コミュニティというか外に出る事について

今日はRails勉強会で仲良くなった、
某ブログサービスのエンジニアと会社帰りに飲みにいった。

彼はまだ若いけど、とにかくフットワークが軽く、
いろんなところに顔を出しては、IT業界を満喫している模様。

いろんな話題がとにかく刺激的で。
でも、外に出なければ、彼のようなエンジニアと知り合うことは
できなかったわけで。

話してる中で、前はXXって会社で働いてたんですよ~
なんていうと、あー、xxxの記事書いてたXXさんとかいますよね?って。

そのXXさんは僕の元同期で、今は俺のいる会社に常駐してて、
今は一緒のビルで働いてるんですよー、なんていう。

外に出ることもそうだけど、
ネット上でバンバン出してくってのもね。
エンジニアとしてのバリューっちゅうか。
全然知り合いでもなんでもないところに、名を轟かせてるってのがね。
かっこいい。

昨日、SunとEC-Oneという会社のJava と Ruby で実現する情報システムの今
っていうセミナーに行ってきたのですが。

EC-Oneの社長の最首さんは、
「EC-Oneを起業した98年頃は、イノベーションは企業からおこってた。
でも、2007年の今は、イノベーションはコミュニティからおこってる。」と。

確かにそうだよな~なんて。
自分もコミュニティに積極的に、なんて思いました。

事例では興味深い話が1つ聞けて。
ログサーバを立てて(Log4jのSimpleSocketServerみたいなやつ)、
AP4Rを使って、非同期でバンバンログを
ぶん投げてるらしい。
俺も、それやりたいなぁと思って。

AP4Rはフューチャーアーキテクトって会社の人が作った
Rubyのオープンソースライブラリ。

あー、オープンソース。オープンソース。
なんかしたいなぁ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Chris より:

    > 全然知り合いでもなんでもないところに、名を轟かせてるってのがね。

    ほー。
    なんか周りではそんなに反応がなかったんだけど、知っててくれてる人は知ってるんだね。

    > 自分もコミュニティに積極的に、なんて思いました。
    是非是非。
    ってか有志集めてなんかオープンソースでものづくりするってのもありだよね。

  2. shinodogg より:

    > 知っててくれてる人は
    実は結構有名人なんじゃん?

    2008年は会社の外にも、自分の居場所を
    見つけられたらいいかなぁと。