[新版]バフェットの投資原則―世界No.1投資家は何を考え、いかに行動してきたか


[新版]バフェットの投資原則―世界No.1投資家は何を考え、いかに行動してきたかを読みました。

本田宗一郎とか、松下幸之助とか、いわゆるカリスマって、
独特っていうか、一本筋が通ってるっていうか。

なんだろね。やっぱすごい人なんだなって。
難解な金融工学とかバッサリ。

こういうの読んでると、自分を捨ててまで会社にしがみつくことないし、
自分の信じた道をいけばいいって思えてきます。

これ読んでて思ったのは、バフェットは貯め込むのは好きだけど、
使い込むのは別に好きじゃないっていう。

欲にまかせて投資の世界で暮らしても、
勝ち目なさそうだな、とか思ったり思わなかったり。

やっぱり、これだ!って会社みつけて、
ずーっと持ち続ける作戦が一番有効みたいです。

これだ!ってのは、会社四季報に載ってる情報だけじゃ
判断できないのなんて、当たり前で。

もう少し、今までとは違う視点で、投資について考えてみようと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 三井住友FG出資も バフェット仁王立ち

    オツカレです。

    GMの連邦融資

     のときも感じたのだがアメリカの国民性として負けるということに関して過敏な反応をする。

    今回の三…