シアトル行ってきたよブログ2014年3月編 その2

シアトル行ってきたよブログ2014年3月編 その1 | shinodogg.com では食べ物を中心に書きましたが、
その2 では週末いったボーイングの工場、美術館、博物館について書きたいと思います。

 
■ ボーイングの工場見学ツアー
 
シアトルと言えば、AmazonかMicrosoftかBoeingかって感じかと思うのですが、
そのボーイングの巨大工場を見学出来るツアーがある↓と。
Future of Flight – Aviation Center & Boeing Tour
 
が、ダウンタウンから行くのがちょっと面倒な北の方にあって、
一緒に出張にきた友人的にも時間が読めた方がイイなということで、
今回は日本語通訳付きのHISのバスツアーでいきました。
コレ、かなり良いお値段するのですが、ホテルまで送迎してくれたり、
何かと楽チンなので、高いと思うかどうかはその人次第ということでしょうか。
 
場所に付くと、テストフライト用の滑走路が直ぐそばにあって、
イロイロ展示してある建物に入ってツアー開始を待ちます。

 
ロールスロイスが作ってんだ!とか。

 
裏側もイカした感じで。

 
飛行機を輪切りにしたら、こんなんなりますよ的なヤツ。

 
Women in Aviation的な本のサイン会がやってて、

 
行列が出来てて、

 
非常に盛り上がってました。

 
肝心な工場の中は撮影禁止(というか、カメラやケータイの持ち込み禁止)なので
残念なのですが、スッゲーでかいし、さすが日本語ガイド付きってことでとてもナイスだったのですが、
いかんせん土曜日にいったってこともあって、工場の中はあんまり活発ではなく、
来れるのであれば平日くるのがオススメかなと思います。
バスツアーの最後は、”If it’s not Boeing, I’m not going!!”って
みんなで声を揃えて言うので、覚えておくとナイスかもしれませんw
上記メッセージが書いてあるTシャツも売ってました。
 
外には出来たてホヤホヤの飛行機が置いてあったり、ペイント前の飛行機がテスト飛行してました。

 
展望台からみた工場。スゲーでかいのぅ、と。
何千人というインターナショナルな人がこの敷地内で働いているということで、
病院とか食べるとことか(Bar系はない)たくさんあるそうですが、
この敷地内にはスタバはなく、全てタリーズとのことで、この辺で一番スタバが少ないエリア
とか言われてたりするんだそうです。

 
 
■ Seattle Art Museum(http://www.seattleartmuseum.org/)
 
MIRO展やってるらしいじゃんって事で行ってきました。

 
そこそこ混んでて、チケット買うのにちょっと並びました。
大学生くらいの関西弁バリバリの日本の学生の人たちが団体できてました。

 
2階と3階が展示スペースで、まずは2階から。

 
今年のSuper Bowlはデンバー対シアトルだったんだけど、
デンバー美術館とシアトル美術館で賭けをして、結果、シアトルのSEAHAWKSが優勝したってことで、
こいつが数ヶ月間無料でデンバー美術館から貸し出されてココに展示されてる的な。笑
ハッシュタグは #DENvsSEA で、と。
前回の出張時はシーホークスがスーパーボール出場を決めた時だったのですが、街中えらいこっちゃになってました。

 
自分の父親は佐賀県の有田町出身なのですが、こうやって海外の美術館で
有田焼が展示されてるのを見ると嬉しくなってきたりします。

 
シアトルは大体雨とか曇ってるので、こんなにキレーなマウントレーニアはなかなかみれないと
思いますが、こんなの書けたら絵かくの楽しいんだろーなー

 
最近展示がはじまったらしい。モダンな感じ。

 
こいつおっかなかったなーw

 
迫力のあるデカさ。

 
これも最近展示がはじまったらしい、アボリジニ的なアート。
ズデーンとデカくて迫力あります。

 
ユニークな感じの掛け軸っぽいの。

 
MIRO展の中は撮影禁止ということで。スッゲーよかったなぁ。
別に芸術に関する知識とか全然ないんだけど、段違いな感じするっす。

 
シアトルのラッパーのPVとかでも出てくる景色。

 
 
■ Museumm of Flight(http://www.museumofflight.org/)
 
ダウンタウンから#124のバス乗って航空博物館に行ってきました。
久しぶりにこの紐引っ張って降りますよ的な合図なヤツ。

 
30分くらいで到着。歩道橋渡って入り口へ。

 
ココは俄然写真撮影OKということで、ゴッツイカメラもってきてる人いっぱいいました。

 
一般人が普通に車型の飛行機乗る日ってくるのですかねぇ。

 
こういうレトロなエンジンみるとテンションあがります。

 
にしても、全然飽きない。ココ。

 
ユニークなの、ちょこちょこ見かけました。

 
この辺とか昔のアメリカ映画によく出てきそうな感じ。

 
紅の豚とかっぽい。

 
左のカールさん、series of crushesでcontract終わったとか…w

 
ってか、アラスカ航空の歴史興味深い。

 
年表的なのとか。

 
ブラブラしてると、こういう解説が聞けたり。

 
機体を下から見るのってはじめてでテンション上がりました。

 
死ぬまでに一回くらい運転してみてーなー。
スキル的には都内のバスドライバーの方が大変じゃね?とか思ってるんですが、
飛行機の操縦ってそんなに甘くないんですかね。。ダーウィンの悪夢とか見ると、
酔っぱらいのオッサンが普通にナイルパーチを飛行機で運んでたからな。。。

 
この施設はキッズフレンドリーな感じで、家族でくるのもナイスです。

 
あいにくの天気でしたが、駐車場もそこそこ入ってる感じで。

 
こういうの見ると自家用ヘリとか憧れるわぁ。

 
こういう計算式とか全然分からないですけど、
一応みて、ふーん的なリアクションをしてみたりするなど。

 
模型職人がいるんですねぇ。

 
無駄にメーターがいっぱいあるのとかソソるわ〜。
ライブハウスとかスタジオとかのミキサーとか見た時と同じような感じ。

 
ライト兄弟の会社の会計簿的なヤツがスキャンされて電子化されてました。

 
続いて戦争系の展示スペース。

 
ででん、と。

 
日本エリアに。

 
日本が中国に侵略した、と。

 
太平洋戦争に関する資料。
隣で、親子連れが、
子供: “ワオ, ジャパン!”
父親: “ジャパンは昔はワルかったんだよ…”
なんていう会話をしてて、なんだかなぁと思ったりしました。
が、アメリカではコレが現実なんだよなって。

 
こういうの、外国人に囲まれた中でみるの、なんかツレーわー。

 
日本人が原爆に抱く感情とは当然違うもの。
こういうのは、アメリカにきて展示物を見ることで、改めて感じるところがあります。

 
日本の本土決戦って展示されてたもの。軍隊の募集ポスターとか。

 
自分は全然戦争マニアとかでないので、アレなのですが、
飛行機はみてるだけでもかなり楽しめました。

 
と、同時に金かかってんだろーなーって感じも。
税金から捻出されてるとすると、なんだかなと。。

 
当時のコカコーラの。なんかレッドブル感ありますね。

 
詳細によく出来た模型とか。

 
日本の飛行機。マニアにはたまらないのでしょうかね。。自分にはよく分からず。。

 
1階が第二次世界大戦系で、2階が第一次世界大戦。2階に行くと、
2つの対戦の間に技術革新があったんだなーって感じさせられます。

 
が、飛行機的にはこういうレトロなの、ナイスですね。

 
コレとか乗ったら寒そう。。

 
シートめっちゃスースーすんじゃねーかな、と。。

 
次は歩道橋渡って宇宙の方。

 
宇宙から返ってくるときのヤツ。
行きの飛行機でGravityって映画みてきたので、おぉって感じ。

 
巨大な宇宙船が展示されてて。

 
こいつに乗り込むと、

 
オッサンが説明してくれました。

 
続いて外に出て、展示されてる実物の飛行機に乗り込みます。
大統領専用機のエアフォースワン。とても人気で乗り込むまでに列が出来てて10分くらい待ちました。

 
なにかとケネディ推しな感じ。

 
木目調なのカッコイイすね。

 
キッチンは狭いけど設備整ってる。

 
執務室。

 
レトロ感がナイス。

 
大統領専用機の運転って緊張感あったんだろうなーと。

 
コンコルドも展示されてたので乗ってきました。

 
なんつーか、いろいろ細かったっす。

 
カフェでメシ食うため、歩道橋渡って

 
これで15ドルくらいしたと思うのですが、あんまりオススメできないっすね。。

 
んじゃまたねーってことで、#124のバス乗ってダウンタウンへ。

 
バス停小さくて時刻表もないのですが、バスは30分に一本出てて、
ネットで見れる時刻表的には
↓の間の時間帯に待ってれば良さげでございます。
・Boeing Industrial Tukwila Int’l Blvd & S 112th St
・Boeing Plant 2 East Marginal Way S & 16th Ave S
 
 
 
■ MOHAI(Museum of History&Industory http://www.mohai.org/)
 
ダウンタウンからWestlake Aveをぶらーっと歩いていって、
ホールフーズ・マーケットとか通りすぎて、

 
湖まで出ると、

 
ぽゆい建物が出てきます。

 
Museum of History and Industoryです。

 
中入るとなかなかナイスな雰囲気。

 
4階の展望フロアからのユニオン湖。

 
1〜3階が展示スペースってことで、まずは3階。
いきなりクソディープな感じで。シアトルは同性愛な人が結構多くて、
CapitolHillにもGay Barとかあって、アレな感じで。

 
同性愛者の人たちの戦いの歴史とか。

 
シアトル出身のMACKLEMOREってラッパーの↓が話題になりましたが、
擁護しようとする姿勢ってシアトルのこういうとこからきてたりすんのかな、とか。


 
先住民族の人たちの展示スペースとか、この辺の自然に関する展示エリアもありました。

 
こういうの興味深い。シアトルナイスじゃん、と。

 
日本は中国に次いで、2番目の貿易パートナー。

 
勤務先マンセーなわけでもないですが、こういうの見るとテンション上がるw

 
影響力のある大企業なんだなぁと。改めて。

 
もちろんマイクロソフトの展示エリアも。

 
見たことあるのが沢山。

 
シアトルがどうやって開発されていったか的な資料とか。
こういうの見てると、シアトルファンになってく感じが不思議ですw

 
が、もちろんここにも過去の悲しい歴史が。日本人収容所の話とか。

 
“NO JAPS WANTED”とかね…。
浦和レッズのサポーターが似たような事やった件がニュースになってたけど、
自分がそういう立場になったらどんだけ辛いんだろうなって。
平和な時代の日本に生まれてコレてラッキーだなと改めて。

 
1939年の日本人の世界一周飛行な一枚。

 
Drawn to Seattleって絵が展示されてるところがスゲーよかった。
自分は小学生の頃とかから絵がとても下手くそなのですが、
定年後は絵画教室とか通って、絵とか書きたいなぁ。
写真と絵画を習得して世界まわるとかやってみてーーー

 
タトゥーアーティスト。

 
スヌーピーもホッケー的な。

 
Thank you!

 
中にある小さい映画館で8分間のシアトル紹介ムービーが上映されているのですが、
それのエンドロールでかかってた曲が気になって、あとからFacebookページに書き込んだら、
イイ感じに答えてもらえました 🙂

 
ビデオもホントその辺をRollin’ Seattleしてる感じがナイスですw

 

B05 地球の歩き方 シアトル&ポートランド 2013
地球の歩き方編集室 編
ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 41,028

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. […] « シアトル行ってきたよブログ2014年3月編 その2 […]