トロントの思い出(通勤編)

昨日日本に帰ってきたということで、今日は振替休日をいただいています。
明日からこの蒸し暑さの中で、満員電車乗って出勤すんだなって考えると
ゲンナリしますが、トロントでの通勤はかなり気に入ってたので、
写真と一緒に紹介したいと思います。
 
出張の最初の頃は、みんなでマンションの下で待ち合わせしてタクシーで
行ってたのですが、自転車を手に入れてから自転車通勤してました。
#自転車は買って2週間でペダルが落ちたりしてイロイロありましたがw

 
有酸素運動重要でしょってことで、途中から徒歩通勤に切り替えました。
片道45分くらいかかってたのですが、この通勤経路だったらOKかな、と。
 
オンタリオ湖畔のQueensQuay(クイーンズキーと読む)を西側に歩いていくと、
Billy Bishopっていう空港があるのですが、その辺から緑が増えてきます。

 
ヨットハーバーを抜けて

 
海軍の施設(?)の裏手から

 
Coronation ParkのRemembrance Driveってとこ抜けていきます。
朝からキモチー感じでした。ジョギングやサイクリングしてる人もたくさん。

 
公園の中には野球場があって、毎晩遅くまでソフトボールやってるのを見かけました。

↓ちゃんとナイター設備が整っています。

 
Exibition Placeの門が見えてきます。

 
門をくぐっていきます。

 
デーンと一直線に抜けてくココを通るのもナイスでした。

 
セミナー等で使いそうな催し物会場の建物を抜けていくと、
奥にはBMOフィールドというトロントFCのホームスタジアムがあります。

 
倉庫的なところがあってスワンボート的なのが置いてあったりとか。

 
アニマルサービスってなってるのですが、奥には馬舎があったりします。

 
この日は何か昔の紳士風な人たちが↓なんかやってました。

 
ココまでは湖畔沿いのストリートカー(路線バス)で来ることができます。

 
Exibitionには鉄道の駅もあって路線図みてたら、
ナイアガラとかモントリオールとかにも行けるみたいです。

 
夜遅くてもこういうとこ通ってもあんま怖くないのがトロントのイイところ。

 
駅抜けていくと、会社のあるLiberty Village。

 
こんな裏道抜けてったり。

 
職場はレンガ作りのレトロなビル。

 
広々してて良かったなー

 
こんな感じでタワーのソバの家帰るのが既に懐かしい感じです。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする