ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録

ザ・ラストバンカー 西川善文回顧録
西川 善文
講談社
売り上げランキング: 714

ザ・ラストバンカーを読みました。
 
コレは激アツ。
自分の中では一年に数冊出会えるかくらいグッときた本。
 
いろんな歪みのあった激動の日本経済のド真ん中を、
自分の信念曲げずに使命感を持って駆け抜けた苦労人の回顧録。
 
この本は、表紙の写真の表情も何とも言えない凄みがあるし、
“逃げたらあかん!”とか、”不良債権と寝た男”とか、帯も煽りまくりなわけ
なんですが、中身はもっと俄然アツいぜって感じで。
 
自分は銀行員でも何でもないですが、もしそうだったら、
“日本の銀行員ナメんなよ”くらいな感じで奮い立っちゃうのかもなぁとか。
 
自分は2012年1月現在で、32歳なのですが、自分が生まれる前の、
高度経済成長って順風満帆だったのか的な印象だったのですが、
んまぁ、それはそれでイロイロあったのねぇと。
学校で習った社会の授業よりも、こっちの方が俄然グイグイ引き込まれる感じでした。
 
金融とか、一般庶民からすると割りとベールに包まれたようなところでも、
ゴールドマン・サックスからの融資の話とか、”結局は人と人”みたいなところが
随所に溢れてて、それでイイんだよなーと、スッキリしました。
 
郵政の件は志半ばで無念っていうか、チクショー!ふざけんな!!って感じですが、
物事を進めていく上で、ズル賢い政治力とか、そういう能力とかそういう側近的な人が
いるとか、そういうのも大事なんだろうなとか思ったりして。
 
にしても、責任感とか主体性とか、絶対に逃げない姿勢とか、ハンパない。
私利私欲云々もアレだけど、あんまり小さい事ばっか言ってないで、
微力ながらも、自分ももうちょっと頑張らないとイカンなぁと。
そんな風に思わせてくれる一冊でした。
 
いやー、この本は巡りあえてよかった。ほんとに。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中