アクセル・ローズ ガンズ・アンド・ローゼズ外伝

アクセル・ローズ ガンズ・アンド・ローゼズ外伝を読みました。

確か、小学校から中学校に上がるくらいだったと思う。

BURRN!って雑誌をはじめて買って。
取り上げられてたガンズとモーターヘッドのCDのジャケがかっこいいなって思って、
近所のレコード屋で買った。

モーターヘッドにはそんなにハマらなかったけど、
ガンズにはドハマリした。

別に英語が分かるわけでもないし、
ロックに関する知識なんてコレっぽっちもなかったけど、
彼らのイカしたビジュアルと、アクセルの甲高い声と、
んで、何よりスラッシュのギターがグッときた。

当時Xジャパンとかも聴いてたけど、
CD聴いてて、明らかにスラッシュのギターの音は、
弾いてる~って感じしたし、ぶっとく聴こえた。

そんな多感な頃からずっと好きだったバンドに関して、
(もちろん雑誌やWebからの前提知識もあったけれど)
ここまで嫌な言葉が並べられ続けるのも無いよなっていう。

ほんとにガンズが好きな人は、読まない方が幸せです。

しかも、すっげぇ分厚くて長いし。
似たようなエピソードが延々と続きます。
# 2週間くらいずっとこの本読んでた気がします。。

でもまぁ、こんなアクセルじゃなかったら、世界中の人たちを
あそこまでひきつける事もなく、もし、そうじゃなかったら、
俺はスラッシュのギターの音にも出会うことができなかったんじゃないかとか思うと、
みたいな強引な結びとしてみますw


もちろんCHINESE DEMOCRACYだってBOXSETで買ったし。
だけど、もっかいオリジナルメンバーで・・・なんて世界中で何千万人も思ってるか。。

アクセル・ローズ ガンズ・アンド・ローゼズ外伝」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中