Lucene/Solr Revolution 2016 – Welcome Reception

Lucene/Solr Revolution 2016の開催場所はボストンのシェラトンホテル(2014年にもこのカンファレンスに参加しましたが、その時の開催場所はワシントンDCでした→https://shinodogg.com/?p=6163)。受付をすると、ネックストラップに前職のロゴが!
2016-10-13 04.37.55

レセプションがはじまる前にボストンっぽいヤツ↓
2016-10-13 06.12.36

楽天ブースで平賀さんをパシャリ 🙂
2016-10-13 07.59.16

世界中から集まった検索系のエンジニアと色んな話ができました。イギリスからきた出版系の人とか、普段あんまり話す機会が無さそうな人と会話ができてナイス。
2016-10-13 08.04.41

普通にSolrのコミッターとかその辺ウロウロしてるし、カンファレンスを主催しているLucidworksのFounder CTOのグラントさんもリュック背負って話してる様子がたまたま写ってました。その奥にはAmazon CloudSearchとAmazon Elasticsearch Serviceを開発をしてる @tflobbe もいますね。
2016-10-13 08.17.25

色んなブースで色んな人と話しができました。このBloombergのコンソールはとても目を引いていました。サクサク動く。とは言え、顔ぶれとか2年前とあんまり変わらないかなっていう感じはありました。
2016-10-13 08.09.42

最後の最後までガッツリ楽しめました。なんというか、なんだかんだで4系のSolrって世の中普通に沢山動いてるよねっていうか、ぶっちゃけそっちが主流なのかな?なんて思ったりもしました。一方で、普通に検索できるだけっていうのだと差別化に繋がらず、各ベンダーどこもビッグデータとか機械学習とかそういったアプローチでいかにRelevancyを上げていくか?っていう感じなのかな、と。
2016-10-13 08.19.21

その後、日本から参加している&ボストンに住んでる検索エンジンな人たちで情報交換しました。

クラブ&アボカドロール的なの美味かったなぁ。
2016-10-13 10.20.00

色んなブースを回ってゲットした戦利品たち。左下の『I L(Lucidworksのロゴ) Solr』が個人的にヒット。ちょっと分かりにくいけど、左上のTシャツがSalesforceだけど、彼らの取り組みが興味深くて、CloudSearchの内部的な挙動と同じようなことを自分たちで実装してて。なんでそうしたの?って聞いたら、まだSolrCloudがその頃は全然枯れてなくて、、と。
2016-10-13 12.10.40

Solr in Action
Solr in Action

posted with amazlet at 16.10.19
Trey Grainger Timothy Potter
Manning Pubns Co
売り上げランキング: 125,564

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする