2004年10月29日

ありえねぇ。まじでありえねぇ。
俺がやってたプロジェクト、中止になりました。ほんとにいきなり。

あんまり詳しくは書けないけど、最近実質買収みたいな企業なわけなんだけれども。
でも向こうのおっさんは全然そんなの関係なく進めるって言ってたのに。
なんだか経営者会議で決まったらしい。

今回はまさに新技術。仕様も業務的に難しい。
1ヶ月間しかいなかったけど、かなり情熱注いで頑張ってた。
先輩が年内いっぱいで会社を辞めてしまうので、
年明け以降はプロジェクトマネージャの下、その下で俺がリーダをするはずだった。
内部設計が大体固まってきて。今週はずっとレビューとその再鑑に追われてて。
んじゃ次は来週からDBアクセス部分を作りましょうってことで。
エクセルのマクロとかJUnitのセットアップでやることとか。
Hibernate使ってテストデータをインサートするとか、
モロモロの自動テストのやり方を決めて。
DBUnitは使わないけど、それと同じようなことをエクセルでドキュメントとして残せる形で
JavaDocとそれを合わせて納品できるような。
そんな自動テスト方法を確立しかかってたのに。。
担当を割り振って。他の人にも作業出ししたりとか。
俺の方はAOP(Aspect Oriented Programming)とかIoC(Inversion of Control)とか。
そこら辺どうやってやってこうかっていう。
ようやく今回の山場にさしかかるところだった。

ほんとにいい感じにチームもまとまってきてて。
新技術ってこともあるし、協力会社の人たちも気合入ってるから。
なんとなくいいものが作れそうな気はしてたんだよなぁ。。
最後の夕会もなんとも名残惜しい感じで。

会社終わってしっぽり飲みいって。
マネージャもしょんぼりしてて。

なんだかんだで、俺がメインプレーヤーとして作り上げました!
っていうシステムはまだ1個もない。
前のプロジェクトも重要なポジションにはいたけど、今回ほどじゃない。

カットオーバーは4月中くらいのプロジェクトだったから、
実はこれでモノになったら転職に向けて動き出そうかなとか思ってて。

品質管理報告とか、お金の汚いところのせめぎ合いを除いて、
客との折衝もフレームワーク作りも開発メンバのマネージメントもやるわけで。
普通の3年目じゃやらせてもらいないようなことをやらせてもらえるはずだった。

あーぁ。
次にどんな仕事やるのかわからないけど、全然気合はいんねぇや。。
まぁなんか1プログラマ、1作業者として、チョロチョロっとコーディングしてればいいかな。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする