MovableTypeへの移行について

いよいよ重い腰を上げて、MovableTypeに移行しました。
コレで僕もWeb2.0的です、とか言ってみる。

今まではHTMLを普通に手書きしてFTPでアップロードしてました。
HTML編集用のWebアプリを作ろうと思ってたけど面倒だったのでやらず。
っていうか借りてるサーバーがデータベース使えないのでなんか気乗りしなかったってのもあって。

最近livedoor readerを使っていてフィードの便利さを痛感。
こりゃー俺もフィードで公開しなきゃなぁとか思って。

んで、以前mixiと連携させた時みたいにRSSフィードを自前で、、とかダルすぎるので、
もうブログサービスに乗っかっちゃえばいいや、と。

でも、一応エンジニアの端くれとして、
“自分の”Webサイトってのは持っておきたくて。
いろいろいじれるように。

んでもって、結局、すげぇ手頃にサクっとできそうだった、
ロリポップ+MovableTypeにしました。

案の定すぐ出来たものの、めんどくさかったのは、
現在のHTMLからMovableTypeへのデータ移行。

手書きでやってたし、レイアウトもちょいちょい変えたりしてたから、
HTMLが実は記述形式が一貫してないとこがあったりして。
if文で対処しないで、手でカバーできるところはカバーして。

つか、結局こういうアプリ作るのもJavaでやっちゃうっていう。。
EclipseでCtrl+Spaceでバンバン組めちゃうのってやっぱり楽で。
別にコードが冗長になっても、使い捨てプログラムだから別にいいし、って。

ま、そんなこんなで、今までより更新が楽になったので、
もうちょい面白味のあること書きたいなぁと。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする