奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録

奇跡のリンゴ―「絶対不可能」を覆した農家・木村秋則の記録を読みました。

読んでくうちに、全身に鳥肌がブワーって立つ瞬間が何度もあって。
感動しました。最高の一冊。

リンゴうんぬんも、もちろんあるけど、そんな次元ではなく、
すっげーメタなレベルで、自然との共存っていうか。

ケミカルに頼れば、実だけはでかくても、根っこなんてショボくなっちゃうし。
生き物が育つ上で、栄養が偏ればどうなるかっていう。

昔、福岡正信の「わら一本の革命」を読んでグサっときたんだけど↓ 
2005年01月17日に書いた日記(その頃はブログって言葉使ってなった)
その頃も、結局そういうことだよな、なんて思いつつ、自分は思いっきりジャンクな暮らししてました。

明日からなんか暮らし方が変わるとか、なさそうだけど。
作られた公園とかじゃなくて。そういうとこ、いきたいなぁ。

自然は、ものすごく複雑にいろんなものが絡んでるから、
ひとつ何か出来事があっても、それが直接結論に結びつくことはなくて。
そして、ものすごく絶妙なバランスで成り立ってるから、
自分が仕事でやってるみたいに、スパゲッティみたいなif文やtry catchのネストなんかで、
到底扱える代物じゃない。っていうか、そういう発想自体がそもそも。

実は木村さんは若い頃、川崎で経理屋さんとして働いてて、
IBM製のコンピュータ(パンチカードで命令するやつ)を使ってたそうだ。
バイクとかトラクタのエンジン改造したりとか、
元々自然の中で育った仙人みたいな人なわけじゃない。

年齢だって、自分のオヤジと変わらない。
無農薬栽培がうまくいってなかった頃は、東京に出稼ぎにきて、
ホームレス同然の暮らしをしたりしてたそうだ。(世の中バブルだったのに)

そして自然と向き合って、リンゴの無農薬栽培がうまくいきはじめて。
木村さんは、いつも明るくて笑顔な人らしい。

そんなエピソードを読み進めながら、
自然に生かされてるだけじゃない。
人も人に生かされてる。

ものすごく色々考えさせられます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中