Spring BatchでActiveMQからJmsTemplate使ってデータを取得

先日書いた↓は、SpringMVCを使ってActiveMQにキューイングする処理でしたが、
SpringのJmsTemplateを使ってActiveMQにキューイング | shinodogg.com
今日は、MQからバッチでデータを取り出す処理を実装してみます。
 
■ Spring Batch
Spring Batchについては今までちょいちょいブログ書いてきましたが、
今日動かしたら以下のエラーを出力して動きませんでしたw
まぁ、要は管理テーブル既に作っちゃってあるから、エラーだぜぃと。
そんなもんイイ感じに、、って思いますが、対応します。

2011-09-21 16:47:04,679 ERROR [org.springframework.batch.core.launch.support.CommandLineJobRunner] - 
org.springframework.beans.factory.BeanCreationException: Error creating bean with name 'org.springframework.jdbc.datasource.init.DataSourceInitializer#0': Invocation of init method failed; nested exception is org.springframework.dao.DataAccessResourceFailureException: Failed to populate database; nested exception is org.springframework.jdbc.datasource.init.ScriptStatementFailedException: Failed to execute SQL script statement at line 1 of resource class path resource [org/springframework/batch/core/schema-mysql.sql]: CREATE TABLE BATCH_JOB_INSTANCE  (  JOB_INSTANCE_ID BIGINT  NOT NULL PRIMARY KEY ,    VERSION BIGINT ,    JOB_NAME VARCHAR(100) NOT NULL,   JOB_KEY VARCHAR(32) NOT NULL,  constraint JOB_INST_UN unique (JOB_NAME, JOB_KEY) ) ENGINE=InnoDB

 
SpringのJDBCのドキュメントみてくと、12.9 Initializing a DataSourceってところに、
割とドンピシャな記述が出てきます。

However, to get more control over the creation and deletion of existing data,
the XML namespace provides a couple more options.
The first is flag to switch the initialization on and off.
This can be set according to the environment
(e.g. to pull a boolean value from system properties or an environment bean),
e.g.

<jdbc:initialize-database data-source="dataSource"
    enabled="#{systemProperties.INITIALIZE_DATABASE}">
  <jdbc:script location="..."/>
</jdbc:initialize-database>

 
スタックトレース的にもDataSourceInitializerってヤツがこの辺を解釈してホゲホゲしてそうなので、
JavaDocみてみると、setEnabledってメソッドがあって、
こいつが最初にアレやコレやするのを制御してるみたいです。

public void setEnabled(boolean enabled)
Flag to explicitly enable or disable the database populator.
Parameters:
enabled - true if the database populator will be called on startup

 
ということで、falseにして流したら大丈夫になりました。

<jdbc:initialize-database data-source="dataSource" enabled="false">
    <jdbc:script location="${batch.schema.script}" />
</jdbc:initialize-database>

 
■ module-context.xml
Spring BatchではJobとStepをXMLで組み合わせて処理を動かすわけですが、
STSでSpring Batch Project作った時に出来るサンプルジョブの定義を拝借して、
以下のように定義しました。

<batch:job id="jobFromMqToMySQL">
	<batch:step id="step2"  >
		<batch:tasklet transaction-manager="transactionManager" start-limit="100" >
			<batch:chunk reader="mq_reader" writer="updater" commit-interval="1" />
		</batch:tasklet>
	</batch:step>
</batch:job>

mq_readerってのがMQから読むヤツで、

@Component("mq_reader")
public class MQReader implements ItemReader<String> {

updaterってのがMySQLを更新するヤツ。

@Component("updater")
public class Updater implements ItemWriter<Object> {

 
■ launch-context.xml
以下のようにJMSの定義を設定します。コレはWeb側(SpringMVC)の設定が使いまわせて、
必要なMavenの定義とかも同じ感じでイケます。

<bean id="jmsFactory" class="org.apache.activemq.ActiveMQConnectionFactory">
    <property name="brokerURL" value="tcp://localhost:61616" />
</bean>

<bean id="jmsTemplate" class="org.springframework.jms.core.JmsTemplate">
    <property name="connectionFactory" ref="jmsFactory" />
    <property name="defaultDestinationName" value="TestQueue" />
</bean>

 
■ アプリケーション
SpringMVCと同様にJmsTemplateをアノテーションでインジェクションしてやって、
MQからJSON文字列取得してバリューオブジェクトに戻してやります。
#シリアライザブルなバリューオブジェクトってそのままMQ突っ込めそうだけど、
#その辺は @atushi がイイ感じやってくれるかなと…w

@Autowired
private JmsTemplate jmsTemplate;

public String read() throws Exception {
    String jmsStr = (String)jmsTemplate.receiveAndConvert();
    Hoge hoge = (Hoge)JSON.decode(jmsStr, Hoge.class);
    System.out.println("HogeStr : " + hoge.getHogeStr());
    return hoge.getHogeStr();
}

 
■ 動作確認
ActiveMQ立ち上げて管理画面表示

 
SpringMVCのWeb画面からのリクエストでキューイング

 
ActiveMQの管理画面で↓こんなグラフが見れたりします。

 
バッチジョブ動かしてやって処理がちゃんと動くの確認して、

2011-09-21 16:40:59,948 INFO [org.springframework.batch.core.launch.support.SimpleJobLauncher] - 
2011-09-21 16:40:59,964 INFO [org.springframework.batch.core.job.SimpleStepHandler] - 
HogeStr : aaaaa
2011-09-21 16:41:00,188 INFO [com.shinodogg.Updater] - 

 
MQの管理画面的にもキューイングされてたの、全部取り出されましたよ的な。

 

Androidアプリケーション技術者認定試験 ベーシック対策実践問題集
Androidアプリケーション技術者認定試験対策委員会
日経BP社
売り上げランキング: 76547

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中