今ならまだキャッチアップ可能です!AWS Startup ゼミ 2017 夏期講習 :)

2017年7月26日に、目黒にあるAmazon Web Services Japanのオフィスで開催した “[AWS Startup ゼミ] よくある課題を一気に解説! 〜御社の技術レベルがアップする 2017 夏期講習〜” の内容は、Startupを担当しているAWSのソリューションアーキテクトが日頃よくご質問いただく内容をまとめたものになっていますので、個人的にご紹介させていただきたいと思います。

AWS Dev Day Tokyo 2017を仕切っていたモヒカンの髪型が印象的なStartup SAの @akitsukada がガッツリこちらのセミナーもデリバーしてくれました。
Screen Shot 2017-08-24 at 8.52.15

ゼミ?夏期講習?

Wikipediaによると ゼミナールというのは↓のような感じとのこと。

ゼミナール(独)/セミナー(英)(seminar, 略称:ゼミ)は、大きく分けて以下に大別される。
・演習 – 大学などの高等教育にて行われる授業科目。担当教員の名前を冠して「○○ゼミ」と呼ばれることが多い。
・「講座」・「講習」・「研修」の意味で使われるもの。

今回は講習ですので、2つ目の方の位置づけになります。っていうかゼミナールっていうのはドイツ語だったのですねぇ。夏期講習ということでインテンシブにグワっと一気にAWSを学びましょう、と。

SlideShare

まずは↑こちらのスライドをパラパラとめくっていただくのをオススメします。いろんな課題が出てきますが、その中から重点的に知りたいこと(例えば、”コストをさげたい”とか)を見出してから、章末のスライドで各要素技術のリンク(ボチっと押せば実際に飛びます)からDeep Diveしていきましょう。
Screen Shot 2017-08-24 at 9.13.02

Qiita

前職時代からの友人の @nntsugu が、Qiitaに嬉しい記事を書いてくれました。
章末毎のリンク先が1ページにまとめられてますので、あー、アレなんだったっけな?って時にサクッと参照できるのがナイスです。
Screen Shot 2017-08-24 at 10.38.26

YouTube

AWS Japan Startupチーム、今回は本気出しました。資料の公開だけでなく、勉強会に参加できなかった人や、倍速で効率よくインプットをしたい方に向けてビデオシュートしました!
Amazon Web Services Japan 公式にはAWS Summitの様子など様々な動画がアップロードされていますが、ここまでディストーションの効いた軽快なギターが印象的なイントロからはじまる動画はおそらくAWS Japan史上初の試みと言えるのかもしれません。↓是非ご覧ください!

Amazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで-

Amazonで荒木 靖宏, 大谷 晋平, 小林 正人, 酒徳 知明, 高田 智己, 瀧澤 与一, 山本 教仁, 吉羽 龍太郎のAmazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで-。アマゾンならポイント還元本が多数。荒木 靖宏, 大谷 晋平, 小林 正人, 酒徳 知明, 高田 智己, 瀧澤 与一, 山本 教仁, 吉羽 龍太郎作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またAmazon Web Services企業導入ガイドブック -企業担当者が知っておくべきAWSサービスの全貌から、セキュリティ概要、システム設計、導入プロセス、運用まで-もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする