Ruby on Railsでhttpとhttpsを行ったり来たりする場合

いろんなサービスを挟み込んだりしていて、
本番環境では全てSSLなんだけれども、
開発環境はちゃんとした証明書を買うお金もないので、
一部をHTTPにしていました。

Railsのssl?を上書きして設定ファイルで制御できるようにしたり、
環境差異による無意味なスパゲッティを増やしてたら、
httpで返ってくるはずのところが、httpsで返ってきてしまって、
AUとSoftBankでハジかれてしまい、ハマりました。

redirect_to request.path_parameterって
したときに、Railsの中で、
request.protocolっちゅうのをみて、
http にするか https にするか判断しています。

ssl?を上書きしていたことが原因で、
想定外の動きをしていました。
ということで、更に設定ファイルの項目を足して、
protocolも上書きました。

シンプルでスッキリした実装にしたいのになぁ・・・・。

モバイルで実機でテストっていうのも、
なかなか難しいもんですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする