たまには広告エンジニアっぽい事でも(ヤフーとグーグルのアレ)

2010年07月27日。
インターネット業界で働いている自分のTwitterのタイムラインは
YahooJapanがGoogleのサーチエンジンとリスティング広告の
配信システムを採用するっていうニュースで騒然となりました。
 
自分は日頃↓こんなお仕事してたりします。
・コンテンツ解析をして、そのページに合った広告出したり
・ユーザーの行動を分析して、その人に合った広告出したり
・検索窓に入れられたキーワードに連動する広告出したり
まさに、、な分野なわけです。(まぁ、他にもいろんな事やってますが…)
日々大量データに押しつぶされそうになりながら、
memcached使ったり、Solr使ったり、Hadoop使ったり、
アレやコレや頑張ってるわけです。
 
で、一連の報道とかの中でも、ビジネスの話はアレですが、
自分にとって一番分かりやすいなと思ったのが↓有名な、たつをさんのブログ。
 
[を] Yahoo! JAPAN のウェブ検索と検索連動広告配信システムが Google に変更になります
・米ヤフー(Yahoo! Inc)との日本ヤフー(Yahoo! JAPAN)は別会社である
・現在の米ヤフーのウェブ検索エンジンは YST、検索連動型広告は YSM(旧オーバーチュア)
・YSTとYSMは米ヤフーの技術。だけど近々廃止になる
・米ヤフーはYSTをBingに、YSMをMS adCenterに置き換える
・Yahoo! JAPANは米ヤフーのYSTとYSMを使っていたが廃止になるため他を探していた
・で、YST の代わりに Google 検索を、YSM の代わりに AdWords を使うことになった

 
なんとも腹落ち。くぅ。
 
でもね、同じ業界にいると、廃止になるとか言ってるYSMも、
「xxだからオーバーチュアはすげーよなぁ、
 どうやってやってんだろうね〜?」
なんて話したりしてるようなものだったりするわけです。
HadoopだってYSTで使ってるNutchのために開発されたのが最初だって
象本(Hadoop)に買いてあったし。
 
が、そういうの放り出してもー的な事が起こるんだから、
エンジニアとしてはデッカイ会社に所属してるから
安泰だーなんて思っちゃいけないんだな、とか思うわけです。
 
で、この先どうなるのよ?っていう話で。
Webの広告屋をやってると、最近よく聞くのがAdExchange。
 
AdExchangeって、オンライン広告にまつわる
いろんな関係者が集まるオンライン市場みたいなもんなんだけど、
やれリアルタイムビッダーだの、ややこしくてよく分からなかったりするアレです。
# いや、よくわかってないのは俺だけかも知れぬがw 
 
まぁ、なんつーか、この先にWeb広告業界で流行りそうな感じのヤツなんだけど、
 
 ・Googleは、DoubleClick Ad Exchange
 ・Yahooは、Right Media Exchange
 
それぞれプロダクト持ってるわけです。でもって、YahooJapanは先日、
AdExchangeは米ヤフーのRight Media Exchangeを使うぜ的な発表とかしてましたけど、
YahooJapanはGoogleさんにデータを沢山提供しちゃったりするわけですからねぇ的な。
 
どうなっていっちゃうんでしょうねぇ。
いやー、この業界、目が離せないっていうかなんていうか。
 
っていうか、業界独占だーとか言われちゃってねぇで、
自分らのとこも、この分野にグイグイ食い込んで、
パイを取りにいかなきゃいけないんすけどね。。
 
あと、ネット広告って何やら専門的でややこしいような印象
あるかもしれませんが↓こんな本一冊読んでおけば実は結構問題なかったり
するんじゃないかと思う今日この頃です。

ネット広告ハンドブック 最新知識から出稿の実務、効果測定、技術動向まで
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム
日本能率協会マネジメントセンター
売り上げランキング: 124894
おすすめ度の平均: 4.5

5 大変参考になります。
4 中身の濃い本
4 ネット広告はこれから伸びる。経営者必読の書籍だ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする