バンコク&アユタヤ – Feb 16, 2019

大学院の交換留学でサシン経営大学院に来ていて、そのすぐ隣にあるドミトリー的なところに滞在していましたが、帰国前日の土曜日に時間があったので、VELTRAで予約して、バンコク3大寺院とアユタヤ遺跡を一日で回れるツアーに申し込みました。

VELTRA

滞在しているCU iHouseは、送迎ホテルの対象外(んま、ホテルじゃないのでそりゃそうか)ということで、Mandarin Hotel Managed by Centre Point(マンダリンオリエンタルではない)が最寄りっぽくて、ブラブラっと歩いていきました。歩道橋があるところはイイけど、たまに難易度高い(バイクが縦横無尽に突き進んでくる)ところがあるので最後まであんまり気が抜けなかった感じ。

DSC01777

7時半集合で15分前にはついていたのですが、ガイドさんがホテルのロビーにきたのは7時40分過ぎ。

時間厳守です!的なことが書いてあったので、少し不安になったものの、事前に調達してたSIMカードが電話番号および通話もついてるものだったので、こういう時に安心感があるというか。こっちで使ってたAndroid端末にこっち用のLINEアカウント作った時もSMS認証が出来て役立ちました。

ツアーの参加者は8人で、ガイドさん+ドライバーさんという10人。車の中は特に寒すぎることもなく、快適に過ごすことができました。

ということで、まずはバンコク市内から。チャイナタウンを抜けて川沿いへ。車を降りてボート乗り場へ。

DSC01778

以前来た時はツアーなどは使わなかったので自分で切符買ったりして面倒だったけど、今回は楽ちん。

ワット・アルンに近づいてきました。

DSC01784

そう言えば、このツアーは各所で写真撮ってくれました📷

DSC01788

三島由紀夫の小説の舞台になった、というのはガイドさんの説明を聞いて知ったくらいの感じですが。

DSC01794

タイの他の寺院と雰囲気が違うなんとも趣きのある感じで。

DSC01805

川の向こうの景色もキレイでした 🙂

DSC01801

10バーツのコインに描かれてることもあって、とても雰囲気のあるところでした。

DSC01826

再びボートに乗って渡ってきた川を戻ります。キャプテンはカメラ目線w

DSC01827

少しだけ車に乗って王宮ことワットプラケオへ。

かなり遠くの駐車場に車をとめて5分くらい暑い中を歩いていくと、ゲートからして凄い人、、、。それでも先週の中国の旧正月の時より良い方なんだそうな。

DSC01831

まぁ、入ったら入ったで、自分こういうところ好きですね。

DSC01839

なんというか、非日常、且つ、日本にはあんまりない感じの雰囲気。

DSC01848

ギラッギラしてる感じもイイ。

DSC01850

アンコールワットのジオラマなんだとか。

DSC01855

金ピカなやつ

DSC01863

メインのエメラルドブッダは写真とか撮っちゃダメな感じだったけど、そもそも小さくて遠めからしか見えませんでした。

にしても、凄い人だったな、、

DSC01876

平日でも混んでるそうですが、見どころ満載なので、一度は行っておくとイイのかな的な。

DSC01873

こういう自然や動物と共生なのがチョイチョイあるところも好き。

DSC01881

もちろん、金ピカでギラついてるのも。

DSC01887

迎賓館的な建物。

DSC01888

オッサン一人でも写真撮ってもらってありがとうございます📷

DSC01892

また少し車に乗って、有名なワット・ポーへ。

まずは頭から。

DSC01895

紫のお花がキレイだったり。

DSC01898

確度によって表情が違ってみえますね。

DSC01899

そして、テッパンの足の方からドーン

DSC01910

かなり混み合ってて良い角度を確保するのも大変でした、、

裏からも。

DSC01915

後頭部。薄くなったりっていう概念は無いのでしょうかね、、笑

DSC01922

そんなこんなで11時半くらいにプライムホテル セントラル・ステーションの12階のビュッフェに到着。凄い勢いで中国系の団体さんがガッサーってやってたけど。笑

DSC01925

果物美味しかったです。

イイ景色だったなぁ。ってかCU iHouseも26階までいけば絶景が見えたのだろうか、、

DSC01934

ここから小一時間車に揺られてアユタヤへ。ほぼ寝てたので一瞬で着いたイメージ。笑

ワット・ロカヤスタは駐車場が目の前で一番暑い時間帯にはありがたいというか。

DSC01943

なんとも言えない感覚になる。

DSC01945

タイの遺跡にハマる人の気持ちが分かるような気がする。とは言え、何百年前にタイ(アユタヤ)とミャンマー(ビルマ)が戦争してたんだなぁ、と。

DSC01947

手前の金ピカは現地で金箔買って貼れるようになってました。

DSC01966

ここでも写真撮ってもらったけど、全部他の人が入ってた。笑

1枚目。

DSC01938

2枚目

DSC01939

3枚目

DSC01940

続いて、アユタヤ王朝の王宮のワット・プラシーサンペットへ。

凄い迫力。

DSC01983

思わず(?)合掌

DSC01973

アー写とかにイイんじゃないですかね。

DSC01996

遺跡感があってよい。

DSC02012

ガイドさん分かりやすく説明してくれて、その場ではフンフンと頷いてたんだけど、すぐ忘れちゃうもんですね…笑

DSC02019

そして、ワット・マハタート。いろいろ謎らしいけど、とても珍しく、狙って出来るようなものではない、と。

DSC02033

ここでも合掌

DSC02027

アユタヤの仏頭はほぼ失われていて、頭がついているものは復旧したものだそうで。

DSC02041

仏教徒でもなんでもないけど、仏像を壊したりする感覚は分からないな、、、。それともそうでもしないと食ってけない感じだったのかな、、

DSC02046

仏頭重要。

DSC02045

車に乗って水上マーケット方面へ。

DSC02050

400バーツ払ってこの象に乗りました。結論から言うと乗った後に後悔した。

DSC02055

ゾウに対するリスペクトが感じられないというか。お金稼ぐための道具でしかないといったような印象。ずっとケータイいじってたし、この人。

DSC02062

写真撮ってやるからチップよこせとか言うし、ネックレスとか売りつけようとしてくるし、、

とは言え、象に乗れたこと自体は貴重な経験だったかな。結構揺れるので腹筋きました。

DSC02075

狭いところに押し込められてる感。

DSC02079

そう言えば、ゾウ降りた後に、虎と一緒に200バーツで写真撮れるとか言われたけど、無いわぁ〜、といか。

DSC02082

最後にワット・ヤイチャイモンコンへ。

上まで登ると、井戸みたいな穴。

DSC02092

やっぱり仏像はこうじゃないとね、、

DSC02087

雰囲気あるところでした。

DSC02097

小ぶりなコレをコピーしてワット・ポーのヤツを作ったそうです。

DSC02102

足の裏にコインを埋め込んでる人たちがいました。笑

DSC02107

そんなこんなでバンコク市内に戻ってきて、他の人と一緒にホテルで降ろされましたよ、と。プロンポン駅って言われたのかと思ってたら、Hua Lamphongだった。違い分からんがな。笑

ブラっと歩いてCU iHouseまで戻りつつ、隣のセブンイレブンで休憩。とにかく暑くてヤバイ。

シャワーを浴びて着替えて日が沈んで涼しくなってきたところでSIAMへ。

MBKセンターに見たことあるロゴあった。笑

DSC02112

前日のMK Goldに続いて、ちょっとイイもの食べようとSiam Paragonへ。

パパイアサラダとビーフグリーンカレーとスムージで日本円で1500円くらいしたけど美味しかった〜。まぁもっと破壊力のある辛さを期待してたとこもあったんだけど。笑

日本帰っても、このパパイヤサラダは食べそうだなぁ〜

DSC02115

電車に乗ってサパーンタクシン駅へ。

草野さんがタイに旅行に来た時にきたって言われてる”ロビンソン”。どこまで本当か知らないけど、あの名曲の由来ってことなら来ないわけには行かないかな的な。(ロビンソン聴きながらこのブログ書いてる。笑)

ここからひたすら30分くらい徒歩で南下。途中なぜか行列が出来ている飲食店やネットカフェを通り過ぎ、

DSC02126

ようやくASIATIQUEへ。リバーフロント。

DSC02127

ロンドンアイ的な位置付けなのかな。

DSC02132

ギラついたゴーカート的なヤツとか。

DSC02144

色んなお店あったけど、こういう地元っぽいヤツがイイですやね。買わなかったけど。

DSC02146

しかし、まぁ雰囲気の良いところでした。花火上がったりしてたし。

帰りは船に乗ってBTSの駅まで。凄い長蛇の列だったけど、無事乗れてよかったです。

DSC02161

無駄にタイムラプスとかしてみた。ちょっと暗いな、、、

BTSで逆側に乗ってしまってWutthakatってとこまで行っちゃったけど、

無事にNational Stadium駅まで戻ってきて、せっかくなので学校の敷地内にある24時間営業のカフェへ。

土曜の夜中だっていうのに、皆んなめっちゃ勉強してた、、凄い!

DSC02174

2階の席にも人いたしねぇ

DSC02175

乗ることはなかったけど、構内を走れる電気自動車とか。

DSC02171

そんなこんなで朝から晩まで丸一日思いっきり楽しめました!!

VELTRA

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする