バカをみない投資の極意

バカをみない投資の極意を読みました。
2時間くらいでブワーっと読める本です。

今までの日本の経済を振り返って、本質を見極めろ!っていうノリ。
いつも庶民がバカをみるんだ的な話とか、バブルの時の話とか。
ベトナムの話とか、この本に書いてあることが全てだとは思わないけど、
そんなもんなんだろうなぁっていうのも。

感想としては、何も考えないで、のほほんて暮らしてると、
ちょっと欲が出たときに、ヤラれるなって。

1.欲深くなくのほほんと生きる
2.ズル賢く欲深く生きる
3.貪欲にガッついて生きる

自分の中では、1.と2.の中間くらいでいたいなって思いがあって。
別に、そーんなに金持ちじゃなくても全然いいから。
食うのに困らない程度に、子どもが大学行きたいって言うときに~とか。
なんとなく3.はあんまり惹かれない。

でも、金の話ってなんか、きったないっていうか。
別に投資の話だけじゃなくても、社会人生活やってれば、
え?って思うことだってあるし。

何言いたいのかよくわかんなくなってきたけど、
客観視っていうか、第三者的視点っていうか。
ポイントはそういうとこなんじゃないかと思います。
踊らされるのは音楽にだけでいいんじゃないかと。

あとは、必要最低限の知識と、好奇心。
知識は、それが仕事ならおのずとついてくるもの。

次の転職は2~3年後、外資金融かなぁとか。

バカをみない投資の極意」への3件のフィードバック

  1. 一回欲にまみれると、それを洗い流すのに大変な苦労をする。。。
    なんか思いっきり疲れるし。
    そんなわけで私はできるだけ無欲でいたいなー。
    まぁ、そんなことも言ってられないのだけれども。
    >踊らされるのは音楽にだけでいいんじゃないかと。
    まったく同感です。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中