【12-A-4】 Eclipse-Way :分散アジャイル開発のためのプラクティス | 藤井智弘 氏

普段使ってるEclipseがどんな感じに開発されてるのかっていう、
もうちょい突っ込んだところが聞けるのかな、なんて淡い期待をもっていたのですが、
どこまでが製品の宣伝で、どこまでがアジャイル開発の事例なのかよくわからず、
不覚にも半分くらい寝てしまったセッション・・・。

エリックガンマがプロマネコミッティにいるくせに、ガンガンコード書いてるっていうのに
興味をおぼえたくらいで、他はあんまり印象が薄くて。

上流から下流までを全部担当するチームとして、組織を分割して、
それぞれが足ひっぱっちゃわないように、うまいことやりましょうっていうセッションだったと思うのですが、
パッケージ製品を作るのであれば、それでもいいのかもしれませんが、
どっぷりモロにビジネスの領域だったら、それって難しかったりしないのかな、なんて。

http://jazz.net/
↑ここで今開発中の製品の生の状況がみれるらしい。
(OSS的な全部公開~っていう開発プロセスでやってるそうです)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中