに行ってきました

Tokyo Rubyist Meetupの“Postgres: The parts you haven’t found” with Peter Geogheganに行ってきました。

 
タイトルからしてモノモノしい感じですが、Heroku Postgresの話が主なのかと思っていたら、
実際はPostgreSQLの最新状況のキャッチアップしつつ、深イイ話の連続という、ナイスなセッションでした。
 
内容は http://postgres-parts.herokuapp.com/ にガッツリ載っていて、そのままな感じですが、いくつかピックアップすると、、、
 
■ generate_series(start, end, step)
集合関数。↓のような事が出来る。

postgres=# SELECT generate_series(1, 10, 2);
 generate_series
-----------------
               1
               3
               5
               7
               9
(5 rows)

 
■ Time/Date
SELECT now() – ‘1 week’::interval;
TimeZone付きだとtimestamptzとか。
 
■ hstoreっていうKeyValueなアレ
add keyはこうやってやるんだよ的なのとか。スキーマレスのクエリとか。
リッチなJSON datatypeがアレやコレやとか。(バイナリで〜みたいな話でした)
 
■ FullText Search
日本語みたいにスペースで区切られてない言語はどうなるの?って質問に対しては、
笑いが起こってました。。まぁ、そんなもんですよね。。
 
■ pg_stat_activity, pg_stat_statements
この辺の監視とかは重要ですやね。
 
 
そして、そのまま懇親会。

 
発表者のPeterさんとイロイロ話してみました。
– PeterさんはHerokuにJoinしてまだ6ヶ月。
– オープンソースの活動が評価された入ってきたので、今も会社公認でオープンソース活動してるよ、と。
– アイルランド出身だけど、今はカナダのバンクーバーに。チームは一箇所じゃないけどみんな同じタイムゾーンにいる。
– Rubyでテストコード的なの書いたり、Continuous Deploy的な事もしてる。QA外注とかはしてない。
 
他にも、仲良くなった人曰く、
今日の内容はとても良かったけど、ActiveRecordから今日紹介されていたようなマニアックな関数は叩けない、と。
んま、それはそうだな、、とか思ったりもしつつ、KVSとかサーチとか、他との境界線があいまいになってきてるな、と。
(とはいえ、餅は餅屋的なところはあったりするでしょうけれど…)
 
仕事が溜まってたので二次会は行かないで帰ってしまいましたが、
英会話学校に行くくらいなら、ここで実践的な話した方が為になるし、楽しいし、
個人的には職場の同じチームの先輩が、ここでも幅を利かせてるんだっていうのを知って
刺激を受けたりと、とても有意義な機会でした。

昔はSlony-1とか、Ludiaとか、泥臭い運用とか(バキュームとか、、)やってましたが、
最近はPostgreSQLからはめっきり遠ざかっていて、どうかなーと思っていましたが、参加できてよかったです。
 
素敵な会場、懇親会のスポンサー、そして何より濃ゆいプレゼンテーションをご提供くださった
Herokuの皆さん、ありがとうございました!!
 

HerokuではじめるRailsプログラミング入門
掌田 津耶乃
ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング: 123,032

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする