年末年始はRails3に挑戦するぞ(その1。Macに環境作る編)

■ Rubyのインストール
以前手動で入れたりその時のシムリンクがどうのとか
うざったかったのでportsでruby入れ直します。

$ sudo port install ruby
〜略〜
$ ruby -v
ruby 1.8.7 (2010-12-23 patchlevel 330) [i686-darwin10]

 
■ RubyGemsのインストール
↓でRubyGemsの歴史っていうか背景が分かったりするわけなんですが、
シリーズ パッケージマネジメント 【第 1 回】 RubyGems (1)
シリーズ パッケージマネジメント 【第 2 回】 RubyGems (2)
 
やる事はベタに、tarをwgetで落としてきて、setup.rbを叩く的な。
バージョンは1.3.7が新しげだったのでそれにしました。
 
・ダウンロード

$ wget http://rubyforge.org/frs/download.php/70696/rubygems-1.3.7.tgz
〜略〜
2010-12-28 13:54:42 (122 KB/s) - `rubygems-1.3.7.tgz' へ保存完了 [290986/290986]

・解凍

$ tar xvf rubygems-1.3.7.tgz
どやどやっと出てきます。

 
・ディレクトリに移動してsetup.rb叩く

$ cd rubygems-1.3.7
 
ショボいユーザーだと権限系でなんか怒られるので、、
$ ruby setup.rb
ERROR:  While executing gem ... (Errno::EACCES)
 Permission denied - /opt/local/lib/ruby/site_ruby/1.8/gauntlet_rubygems.rb
 
sudoで叩きます。
$ sudo ruby setup.rb
無事インストール完了です。
$ gem -v
1.3.7

 
■ Netbeans6.9をインストール
何やら6.9でRails3をサポートって事なので、早速ダウンロードして
プロジェクトを作ってみます。
 

  
なんとなくサーバーはMongrelにしてみます。

 
RDBMSはとりあえずsqlite3にしておきます。

 
Railsの3.0.3が選べるようになってます。

 
で、ファイルがズコズコって出来た後に、
サーバー立ち上げよと思ったら、なんかMongrelのgemがねーよ的な。

.gem/ruby/1.8/gems/rack-1.2.1/lib/rack/handler/mongrel.rb:1:in `require': no such file to load -- mongrel (LoadError)

 
ってことでMongrelのgem入れます。

$ sudo gem install mongrel
〜略〜
Successfully installed gem_plugin-0.2.3
Successfully installed daemons-1.1.0
Successfully installed fastthread-1.0.7
Successfully installed cgi_multipart_eof_fix-2.5.0
Successfully installed mongrel-1.1.5
5 gems installed
〜略〜

 
で、もっかい実行したら、、やっぱダメじゃん、、と。
Gemfileの記述いじったり、mongrel_experimentalがなんたらとか
やってみましたが、別にモングレルじゃなきゃ嫌なわけでもないので、
Webrickにしてやって、localhostの3000番ポートでWelcome aboard画面が
出てきましたよ、と。

 
 
ってことで環境は出来たので、何作っかなぁ。ベタにTwitterから情報引っ張ってきて、
形態素解析とかしてこねくり回すのとかやってみよかな。
 

Head First Rails ―頭とからだで覚えるRailsの基本
David Griffiths
オライリージャパン
売り上げランキング: 14852

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] #自分は環境作るだけで4つもブログ書いてしまいましたw 1, 2, 3, 4 […]