SpringBatchのlaunchとJob定義のXMLについて

SpringBatchのJob定義XMLファイルについて、
サンプルを見ると、
 ジョブ定義:META-INF/spring/module-context.xml
 起動時に指定するファイル:launcher-context.xml
となっていて、 launcher-context.xml から module-context.xml をインポートしています。
 
何も考えずにジョブ定義を module-context.xml にどんどん追加していけば
良さそうですが、そうすると一個のXMLファイルが大盛りになってしまうので、
出来ればさけたいところです。
 
ひとまず考えたのは、
 ジョブhogeの定義:hogeJob.xml
 ジョブhageの定義:hageJob.xml
 ジョブxxxの定義:xxxJob.xml
 全部のジョブで共通するモノの定義:hoge-launcher-context.xml
上記のようにして、
 ・各ジョブ定義XMLの中で hoge-launcher-context.xml を import する
 ・ジョブを実行する時は各ジョブ定義XMLを指定する。
 
上記でサンプル処理を流した結果、一応狙った通り動いてるみたいなんですが、
でも、launchって開始するとか、そういう意味ですよね?
launcherのXMLと、実行したいジョブ名を指定するってのが元々の想定なのかな。。
 
だとすると、launcherのXMLに全部のジョブ定義をアスタリスクでimportして~
とかってするんでしょうか。
→ 処理に使わないXMLを何十個もロードしたくないしな。。
 
=====
 
英語がもっとスムーズに読めれば、この辺の温度感もサクっと
解決出来たりするんですかね。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中