ザッポス伝説 | トニー・シェイ

顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか 顧客が熱狂するネット靴店 ザッポス伝説―アマゾンを震撼させたサービスはいかに生まれたか
トニー・シェイ 本荘 修二 監訳/豊田 早苗 訳/本荘 修二 訳

ダイヤモンド社 2010-12-03
売り上げランキング : 96

Amazonで詳しく見る by G-Tools

会社でツルんでる @s_takac が、しょっちゅうザッポスザッポス言ってるので、
どんなもんかと思ってたら、ちょうど電子書籍があったので、ザッポス伝説を読んでみました。
 
日本にいると、”ザッポス”って馴染みが無いし、IT系って言ったら、
最近ならなんと言っても、映画にもなったりしてるFacebookとか。
 
でも、自分にとっては、働くこととか、幸せに生きることとか、
自分の考え方の思いきり深い部分にグイグイ迫ってくる本でした。
 
もちろん、会社としても、こんなところで働きたいなって思いますが、
トニーシェイの人柄っていうか。雑音に惑わされちゃいけないし、
自分の直感を大切にする。とか、そういうところも。
 
悶々する日々とか、損得勘定とか、そういう自分を押し殺すような事するんじゃなくて、
身銭きってでも、自分が信じた事やんなきゃなって。
 
そして、なんといっても仲間。
自分くらいの歳になると、みんな結婚しちゃって、
なかなか以前みたいにパーっと遊べなくなったりするものですが、
会社を通じて、普段からツルめるような人たちとテンション高く暮らした方が
絶対楽しいし、そういう環境に自分の身をもっていきたいな、なんて思ったりもします。
 
それにしても、ビジネスのやり方は異なるものであるにしろ、
同じインターネット業界の会社でも随分違うものだなぁと、あまり身近に感じませんでした。。
日本にはこのノリはあんまり合わないカモしれないですけど。
ただ、監訳者のあとがきにも書いてあるけど、日本人は日本人ならではの、
おもてなしとか、思いやりとか、その辺で勝負出来たらアツいなとか思います。
 
にしても、37signalsとZapposは自分的には最強にホットな会社に思えちゃうなぁ。
 

小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則 (ハヤカワ新書juice)
小さなチーム、大きな仕事―37シグナルズ成功の法則 (ハヤカワ新書juice) ジェイソン フリード デイヴィッド・ハイネマイヤー ハンソン 黒沢 健二

早川書房 2010-02-25
売り上げランキング : 2892

Amazonで詳しく見る by G-Tools

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする