食える数学 – 神永 正博

食える数学
食える数学

posted with amazlet at 10.11.24
神永 正博
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 687

食える数学を読みました。
 
自分は日本で一番xxなインターネットサービスのあんなデータやこんなデータに
ダイレクトにアクセスできるポジションにいたりします。
#もちろんアクセスするための分厚いレギュレーションはありますが。。
 
多分、客観的に見れば、メチャメチャおいしいポジションです。
#自分のグループはそういう認識持ってる人が少ないのかもしれませんが。。
 
なのに、ヤレxxの構築が、xxの定例作業が、xxの調整が、、、
ってしょうもない理由を並べて、やるべき事をやれてません。
 
なぜか。
ひとつは自分の中にある数学への苦手意識があると思う。
 
僕は法学部卒業です。附属の高校からエスカレーター式に大学に入ったのですが、
数学できねーし何かつぶしがききそうだから、みたいな感じで選んだ学部。
学生の頃はアルバイトと(夜の)クラブ活動に勤しんでいました、なんていう典型的な感じの。
 
そんな自分がウン億xxなデータを目の前にして、
アレコレと料理するために、参考書的な本やウェブサイトを読んでると
柿ピー+ビールで逃避したくなってきますw
 
前々から、なんとかそんな局面を打開したいなと思っていて、
404 Blog Not Foundの 食いたかったら、食いつけ! – 書評 – 食える数学 をみて、
思わずポチってしまいました。
 
結論から言うと、この本読んだからって、数学的な見識が身につくわけでも、
膨大なデータをおいしく料理する能力が身につくわけでもないです。
 
あ、でも、QRコードの汚れをさらうとことか、
ポールグレアムのベイジアンフィルタで迷惑メールを検知〜なんてのは、
とても分かりやすく理解できて、自分がちょっと賢くなったような気がしましたw
 
でもって、著者のパーソナリティがナイス過ぎるのも手伝って
なんというか、俺みたいなヤツでも、ガンガンやってみりゃいいんじゃね?
って気分になってきます。
 
別に教科書通りにやんなくったっていいし、最初が実践だって構わないはずで。
後追いで基礎サラっても全然いいんじゃね?って思えたのは、とても大きな収穫です。
 
自分は上記にも書きましたが、会社の中でポジションに恵まれているだけでなく、
ちょっとスペックが自分らとは全然ちげーなーってくらい凄いのに、
勉強会や読書会やるといつも協力してくれる@nishiokameganeや、
私生活はだいぶ逝っちゃってるけど、腰は低く、やること大胆で、モロ学者風なid:tullioや、
社会人的には外角低めだけど、イカした象クラスタとか組んじゃう@hamburger_kidとか、
いざとなったら身を削ってでもサービス死守しちゃう@kodamashiもいるし、
他にも周りにはスゲーのがいっぱいいて、そういう面でも恵まれるはずで。
 
言い訳並べてチンタラしてる場合じゃないんだよなぁ。
 
自分で手動かしてアレやコレややってみるってのももちろん大事だけど、
平日夜間にこの手のデータの料理の仕方教えてくれる大学とかないかなぁ、
なんて思ったりする今日この頃です。
 
あんま書評になってないですが、こういう先生の下で勉強できる学生は
幸せなんだろうなと思ったりします。学生のうちはそんな事思わないのかもしれませんが。。
 
この本の中でオススメされてて自分も買ってみよかなと思ってるヤツ↓

これなら分かる応用数学教室

これなら分かる応用数学教室

価格:3,045円(税込、送料別)

食える数学 – 神永 正博」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中