バンコクとプーケットに行ってきました

部活も地元も一緒で学生時代ずっとツルんでたマブ達がバンコクに移住して早数年。
行く行く言ってて、なかなか行けなくて、ようやく行ってきました。
でもって、今回は高校でクラスが一緒だった友だちがプーケットに住んでるって事で
ラッキーな事に、そちらにもおジャマさせてもらってきましたよ、と。
 
■ 飛行機のチケット
当初11月の連休を挟む形でHISのツアーをキャンセル待ち予約していたのですが
最後まで空きが出る事がなく、日程を改めました。
 
トラベルコちゃんというウェブサイト経由でJTBのツアーを予約しました。
有給を3日間使って木〜月の4泊5日。全てコミコミで58230円。ホテルまで送迎付き。リーズナブル。
とはいえ、1日目は到着が深夜、5日目は出発が早朝なので、
実質現地で楽しめるのは間の3日間という感じ。
 
またバンコク⇔プーケットのチケットは現地の友達がWebサイトで予約してくれました(タイ語読めなくても英語で予約可)
1人5000バーツちょっとって事で1万5千円くらい。
 
 
■ 1日目
数ヶ月前にシンガポール行った時に、えきねっと、というサービスの会員になって、
200円引きで成田エクスプレス乗れるって事で今回も↓

 
成田空港についてJTBの受付に向かうと長蛇の列。皆さんバンコク行き。人気あるんですねぇ。
ゴルフ的なアレをお持ちの方も見かけました。

ここで発券されたチケットをもらいました。
チケットも手元にあるし、今回は荷物はリュックひとつなので特に預けるものもなかったのですが、
航空会社のカウンターで手続きしました。今回はタイ国際航空を利用した感じですが、
スターアライアンスって事でANAのマイルを取得出来ました。
 
17時半出発の遅めなフライト。

 
タイ国際航空はタイでよく見かける紫がイメージカラーらしく、
イロイロと紫でした↓。スチュワーデスさんも民族衣装っぽいの着てる人がいてナイスでした。

 
飛行機は新しいっぽくてキレイで、シートごとについてるモニタも他の航空会社のものよりも、
少しワイドに広いのかな?という印象でした。

 
飛行機に乗ってしばらくすると、キャプテンが随時、右手に東京タワーが見えます〜とか、
大阪と神戸の夜景が見えます〜とか、随時アナウンスが入ってナイスな感じでした。
その後、晩御飯の前にスナックが配られるのですが、飲み物何する?って流暢な日本語で聞かれて、
“日本茶ありますか?”って聞いたら、”シャ?”って聞かれて、思わずウンと頷いたら
ビールが出てきましたよ、とw まぁ飲めって事ですね。全然OKすw

 
他の航空会社と比べて、お酒をたくさん飲む人が多い気がして、
しょっちゅう、おかわりどーお?ってくるし、結構この航空会社って太っ腹なのか?なんて思ったりしました。
 
晩御飯はタイチキンカレーにしました。そこまで辛すぎず、でもピリっとしてて、
これからタイ行くんだなーって気分させてくれました。

 
普段はあんまり映画とかみないのですが、飛行機乗る時は結構みます。今回は3本みました。
 
1. ひみつのアッコちゃん
以前、どこかに行った時に、綾瀬はるか主演の部長部長言ってるヤツがクソつまんねーなーって
思ってたのですが、コレ結構よかったすね。30代サラリーマンにはこういうの響きやすw
そしてやっぱり、たまにはスーツとか着ようかしらと思ったり思わなかったりね。

映画 ひみつのアッコちゃん 公式ビジュアルブック (小学館ビジュアルムック)
小学館
小学館 (2012-08-21)
売り上げランキング: 36,076

 
2. To Rome With Love
イタリアの人がどう思うんだろ?ってのはあるけど、
ふっつーにスッゲー面白かった。話がシンプルだから日本語字幕なくてもOK


 
3. 13 going on 30
13歳の女の子が成熟した女性になりたいなって熱望してたら
30歳になっちゃったわよっていうひみつのアッコちゃんにちょっと近い話
だけど、国が違うと内容もこうも違ってくるやねぇっていう。

13 Going on 30 [DVD] [Import]
13 Going on 30 [DVD] [Import]

posted with amazlet at 12.12.21
Sony Pictures (2004-12-06)
売り上げランキング: 203,121

 
そんなこんなでバンコクのスワンナプーム空港につきまして、
受け取り荷物もないので、とりあえずグルっとしてみることにしました。
いくつか両替出来るところがあって、カウンターの人に聞いてみたら空港内はどこでもレート一緒だよ、と。
2ヶ所みてみて確かに同じレートだったのでサクっと両替しました。
↓コレ見た目ちょっと分かりづらいですが、10000円で3457バーツって事。
(1バーツ2.9円くらいですが、んま日本円換算するときは3倍って考えとけばいいかな、と)

 
んで、今回はJTBのツアーなので、空港からホテルまで送ってもらえます。
空港で全員が揃うまで待ったり点呼したりとかアレですが、
ボケーっとしてればホテルまで着けちゃうのはやっぱ楽かな、と。

 
ホテルついてチェックインして部屋入ったのは、日付またいでたくらいの時間でした。
コンセント大丈夫かなー?って思ってましたが、

↓ちゃんとささりました。

↓ベッドルームも広くてキレイだし、

↓水も毎日コレが2本サービスな感じでした。

↓バスルームもナイスな感じでした。

ちなみにタイではケツを拭いた紙を流す習慣がなく、うかつに流すと詰まってしまうのですが、
ガキの頃にブラジルで詰まらせた事あんなーなんて思い出しながら、
今回は一度もそのような事態にはなりませんでした。めでたし。
 
テレビみたらほとんどタイ語でコリャつれぇなって思ってたら
NHKワールドとかCNNとか流れてて、ほえぇと思いながら寝ましたよ、と。
 
 
■ 2日目
朝起きて、16階の部屋から外みてみると↓こんな景色が広がってました。

 
友だちと夜の7時に待ち合わせて飲み行く約束をしていたので、
朝からバンコク市内観光すんべって事で、イイ感じに朝飯。
さすがツアーって感じで朝飯のビュッフェ付き。ほんとはスゲーいっぱいメニューあったけど、
あんまり食い過ぎると動くのつらいなと。。

 
昨日は夜だから分からなかったけど、明るいとこでみると立派なホテルですね、と。

 
が、10メートルくらい歩いたところでなかなかアグレッシブな電線に遭遇w

 
道渡ったりするのもルールがあって無いようなものでエラく大変なのですが、
なんとかVictoryMonumentってとこまで。

 
コインしか使えないので両替して切符買って、、

 
なんとか電車乗れましたよ、と。
(こういう見知らぬところでヒトリで電車乗れた!的なの個人的に好きです。)

 
途中、乗り換えの駅のホームで、ケータイで自分撮りに夢中な女子発見。
なんていうか、資生堂の化粧品の広告とかいろんなトコにバンバン出てるし、
コスメとか美容系はこの国これからアツいんだろうなと。とにかく若い人多いし。

 
んま、そんなこんなで無事BTSというモノレールを使って、
Saphan Taksinというボートに乗れるとこまできました。
ボートの切符売場みたいなとこで、”Adult One Please”って言ったら、
150バーツだと。タケーって思ったけど、とりあえず購入。
コレ乗った後に気付きましたが、チケット買わなくてよくて、ボートの中で
スタッフの人がお金を回収にきます。40バーツとかそんなもんぽかったです。隣の人。

 
ボート乗り込んで、

 
Tha TienってとこまでいくとWat Arunがみえてきます。

 
3バーツ払って対岸まで別のボートで行くわけですが平日なのに少年が働いてたりして、
学校どーすんのかなー?とか思ったりしながら対岸につくと、
観光地にありがちな写真とるアレがあったりします。
コレ下に小さく40って書いてあって、隣に置いてある椅子に写真撮ったら40バーツ払えって書いてあります。
テンション高い白人系の人が写真撮ったあとに、お金について言い寄られてブチ切れてるのをみて、
なんだかなぁと思うわけなんですが、その辺がいかにもタイらしいなぁと。。

 
エラく急勾配な階段を上がって見渡すとなかなか良い景色でございました。

 
でまた3バーツとられて川渡って、今度は有名なWat Phoに向かいます。
かなり混んでたし、ツアーできてる日本人観光客もたくさんみかけました。
空いてりゃイイんでしょうけど、海外きてまで人混みってなぁ、、なんて思ったり。

 
次はGrand Palaceって思ってワットポーから歩いてたら結構遠くて。
大体はツアーバスとかトゥクトゥクとかで移動するっぽいけど、
地図的には近いけど門が完全に逆側からしか入れないので遠いっていう。
胡散臭い人達に声かけられまくります。
今日は王宮はもう終わったとか、こっちが本当の入り口だとか、
中国語っぽい言葉で話しかけてきまくるやつとか。
そんなこんなでなんとか辿り着くと外国人料金400バーツってあなた、と。
んま、ケチケチしないで入りましたけれども。

 
↓中は撮影禁止で帽子かぶってたら、ボーシボーシって警備の人に言われました。

 
かなり厳重に警備の人がいるわけですが、観光客にとっては
一つの飾りみたいなモノって感じですなぁ。

 
んで、そっから博物館みてからカオサン通りに行こうと思ったら、、
 
歩いてたら、割りと身なりがしっかりしてて、ちゃんとした英語話す人に声かけられて、
あれやこれや話した後に、”ここが博物館だよ、で、この人が職員の人。それじゃまたねー”みたいな感じで。
おー、あいつイイヤツだったなぁとか思って職員らしき人と、これまたタイの話とか、
日本の話とか、いろいろ盛り上がって結構長いこと話し込んだ挙句、
んじゃ、そろそろって中に向かって歩こうとしたら、
残念ながら今日はもう終わったんだよ、と。え、マジすか?とか思いながら、
話を続けてくと、質のいいシルクのネクタイ売ってるとこがあってーとか、
スーツをオーダーしてもとても安いーとか、はじまって。
最後には黄色いナンバーのトゥクトゥクは信頼できて、それに乗っていくとイイよとか言い出して、
道に連れていかれ、ジャストなタイミングで黄色いナンバーのトゥクトゥクが来る始末。
 
Shame on youと捨て台詞を吐いてその場を立ち去ったわけなんですが、
よくよく考えたら博物館やってたんだから、見ていけば良かったなと。。残念。
 
んま、そんなこんなでカオサン通りに行くとヒッピー風の白人さんの多い事。
飲んでるのかキメてるのか分かりませんが、皆さん非常にレイドバックした感じでした。
道端で付け毛ドレッドみたいにしてる人も結構みかけました。

自分もなかなか腹が減って喉がかわいたのでひと休憩。
コーラとパッタイで120バーツとか。

 
適当にブラブラしてから、帰りもボート乗って(せっかく一日券的なの買ったので、、)BTSの駅に向かいます。

そういえばボート降りたところで都内でもよく見かけるBNE発見。ここ以外でもちょくちょくみかけました。

 
Siamっていう駅で降りてみることにしました。ガイドブックには原宿的なところって書いてあったので。
とりあえず生搾りミカンジュース的な。バンコクはコレ系の飲み物が至る所にあってナイスです。

 
日本風なお店もちょいちょいみかけました。

ラーメン屋も。

Digital Gatewayって建物の中は、スマホを豊富に取り扱ってるわ、

漫画は大量に売ってるわ、

たこ焼き食えるわ、

プリクラ撮れるわ、

もうエライこっちゃです。ビル出るとワンピースだしw

 
んま、そんなこんなでだいぶくたびれたので、VictoryMonument戻って
ジュース飲んで、

おー、日本語習えるのねぇ、なんて思ったりしながら、

SIMカード売ってる店あったので、欲しいかなと思ってちょっと話してみたら、
あんまり英語通じなくて何言ってるのかよく分からなくて断念。
っていうか、なんかちょっと海外の人向けには複雑な感じなのか、ぼったくりなのか、、、。
 
ホテル帰ってシャワってからBTS乗って友人と待ち合わせて、曰く六本木的なとこ行くぜ、と。
こっちのタクシーは乗る前に行き先告げてOKもらってから乗る的な感じになってるのですが、
さすが現地に長いこと住んでるだけあって、とても助かりました。

 
3軒くらいハシゴしてイイ気分でホテルに帰りましたとさ、と。
 
 
■ 3日目
高校の同級生の友だちがプーケットに住んでるので、
昨日飲んだ友だちと一緒に朝っぱらから国内線乗ってバンコクからプーケットに。
前の晩そこそこ飲んだけども、遅刻せずに行けてよかったです。
っていうか、土曜の朝ってことで車も混んでなくて、
ホテルからDON MUEANG空港まで20分くらいで着きました。

 
国内線って事で、いろんなチェックとかテキトーだったなぁ、、w

 
早めに着いたから朝飯でも食うべって事でみてみたら、
値段普通に街中より高くないっすか?っていう。。日本だとあんまりそういうの無いですけどね。。

 
今回はNOK AIRっていう航空会社の飛行機で。

タイ語だけでなく、英語でもアナウンスしてくれるし、ちょっとした軽食もついてました。

 
プーケットついて、友だちのリゾートとこに直接行くのもアレだからって事で、
空港でもらった地図みて、この辺じゃね?的な感じでテキトーに目的地決めて、

タクシーメーター(タイ語風に言うと、ミーター。アクセントは語尾が上がる感じ)で400バーツ。

プーケットタウンっていうダウンタウンをブラっと街中あるいて

図書館いったら、入館証なきゃダメだ的なことをタイ語で言われてわけわかんなかったりw

ここのビーチっていうか、海は別にキレイじゃないけど、ハンモックで昼寝してる人とか
気持ちよさそーだったなー。

そういえばプーケットタウンの中も漫画売ってんのみかけて、今日から俺は!!とかもありました。
特攻の拓のバンコク版とか連載はじめたらアツいんじゃないかとか思ったりして。みんなスゲーバイク乗ってるし。

全然街中でタクシー捕まらなくて、ようやく一律500バーツだっていうトゥクトゥク発見して
半島の反対側の友だちの家まで。

トゥクトゥクに↓FCプーケットってシールがあって1688ってなってたんだけど本当なんすかね。

 
んで、また友だちの家がスゲーーーナイスな感じなわけなんですが、

昼飯食いにタイスキ屋きましたよ、と。タレが美味かったなぁ。
ってか街中英語&外人バッカリで。タイ語の看板とか少なくてビックリしました。さすがプーケット。

 
昼間っから話しながらダラダラずーっと飲み続けて、
夜は友だちの家のテラスっていうかプールの隣っていうかでBBQ。夜景もパない。
近所にお住まいなアメリカの方や、日本の方や、友だちの旦那さんや、
いやー自分も日本人として、もうちょいちゃんとした話を英語で出来るようになんなきゃねぇと
改めて思いながら、美味しいワインでイイ感じにならせていただきやした。

 
んで、はじめて灯篭とか。

とてもイイ思い出になりました。

 
そっからまた繰り出しまして、ビーチクラブ(ビーチ沿いでやってるクラブ)
行って踊り狂ってみたり、

トゥクトゥクさえもパーティー仕様な繁華街に行って、これまた飲んだり踊ったり。

最後は明け方な時間帯にマクドナルド食って〆るなんていう
久しぶりにハシャいじゃいましたよ、とw

 
 
■ 4日目
ちょっと寝坊してから、美味しいフルーツをご馳走になったりした後、

クソやばいチキンライス食べにいきました。

 
そっからプーケットの友だちとバイバイして(ほんとお世話になりましたmm また絶対きやすw)
タクシーのって空港行って、ハンパなく寒い飛行機乗ってバンコク帰ってきたら、、
(ってか地元でも何でも無いのに、なんか、帰ってきたーって感じになるから不思議なもんです)
タクシー乗り場スゲー人。

タクシー乗ったら乗ったで渋滞ハンパないから高速乗らないとヤバいってタクシーの運転手さん。
目的地のセントラルワールド着いた頃には夕方になってました。
そういえば、この近くにデジタルハリウッドみかけました。

チョロっと買い物した後、晩飯。

タイ料理ウメー。グラスに氷いれたビールによくあいますw

 
キックボクシング見に行くべって事でタクシー乗ったら、
運転手さんがチケットがなんだかんだとか言ってきて、
イイからスタジアム行けって言ってるのに、あーだこーだ言ってそこ向かってないとかいうので、
お金も払わずにタクシーを降りました。こういうのは現地に友だちがいたからイイものの、
観光客だけで行ったらカモられるわなぁと。。
んでもって、1000バーツも払ってキックボクシングきたけど、、、的な。
盛り上がってるのは賭けてる人たちだけでした。。

 
そっからは最後の夜って事で、友人とガッツリ呑んだくれてから帰りましたとさ。
 
 
■ 5日目
朝4時45分にロビー集合って事で4時くらいに起きて準備してチェックアウトしましたよ、と。
どうも喉が痛いし、なんか鼻水出るなぁなんて思ってたのですが、
日本帰ってきたらガッツリ風邪ひきましたw
帰りも他のホテルに泊まってる人たちと一緒にデカいバスで空港まで。

 
んま、何時についてもゴージャスな空港でございやす。

 
お土産買って、本読んだりしながら時間潰して、
帰りの飛行機は朝御飯のオムレツ食べて寝たりしてたら、

帰りはPremiumRushっていうメッセンジャーの映画しか観れませんでした。
これも話がシンプルなので字幕とかなくてもOKな感じでした。


 
いやー、ボッタクリとかタイ語話せないと微妙とか、
イロイロあるけど、今回の旅で一気にタイのこと好きになっちゃったなー。
また近いうち攻めたいです。アユタヤとかパタヤとか。
 

D17 地球の歩き方 タイ 2012~2013
地球の歩き方編集室 編
ダイヤモンド・ビッグ社
売り上げランキング: 4,915

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント