ジャーナリズム崩壊 上杉隆

ジャーナリズム崩壊 (幻冬舎新書)
上杉 隆
幻冬舎
売り上げランキング: 48899
おすすめ度の平均: 4.0

5 シビアな状況を著しているけれど、殺伐感はない
5 日本の一番の問題点かもしれない。
4 暮らしを守るために読むべき1冊
4 鳩山総理は民主党マニフェストを忘れたのか
4 単に記者クラブを開放すればいいのか?

ジャーナリズム崩壊を読みました。

ガキの頃から、新聞記者とかって、なんか雲の上の存在みたいな。
自分にはなれっこねぇなと思って、なりたいとか思ったこともなかった。

昔知り合った人のおじさんが新聞記者らしく、
いきなり夜中に出掛けてったり、なんて話しを聞くと
かっけーなーなんて思ったりもした。

けども、佐々木俊尚さんの本を読んだり、
新聞読んだりしてても、個性ないっていうか。薄っぺらっていうか。

そんな背景で、ホリエモンのブログかなんかで
レコメンドされてたのが、この本なんですが、
なんつーか、ガッカリだよ(桜塚やっくんって最近もテレビ出てるの?)って感じで。

内容的には、痛烈な日本のジャーナリストおよび新聞社への批判なんですが、
まぁ、この半分くらいの薄さでも、言いたい事は伝わるかなって感じで。

なんか悲惨すね。。

ただ、著者が散々持ち上げてるニューヨーク・タイムズだって、
赤字がどうのって記事を見かけたりもしたし。

ジャーナリストって言われれる人たちは、
もっと個々人の裁量で、個性的っていうか、自分の信念貫いた
記事を書いていって欲しいなって思ったりします。

いいコンテンツが集まりさえすれば、マネタイズは出来るもんなんじゃないかって
最近仕事で打った対策がクリック率とかに響いてきたりするのを
みながら思ったり思わなかったりします。

自分もこういう、ドップリ浸かってるうちに、
おかしなことを、何とも思わなくなっちゃわないように気を付けたいなと。。

自分の事に照らし合わせれば、システムインテグレーターとか、
インターネットサービス会社でエンジニアとして勤めている人間が、
全然プログラム書いてませんとか、、そういうのに通じたりすんのかもね。。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中