第5回テックヒルズ『Go to Git !』~さらばSVN~ に行ってきました

去年の夏にカナダから帰ってきてから、AtlassianのStashでGitな開発をしているのですが、
最近、アサインされたプロジェクトがSubversionでテンション下がったので、
git-svnでチェックアウトしてきて(Windowsマシンでgit svnを使ってみる | shinodogg.com)
Stashに突っ込んだりしてるのですが、他の会社の人たちはどーしてるのかなー?って事で、
はじめてテックヒルズ(第5回テックヒルズ『Go to Git !』~さらばSVN~)に参加してみました。ハッシュタグは #techhils
#java-jaのキャンセル待ちが繰り上がらなさそうだったって話もある。。
 
会場は六本木ヒルズの49階のアカデミーヒルズ。
19時ちょっと過ぎについたら、満員御礼的な感じで机がる席に座ることはできませんでした。
 
 
 
■ GREE 大場さん
 
・バージョン管理システムの変遷
 SCCS。Unixの初期バージョンに付属。ベル研究所で。
 Solarisには今でもついてて、Oracleのサイトにマニュアルもある。
 バージョン管理っていう概念。
  ↓
 RCS。SCCSを踏襲。バイナリファイルのサポート。
 ロックするとかってのがチームでやるには痛い。
  ↓
 CVS。時間や場所をこえて。
  ↓
 Subversion。better CVS。
  ↓
 git。ブランチを使った並行開発が実用的に。
 
・GREEの話
 2004年とか
  社長が分散管理していた。サーバー毎に入ってるアプリが違ったりw
 2005年
  藤本さんがSubversion導入
 2010年
  Gitに移行
 2012年
  Github Enterprise
 
 
■ ドリコムの大仲さん
 
マジカルsvn..。トランクで普段やって、stagingにもってって、最後はリリースブランチ。
チェリーピックして〜
 
pull request主導のチケット駆動開発したい。svnには障壁が多い。。
知の高速道路。巨人の肩に乗る。
 
・リポジトリブラウザ
 github, bitbucket, gitlab,,,
・TiDD
 ブランチ切るコストが低い
・意識改革
 diff読んでマージっていう流れ
 pull request投げてrejectされてもイイかな的な。障壁下げる
 
・ドリコム内ではgitlabを使用
 
・既存の数年間的なシステムは?
 クロスコミット。git-svnブリッジ。
 svnにコミットしてもgitにコミットしてもどっちでもOK。
 gitに慣れてない人は、重要なコミットなのでsvnで〜とか。
 github-flowの導入を試行錯誤中。
 
・社内に1人いるgit好きに漏れやすいところ
 上を倒す: githubエンタープライズの予算
 横を倒す: svnに慣れちゃってる人、デザイナー、、pull requestでキャッキャしてるのをみせる。。
      丸一ヶ月。28万リビジョンの移行。スゲー。。。

・継続的に運用
 mysqlのレプリケーションとか
 vagrantを用意して〜とか
 issue 100到達〜とか
 
・gitなの? 
 svnだとTiDDやりにくい。なのでgitでもpull requestっていうWeb UIが必要。
 
SUGEEEナイスな講演。。@onkさんのモチベーション半端ないなと。。カックイイ。。


 
 
■ CROOZの梅田さん
 
・技術的負債
 subversionでtrunkのみ。
 2つ別のリポジトリがあって神がかり的なマージが必要w
 git移行ついでにまとめてキレイに
 ⇒ TiDD開発 with Redmine
 
・ヤックシェービング
 ブランチ切ってもそれを実行する環境がない ⇒ virtualhost切ってそこにソースを配置
 最終的には開発者ごとにvmとか立ち上げてGithub Enterpriseとかから配信にしたいけど、
 現状はCapistranoをカマしてgitから取得してデプロイ。
 CI(Jenkins)は構築中。
 
・Git導入
 彼に枯れてしまった稼働中のソース達。150万コミットとか。。大変><   ・偉い人問題  動くものを示さないと。。  上司とモメて会社いずらくなったらCROOZへw     ■ モバイルファクトリーの阿部さん
 
1967年生まれ、SCCS, RCS, CVS,,,ベテラン。
 
・動機
 分散とか、ローカルで〜とか、社内に居る分には問題にならない。
 一番響いたのは、”速い”こと。
 CodeRepos, Hithub, perl5がgit管理, Joel Splsky最後のエッセイ
 
・実行
 調査、勉強会、アナウンス、実作業、アフターケア。
 ほぼ1人で。(なら、その人の話が聞きたかったかな、と…w)
 
・その後
 速い。マージがお利口。
 GHEとか使ってみたい。
 
 
■ KLabの於保さんと牧内さん

・変遷
 最初はSVN。intraからAWSへ。 
  ↓
 bazzarが普及。
  ↓
 リポジトリの管理がやっかい。
  ↓
 git+githubが使いたい。
  ↓
 bitbucketとgithubの蜜月
  ↓
 githubからgithub enterpriseへ
 
・レビュー
 コピペした似たようなリポジトリがいっぱい。
 Pull Requestのクローラーを作成⇒metaにgithubを使うってことでmetahub
 
・metahub
 APIでなんでも出来る。Pull Requestを取ってくるのも簡単。
 HTTPSでアクセスするとJSON形式で取得。
  ↓
 いわゆるプログラムの静的解析。正規表現をWebUIで編集できる。
  ↓
 タイポとか(true ture)
 SQLインジェクションとか、Slaveの値でMasterの値を更新してないよね、とか
 
 github上でソース公開している。バイナリフィルタとかもある。
 
 
■ パネルディスカッション

印象に残った発言だけ。
・PullRequestの文化を取り入れられた事が一番大きい。
・Subversionだとコミッターは神でforkするのも大変だったり。Githubだとその辺容易。
・.gitkeepどうなの?
・手元(ローカル)でブランチ切りやすくバージョン管理できる
・どのリビジョンが最新かSubversionなら分かるって言われた
・Windows派がツライ
 
 
■ 印象に残ったこと
割りとイケイケな感じのWeb系の会社っぽいところでも、偉い人とか、抵抗勢力とか、
そういうのあるんだな〜と。
 
 

入門git
入門git

posted with amazlet at 13.03.22
Travis Swicegood
オーム社
売り上げランキング: 16,209

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする