チョロっとmemcachedをイジってみる(Javaクライアントライブラリのspymemcachedも)

何やら業務でちょっとしたmemcachedを使ったアレを作る事になりそうで、
かれこれ2年くらい使ってないので、慣らし運転的に、いつものVirtualBox上のUbuntuで。
 
libeventがーとかって昔mixiさんとかのアレで話題になってましたが、
普通にapt-getでw

$ sudo apt-get install memcached
Reading package lists… Done
Building dependency tree

素直に叩いてあげると、、

$ memcached

ちゃんと上がってますねー、と。

$ ps -ef | grep 11211
memcache  4386     1  0 13:19 ?        00:00:00 /usr/bin/memcached -m 64 -p 11211 -u memcache -l 127.0.0.1

telnetで繋げて、setしてgetしてみます。

$ telnet localhost 11211
Trying 127.0.0.1…
Connected to localhost.
Escape character is ‘^]’.
set mykey 0 60 4
data
STORED
 
get mykey
VALUE mykey 0 4
data
END

setはちょっとヤヤコシイのですが↓とのことです。

set <key> <flags> <exptime> <bytes> [noreply]rn<value>rn

んで、毎回telnetってのもなぁってことでツールをインストール

$ sudo apt-get install libmemcached-tools

↓みたいにズラズラって入りますが、

$ ls /usr/bin/mem<タブ>
memcached memccat memcdump memcflush memcslap memdiskfind
memccapable memccp memcerror memcrm memcstat

データ入れるのをどんな風に使うかって言うと↓こんな感じ。

$ /usr/bin/memccp -h
memcp v1.0

 Copy a set of files to a memcached cluster.

Current options. A ‘=’ means the option takes a value.

  –version
  Display the version of the application and then exit.
  –help
  Display this message and then exit.
  –verbose
  Give more details on the progression of the application.
  –debug
  Provide output only useful for debugging.
  –servers=
  List which servers you wish to connect to.
  –flag=
  Provide flag information for storage operation.
  –expire=
  Set the expire option for the object.
  –set
  Use set command with memcached when storing.
  –add
  Use add command with memcached when storing.
  –replace
  Use replace command with memcached when storing.
  –hash=
  Select hash type.
  –binary
  Switch to binary protocol.
  –username=
  Username to use for SASL authentication
  –password=
  Password to use for SASL authentication

突っ込む用にファイルを作って、

$ cat hage
hoge

出し入れしてみます。

$ memccp –servers=localhost –set hage
$ memccat –servers=localhost hage
hoge

これはこれでナイスだけど、KeyとValueをカンマ区切りにして
ズダーーっとみたいなコマンド無いのかな~?
 
んで、チョロチョロっと叩いた後に↓こんな感じで状況知れたり。

$ memcstat –servers=localhost
Server: localhost (11211)
  pid: 4386
  uptime: 2646
  time: 1352783011
  version: 1.4.13
  libevent: 2.0.16-stable
  pointer_size: 32
  rusage_user: 0.000000
  rusage_system: 0.132008
  curr_connections: 5
  total_connections: 14
  connection_structures: 6
  reserved_fds: 20
  cmd_get: 7
  cmd_set: 8
  cmd_flush: 0
  cmd_touch: 0
  get_hits: 5
  get_misses: 2

ダンプしたり。

$ memcdump –servers=localhost
hage
hoogee

フラッシュも出来やす。

$ memcflush –servers=localhost

で、コレいつ消えるかっていうと、次のダンプの時はまだ存在するけど

$ memcdump –servers=localhost
hage
hoogee

getしにいくと無くなってて、

$ memccat –servers=localhost hage
memcat: hage not found
$ memccat –servers=localhost hoogee
memcat: hoogee not found

もっかいダンプ叩くと無くなってます。

$ memcdump –servers=localhost

 
めでたしめでたし。
これでシェルだけでやりくり出来るなーって思ったけど、
このmemcachedのコマンドツールって諸事情でインストール出来ないか…。
Rubyも入ってないのでまたJavaかのぅ…。
 
■ MemcachedのJavaクライアントライブラリ
↓をみるとイロイロあるみたいだけど
Client API’s / libraries – Memcached – Google Project Hosting
spymemcached が一番ガッツリ出てるのでソレで。
CouchBaseの人が作ったみたいです。
 
■ Jar落としてきてコード書いて叩いてみる
Maven(pom.xml)にspymemcachedのjarを取ってくる設定を入れます。

<repositories>
<repository>
 <id>spy</id>
 <name>Spy Repository</name>
 <layout>default</layout>
 <url>http://files.couchbase.com/maven2/</url&gt;
 <snapshots>
  <enabled>false</enabled>
 </snapshots>
</repository>
</repositories>
<dependencies>
<dependency>
 <groupId>spy</groupId>
 <artifactId>spymemcached</artifactId>
 <version>2.8.4</version>
</dependency>
</dependencies>

Memcachedにデータを入れて出すJavaのMain文のプログラム。

public static void main(String args[]) throws IOException {
 System.out.println(“Start!!”);

 MemcachedClient memcachedClient = new MemcachedClient(
   new InetSocketAddress(“localhost”, 11211));

 memcachedClient.set(“HogeHogeID”, 0, “HageHage”);
 System.out.println(“Set done”);
 
 String result = memcachedClient.get(“HogeHogeID”).toString();
 System.out.println(result);
}

動かしてみると、、

Start!!
2012-11-13 15:44:03.526 INFO net.spy.memcached.MemcachedConnection:  Added {QA sa=localhost/127.0.0.1:11211, #Rops=0, #Wops=0, #iq=0, topRop=null, topWop=null, toWrite=0, interested=0} to connect queue
2012-11-13 15:44:03.534 INFO net.spy.memcached.MemcachedConnection:  Connection state changed for sun.nio.ch.SelectionKeyImpl@bb6ab6
Set done
HageHage

 
めでたしめでたし(二回目)
 

NoSQLデータベースファーストガイド
佐々木 達也
秀和システム
売り上げランキング: 143036

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中